ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. サーバスケールアップ
ここから本文です。

サーバスケールアップのパターン

お客様ニーズ
  • 需要に合わせて柔軟にサーバのリソースを変動させたい。
  • 過剰な投資は控えたい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで、仮想サーバのスペック(CPU、メモリサイズなど)を需要に合わせて変更する。(仮想サーバを起動した後でもスペック変更が可能)
  • 稼働後にリソース不足に陥った場合、従来は物理サーバを交換してOSを再インストールすることが必要だったが、NEC Cloud IaaSでは、ひとまず仮想サーバを起動し、リソース利用量を確認しながらサーバスペックを変更すればよい。

パターンの説明

サーバスケールアップ

サーバスケールアップを実現するパターン

(手順)

  • NEC Cloud IaaSのセルフサービスポータル画面でリソース利用量を把握する。
  • スペックに過不足がある場合は、一旦仮想サーバを停止する。
  • サーバのスペックを変更後、再度起動する。

メリット

  • 最小構成でシステムの設計・開発を行い、システム稼働開始後に柔軟にリソースを変動させることができる。
  • リソース不足によるシステム停止の可能性を最少化できる。
  • リソースが余っている場合に、低スペックに変更することによりコストを削減できる。

注意点

  • サーバスペックを変更するときは、仮想サーバを一旦停止する必要があるため、一時的にオフライン状態が発生する。
  • サーバスペックの上限は、NEC Cloud IaaSの提供メニューの範囲内とする。

クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る