ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. ハウジングから移行
ここから本文です。

ハウジングから移行のパターン

お客様ニーズ
  • NECのデータセンターにあるシステムを、インターネットを介さずに高いセキュリティレベルを保ってクラウド環境へ移行したい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSのデータセンター間ネットワーク接続を利用する。

パターンの説明

ハウジングから移行

ハウジングからデータ移行を実現するパターン

(前提)

  • NECが提供しているデータセンター内のハウジングエリアに、移行元のサーバがあること。
  • NEC Cloud IaaS環境に移行先となる仮想LAN・サーバ・ファイアーウォールが存在していること。

(手順)
  • データセンター間ネットワーク接続の導入を弊社営業担当者に申し込む。
  • 導入前にヒアリング項目への回答を行う。
  • 手配方法と手順について個別調整を行う。
  • セルフサービスポータル画面から、DC間NW接続用ファイアーウォールの作成と設定を行う。
  • サーバ上から、データを移行する。

メリット

  • NECデータセンター内のハウジングエリアからNEC Cloud IaaS へのデータ移行を堅牢性を保ったまま容易に行うことができる。

注意点

  • 移行元サーバがあるデータセンターが、NEC神奈川データセンターと接続されているかどうかを事前に確認しておく必要がある。
  • ブリッジング接続(L2)サービスの場合は、IP アドレスがデータセンター間で競合した場合は通信ができなくなるため、移行時に注意すること。
  • NEC Cloud IaaS内の環境でMAC アドレスが重複するとネットワーク通信ができないので注意する。
  • 対応するプロトコルはIPv4のみとなる。

NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る