ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. バックアップ:システムディスク
ここから本文です。

バックアップ:システムディスクのパターン

お客様ニーズ
  • システムディスク(OS領域)をバックアップして、不測の事態に備えたい。
  • システムディスクのバックアップを簡単に行いたい。
  • プログラムの更新確認やテストの環境を一時的に作る際、ある特定のデータ断面(データおよびOS)を用いて環境を作りたい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで、仮想サーバのシステムディスク(OS領域)のバックアップオプションを利用する。

パターンの説明

バックアップ:システムディスク

システムディスクのパックアップを実現するパターン

(バックアップ手順)

  • セルフサービスポータル画面で「バックアップ利用」を申請する。
  • サーバを停止する。
  • バックアップデータを取得する。

(リストア手順)
  • 「スタンダード(STD)」では、バックアップ引用を行うことで、新規サーバを作成し、IPアドレス変更などで元の状態を復元する。
  • 「ハイアベイラビリティ(HA)」ではリストアを行う。

メリット

  • NEC Cloud IaaSのシステムディスクでは、セルフサービスポータル画面からオプションを選ぶことができ、簡単にバックアップが実行できる。
  • システムディスクを丸ごとバックアップし、迅速にサーバを復旧できる。万一システムディスク上のデータが破損したりロストした場合でも、バックアップを取った時点のデータをバックアップ領域から復元できる。
  • NEC Cloud IaaSでは、ストレージ装置のバックアップ機能を有効に活用しているため、バックアップやリストアが高速である。
  • 特定の状態(パッチ適用や、OSの設定変更の前後など)のシステム状態を、2世代分バックアップすることが可能。
  • 「スタンダード(STD)」の場合は、バックアップを別サーバとして作成することにより、障害や不具合があった場合に容易に環境を再現できる。
  • 「ハイアベイラビリティ(HA)」の場合は、バックアップ元に対して直接リストアできる。

注意点

  • 仮想サーバを起動したままでバックアップを行うことはできない。
  • 2世代分のバックアップを行えるが、世代管理はユーザ側で行う必要がある。
  • バックアップの際は、バックアップ先をユーザ側で選択する必要がある。
  • NEC Cloud IaaSでは、システムディスクにアプリケーション・データも入れることができるが、OS(ブート)領域とAP(データ)領域をひとつのディスクで構築するか、分けるかについてはメリット・デメリットを考慮する必要がある。

クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る