ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. 設計パターン集
  8. IP付替え
ここから本文です。

IP付替えのパターン

お客様ニーズ
  • システム障害を、早急に復旧させたい。
  • サーバのパッチ適用やアップグレードなどのメンテナンス時に、早急に切り替えを行いたい。
解決策
  • NEC Cloud IaaSで、仮想サーバ、基本ネットワークを利用する。

パターンの説明

IP付替え

IPを付け替えるパターン

(手順)

  • 仮想サーバ(A)を作成する。
  • 仮想サーバ(B)を作成する。
  • ファイアウォールを作成する。
  • ファイアウォールのポリシーを設定する。
  • 内向NAT設定にて外部IPアドレスと仮想サーバ(A)のローカルIPアドレスを設定する。
  • 設定の反映を行う。
  • 仮想サーバ(A)のローカルIPアドレスで設定していた内向NAT設定に仮想サーバ(B)のローカルIPアドレスに変更する。
  • 設定の反映を行う。

メリット

  • DNSの書き換えに依存したサーバ切替ではないため、TTL(Time To Live)を気にすることなくサーバを切り替えられる。
  • 万一、サーバ切替時に障害が発生しても、すぐに元のサーバに切り戻しができる。

注意点

  • グローバルIPだけが付替わり、ローカルIPアドレスは異なったままなので、他のサーバと連携しないWebサーバなどにのみ、適用可能である。
  • 設定変更に伴いセッション断のサービス影響がある。

その他

  • ディスク引用コピーのパターン」も利用し、IPを付け替えて、データディスクのバックアップ経由でデータを引き継ぐことができる。
  • 可用性を高めるために、ロードバランサによる稼働サーバへの振り分けを実現する方法もある。

NEC Cloud IaaS

ページの先頭へ戻る