ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. オートスケール
ここから本文です。

オートスケールのパターン

お客様ニーズ
  • データやトランザクション量の増減に、適切に対応できるシステムを構築したい。
  • 時間や工数をかけずに、サーバの一時的な高負荷対策を行いたい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSのオートスケール制御機能を利用する。

パターンの説明

オートスケール

オートスケールを実現するパターン

(前提)

  • オートスケールサーバのマスタとなるサーバが作成済みであること。
  • サーバ接続用LANとファイアウォールとロードバランサは作成済みであること。

(手順)
<スタンダード(STD)>
  • サーバ上で、オートスケールサーバのマスタとなるサーバのシステムバックアップを取得する準備をする。
  • セルフサービスポータル画面から、システムバックアップを取得する。
  • オートスケールサーバ(STD)を作成する。
  • ロードバランサの振り分け先にオートスケールサーバ(STD)のIPアドレスを設定する。
  • オートスケール制御を設定する。
    - オートスケールサーバの生存時間を指定する
  • オートスケール用の監視設定をする。
    - 監視種別に「CPU 監視」を選択する。

<ハイアベイラビリティ(HA)>
  • サーバ上で、オートスケールサーバのマスタとなるサーバのVMイメージを取得する準備をする。
  • セルフサービスポータル画面から、VMイメージを取得する。
  • オートスケールサーバ(HA)を作成する。
  • ロードバランサの振り分け先にオートスケールサーバ(HA)のIPアドレスを設定する。
  • オートスケール制御を設定する。
    - オートスケールサーバの生存時間を指定する
  • オートスケール用の監視設定をする。
    - 監視種別に「CPU 監視」を選択する。

メリット

  • 容易にスケールアウトによる負荷分散が可能である。

注意点

  • 1つのテナントに対して複数のオートスケール作成はできない。
  • 1回のスケールイン/アウトにて増減するサーバ台数は1台となる。
  • ロードバランサ、ファイアウォール、サーバは同一のネットワーク(仮想LAN)を選択する必要がある。
  • オートスケール用サーバ作成後、実行完了を押下しないこと。
  • スタンダード(STD)では、オートスケールサーバはバックアップファイルを基に作成されるため、オートスケールサーバ起動時にオートスケールサーバの設定を変更しても、次回立ち上げ時に変更箇所が元に戻るので注意する。
  • ハイアベイラビリティ(HA)では、Adminユーザのパスワードは、サーバ作成時に変更されるため、取得元と同じパスワードにしたい場合は必要なスクリプトを配置すること。
  • ハイアベイラビリティ(HA)では、Admin 以外のユーザは、イメージの状態でパスワードの有効期限が切れることがあるため、必要に応じてパスワードの期限を無期限に設定する等の対処等を行うこと。
  • ハイアベイラビリティ(HA)では、オートスケールサーバを作成する際、VMイメージ取得元のサーバよりも容量の小さいシステムディスクサイズを指定できないことに注意する。

クラウド基盤サービス:NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る