ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. 専用線持込みルータ
ここから本文です。

専用線持込みルータのパターン

お客様ニーズ
  • 標準サービスの専用線ルータでなく、キャリア指定の専用線ルータを利用したい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSでは、同じデータセンター内にハウジングサービスの環境を設置しているため、キャリア指定の専用線ルータをハウジングエリアに置き、IaaSと連携通信が可能。

パターンの説明

専用線持込みルータ

専用線持込みルータを利用するパターン

(手順)
<ハウジングサービス側>

  • ハウジングサービスの「NEC Cloud IaaS連携ラックサービス」を申し込む。
  • ハウジングサービスの「NEC Cloud IaaS NW連携サービス」を申し込む。

<NEC Cloud IaaS側>
  • WAN側・LAN側のネットワークアドレスを決定する。
  • 利用回線業者・回線種別の決定する 。
  • セルフサービスポータル画面で専用線ルータを作成する 。
  • 入館申請書・データセンター情報(住所、ラック情報、ルータの設置場所等)を受領する。
  • データセンター情報を回線業者に連絡し、現地調査の調整のため入館申請書を提出する。
  • NATやルーティングの構築指示をする。
  • 回線業者と調整し、回線工事のため入館申請書を提出する。

<連携>
  • 専用線ルータの準備完了後、接続確認を行う。

メリット

  • 希望するキャリアや回線で希望する拠点とNEC Cloud IaaSを接続することができる。

注意点

<連携>

  • 事前に仮想LANの作成が必要となる(手配時の申請情報)。
  • 1つの専用線持ち込みルータで接続できる先は1テナントのみである。
  • 1つの専用線回線を複数のテナントへ接続したい場合は、複数のルータを集約するスイッチの設置を検討する。
  • 専用線ルータ機器の監視は、NEC Cloud IaaSの統合運用管理機能を使って、利用者が設定する必要がある。

クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る