ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. 内部ロードバランサ
ここから本文です。

内部ロードバランサのパターン

お客様ニーズ
  • システム内のWebサーバとAPサーバの負荷が異なる場合など、効率的に内部ネットワークの通信も負荷分散したい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで、ロードバランサメニューを利用する。

パターンの説明

内部ロードバランサ

内部ロードバランサを実現するパターン

(手順)

  • ファイアウォールを作成する。
    -ファイアウォール作成
    ※ロードバランサやサーバと同一のネットワーク(仮想LAN)とする。
  • ロードバランサを作成する。
    -ロードバランサ作成
    ※ロードバランサやサーバと同一のネットワーク(仮想LAN)とする。

  • サーバを作成をする。
    -サーバ作成(HA)
    ※ロードバランサやサーバと同一のネットワーク(仮想LAN)とする。
    ※サーバは2台2セット(合計4台)作成する。

  • ファイアウォールの設定を変更する。
    -ファイアウォール設定変更(内向NAT)
    -ファイアウォール設定変更(ポリシー管理_外部から内部)
    ※外部から内部への通信を許可する。
    -ファイアウォール設定変更(ポリシー管理_内部から外部)
    ※内部から外部への通信を許可する。
    -ファイアウォール設定変更(設定反映)

  • ロードバランサの設定を追加する。
    -ロードバランサの設定変更(仮想IPの追加_WEB用)
    -ロードバランサの設定変更(仮想IPの追加_AP用)
    ※WEBサーバ(2台)、APサーバ(2台)をそれぞれ作成したVIPに接続し通信出来るようにする。

メリット

  • WebサーバとAPサーバをM対Nの構成にすることで、APサーバで障害があった場合でも、ロードバランサにより正常稼働しているAPサーバに振り分けられる。
  • その結果Webサーバへのアクセスも正常に処理され、可用性が向上する。
  • APサーバだけやWebサーバだけを、柔軟にスケールアウトすることができる。

注意点

  • Webサーバで受けたリクエストをAPサーバ用のVIPにリダイレクトさせること。
    (アプリケーションまたはApache等で実現)

NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る