ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. ラインナップ/料金
  8. NEC Cloud IaaS: Red Hat Cloud Access ご利用方法
ここから本文です。

NEC Cloud IaaS《 Red Hat Cloud Access ご利用方法 》

NECはRed Hat認定クラウドプロバイダーです。Red Hat Cloud Accessにより、お客様がお持ちのサブスクリプションをNEC Cloud IaaSに移行してご利用いただけます。

ご利用方法

NEC Cloud IaaS 物理サーバサービスでは、以下の方法でVMware vSphere ESXiサーバ上の仮想マシンに対して、お客様の保有するRed Hat Enterprise Linuxのサブスクリプションを移行することが可能です。

  • VMware vSphere ESXiサーバ上の仮想マシン以外には、Red Hat Cloud Accessをご利用いただくことはできません。

Step 1 お申込み

Red Hat社のサイトにてお申し込みください。お申し込み完了後にサブスクリプション移行が可能となります。

Red Hat Cloud Access(Red Hat社のサイト)
「お申し込みはこちら」ボタンをクリックしてお進みください。

  • 登録内容は、貴社名、NEC Cloud IaaSテナントID、製品名、持込みサブスクリプション数となります。

Step 2 サブスクリプションの移行

vCenter Serverのマイライブラリ機能を利用して、お客様の保有するイメージをインポート

  • vCenter ServerについてはVMware社が提供するドキュメント等をご参照ください。

Step 3 移行完了のご連絡

移行完了後、物理サーバサービスの申込書に移行サブスクリプションを記載し、申請頂く必要があります。

ご注意事項

  • NECはRed Hat認定クラウド&サービスプロバイダー契約に従い、Cloud Accessでサブスクリプションの移行が完了したお客様の「法人名」「サブスクリプションの種類」「数量」「インポート日」「メールアドレス」を毎月Red Hat社に報告します。
  • NECはお客様が保有するイメージを必ずインポートできることを保証しません。移行はお客様の責任において実施していただきます。Red Hat Enterprise LinuxとVMware製品の互換性については、Red Hat社の認定情報をご参照ください。
  • NEC Cloud IaaSに持ち込んだサブスクリプションについては引き続き、Red Hat社からサポートが提供されます。お客様が保有するサブスクリプション契約に従って、Red Hat社のサポート窓口にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る