ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. 基幹システム
ここから本文です。

基幹システムのパターン

お客様ニーズ
  • 重要な基幹システムをクラウドサービス上で構築したい。
  • クラウド環境と自社に設置しているオンプレミス環境を連携したい。
  • 重要なデータは自社に置いておきたい。
解決策
  • NEC Cloud IaaS上で、基幹システムを構築する。
  • 専用線接続等でオンプレミス環境と連携する。

パターンの説明

基幹システム

基幹システムを構築するパターン

  • 専用線接続等により、オンプレミスやハウジンングとクラウドのハイブリッドな運用も実現できる。
  • 様々なシステム環境を一元的に管理できる統合運用管理機能を利用できるため、単なるクラウド化にとどまらない付加価値の高い基幹システムを実現できる。

(手順)
  • 基本ネットワークを作成する。
  • グローバルIPアドレスを確認する。
  • ファイアウォールを設定(ポリシー設定・NAT)する。
  • 仮想サーバを作成する。
  • 冗長化・負荷分散用のサーバを必要に応じて追加する。
  • ロードバランサを作成してサーバ接続用LANに接続し、負荷分散の設定を行う。

メリット

  • NEC Cloud IaaSを利用することで、従来のようなサーバの手配や、保守運用といった作業が不要となり、これらにかかる時間を大幅に削減できる。
  • セルフサービスポータル画面から簡単にサーバを追加することができ、最短5分でサーバの利用を開始できる。
  • 万が一障害が発生した場合にも、仮想サーバ・ゲストOSを別の物理サーバ上へ移動することで、仮想サーバの停止時間を最小限にし、業務継続が可能である。

注意点

  • セキュリティを確保する必要があるサーバは、ファイアウォール等で適切な制御を行う必要がある。
  • インターネット接続とファイアウォールのどちらかの最低帯域が、通信全体の帯域上限となる。

NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る