ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. オブジェクトストレージ
ここから本文です。

オブジェクトストレージのパターン

お客様ニーズ
  • サイズの大きいデータや利用頻度の低いデータを、必要時に取り出せる安価なストレージに保管したい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで提供するオブジェクトストレージを利用する。

パターンの説明

オブジェクトストレージ

オブジェクトストレージを利用するパターン

(手順)

  • セルフサービスポータル画面から、オブジェクトスレージ(CN)の利用申請を行う。
  • オブジェクトストレージ(CN)用の、アカウント確認用URLとログインURLをメールで受信する。
  • アカウント確認用URLから、オブジェクトスレージ(CN)にログインするためのIDを取得する。
  • オブジェクトストレージ(CN)のログインURLにログインする。
  • オブジェクトストレージ(CN)ポータル画面の[利用開始する]ボタンから、利用開始する。
  • バケット(オブジェクトを格納するための最上位フォルダに該当するもの)を作成する。
  • 作成したバケットにファイルをアップロードして保管する。
  • 必要時に、ファイルをダウンロードし、取り出す。

メリット

  • アップロード先の容量を気にせずに、サイズの大きいファイルや利用頻度の低いファイルを保管し、必要な時だけ取り出すことができる。
  • 安価にストレージを利用できる。
  • オブジェクトストレージに保管したファイルは、インターネットで手軽にアクセスでき、アクセス制限をかけることも可能である。
  • 利用した容量分のみの従量課金であり、リクエスト料金やデータ転送料金はかからない。

注意点

  • 本パターンはオブジェクトストレージ(CN)を対象としている。
  • 最大のファイルサイズは5TBである。
  • NEC Cloud IaaS の仮想サーバからオブジェクトストレージ(CN)を利用する場合は、インターネットでの接続となる。
  • オブジェクトストレージ(CN)のログイン後は、初期パスワードやメールアドレスを適切なものに変更することが望ましい。

クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る