ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. バックアップ:データディスク
ここから本文です。

バックアップ:データディスクのパターン

お客様ニーズ
  • データディスクをバックアップして、不測の事態に備えたい。
  • データディスクのバックアップを簡単に行いたい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで、仮想サーバのデータディスクのバックアップオプションを利用する。

パターンの説明

バックアップ:データディスク

データディスクのバックアップを実現するパターン

(バックアップ手順)

  • セルフサービスポータル画面で「バックアップ利用」を申請する。
  • 「スタンダード(STD)の」場合、サーバにログインしてshutdownを実行してサーバを停止。
  • セルフサービスポータル画面からバックアップデータを取得する。
  • 「ハイアベイラビリティ(HA)」の場合、ゲストOS上でiStorage Control Commandのコマンドを実行する。

(リストア手順)
  • 「スタンダード(STD)」では、バックアップ引用を行うことで、新規サーバを作成し、IPアドレス変更などで元の状態を復元する。
  • 「ハイアベイラビリティ(HA)」ではリストアを行う。

メリット

  • 「スタンダード(STD)」の場合、セルフサービスポータル画面からオプションを選ぶことができ、簡単にバックアップデータを取得できる。
  • 「ハイアベイラビリティ(HA)」の場合、ゲストOS上でコマンドを実行するだけで、簡単にバックアップデータを取得できる。
  • バックアップ機能を用いると、データディスク内のデータが全部バックアップ領域に複製される。もしデータディスク上のデータが破損したりロストしたりしても、バックアップを取った時点のデータをバックアップ領域から復元できる。
  • ストレージ装置のバックアップ機能を有効に活用しているため、バックアップ・リストアが高速である。
  • 特定の状態(アプリケーションの入れ替え後や、データを更新した後)のデータを2世代分バックアップすることが可能。
  • 万一、障害や不具合があった場合でも、容易にバックアップ取得時の環境に戻すことができる。

注意点

  • 「スタンダード(STD)」は、仮想サーバを起動したままでバックアップをとることはできない。
  • 「ハイアベイラビリティ(HA)」は、仮想サーバを起動したまま、コマンドの実行でバックアップをとることができるが、データの整合性を確保しなければならない。データディスクをマウントしたままバックアップを取得するとき、ファイルシステム(EXT3やNTFS)のキャッシュをはき出したり、アプリケーションのトランザクションを終わらせたりするなど、論理的に整合性を取った状態でバックアップを作成する必要がある。
  • 2世代まで取得できるが、世代管理は利用者側で行う必要がある。
  • バックアップデータはもとのデータと同じ容量となるため、大容量の契約が必要となる。

NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る