ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. ラインナップ・体系
  5. プラットフォームサービス(PaaS/IaaS)
  6. NEC Cloud IaaS
  7. 活用パターン集
  8. 新事業活用/分析等
  9. グローバルに展開した生産ラインの見える化 (IoT)
ここから本文です。

新事業活用/分析等

グローバルに展開した生産ラインの見える化 (IoT)

背景・課題

生産ラインの効率化

複数拠点にまたがる生産ラインに対して、仕掛品の滞留削減や製造機器の稼働率アップなどの効率化を図るため、拠点ごとで管理・集計している情報を一元管理したい。

IoTシステムを構築したい

生産機器にIoTを導入し、機器の稼働情報などを収集して分析するシステムを構築したいが、自社の要員で実現するのは難しい。

効果・メリット

IoTを簡単に導入

クラウドにIoTシステム構築するための各種サービスが用意されているので、IoTを簡単に導入することが出来た。

生産ラインの見える化の実現

情報の一元管理により、どの生産ラインのどこで停止時間が長くなっているのか、どこで仕掛品が滞留しているのかが把握できるようになり、稼働効率を向上できた。

リードタイムの短縮

生産ラインの効率化により、製造リードタイムの短縮を実現した。

導入イメージ

IoTデバイスの導入

生産設備に対して、稼働情報を収集するためのIoTデバイスを導入。

クラウド上に情報を集約

生産設備に取り付けたIoTデバイスから稼働データを収集し分析するシステムをクラウド上のIoT基盤を使って構築。

IoTデバイス導入、クラウドへの情報集約のイメージ図

クラウド選定のポイント

クラウド側にIoTのための部品が用意されている

クラウド側にIoT基盤が用意されており、IoT機器を簡単に接続でき、クラウド側のシステムを簡単に構築できる。

関連リンク

ページの先頭へ戻る