ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. オンデマンドディスク
ここから本文です。

オンデマンドディスクのパターン

お客様ニーズ
  • ディスクの初期投資を抑えながら、利用量の変化に合わせてディスクを利用したい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで、データディスク(仮想ディスク)を利用する。

パターンの説明

オンデマンドディスク

オンデマンドディスクを実現するパターン

(前提)

  • ハイアベイラビリティ(HA)サービスを利用中であること。
  • サーバとディスクは作成済みで利用中であること。
  • Linuxの場合、ファイルシステムはext3かext4であること。

(手順)
データディスクの容量を拡張する手順
  • 利用しているOSにより手順が異なるので、個別に参照すること。
  • 利用しているOSにより手順が異なるので、個別に参照すること。

<Linuxの場合> データディスク容量拡張
  • Linuxサーバ上で、対象データディスクのアンマウント作業を行う。
  • セルフサービスポータル画面から、データディスクの拡張を行う。
    - 変更対象サーバを停止する。
    - データディスクの容量を追加する。
    - 変更対象サーバを起動する。
  • Linuxサーバ上で、対象データディスクのマウント作業を行う。
  • resize2fsコマンドでデータディスクの拡張設定を行う。
<Windowsの場合> データディスク容量拡張
  • セルフサービスポータル画面から、データディスクの拡張を行う。
    - 変更対象サーバを停止する。
    - データディスクの容量を追加する。
    - 変更対象サーバを起動する。
  • Windowsサーバ上で、サーバマネージャのディスクの管理画面を行う。
<Linuxの場合> データディスク容量縮小
  • セルフサービスポータル画面から、新しいデータディスクを追加する。
    - 変更対象サーバを停止する。
    - データディスクの容量を追加する。
    - 変更対象サーバを起動する。
  • Linuxサーバ上で、新しいデータディスクのマウント作業を行う。
    - データデバイス名を確認する。
    - データディスクの新規パーティションを作成する。
    - セルフサービスポータル画面から、サーバを再起動する。
    - Linuxサーバ上で、データディスクのパーティション上にファイルシステムを作成する。
    - ファイルシステムの新規マウントポイントを作成し、マウントする。
  • 既存データディスクにあるデータを新規データディスクにコピーする。
  • 既存データディスクと新規データディスクのアンマウントを行う。
  • セルフサービスポータル画面から、既存データディスクを削除する
    - 変更対象サーバを停止する。
    - データディスクの容量を追加する。
    - 変更対象サーバを起動する。
  • Linuxサーバ上で、新規データディスクのマウント変更作業を行う。
    - システム起動時に新規データディスクが既存マウントポイントに自動マウントされるように設定する。
    - 新規マウントポイントを削除する。
<Windowsの場合> データディスク容量縮小
  • セルフサービスポータル画面から、新しいデータディスクを追加する。
    - 変更対象サーバを停止する。
    - データディスクの容量を追加する。
    - 変更対象サーバを起動する。
  • Windowsサーバ上で、新しいデータディスクのドライブ割り当てを行う。
    - 新しいデータディスクの初期化を行う。
    - 新しいデータディスクにシンプルボリュームを作成し、ドライブ文字を割り当てを行う。
  • Windowsサーバ上で、既存データディスクにあるデータを新規データディスクにコピーする。
    ・セルフサービスポータル画面から、既存データディスクを削除する
    - 変更対象サーバを停止する。
    - データディスクの容量を追加する。
    - 変更対象サーバを起動する。
  • Windowsサーバ上で、新規データディスクのドライブ割り当ての変更を行う。
    - 新規データディスクのドライブ名を既存データディスクで指定していたドライブ名に変更する。

注意点

  • Windowsの場合は、割り当てられるドライブ名は未使用のドライブのみとなる。
  • Linuxの場合は、fstabの編集を失敗した状態でOS再起動やサーバ変更を行うとサーバが起動せずエラーとなる。
  • Linuxの場合は、データディスクの数を増減する場合、事前にfstabのマウント設定削除が必要となる。
  • Linuxの場合は、サーバを再起動した際、デバイス名が変更となる場合がある。

クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る