ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. 特集記事
ここから本文です。

クラウド特集記事

カギは運用の効率化
情シスが“企業を変える立役者”に。デジタルビジネス時代の今がチャンス

「IoTやAIを活用した新たなシステムへの取り組みが求められる中、既存環境の運用業務は増える一方なのに人は増えない現状で、どうやって“攻め”と“守り”を両立すればいいのか……」そんな情報システム部門の課題を解決し、ITで企業の成長を加速させるための方法とは。 (IT Media エンタープライズ 2017年2月掲載)

借りるのはサーバではなく「技術力」と「知見」
~データの収集・蓄積・分析が新たな価値創出の切り札に?~

ビジネスを成功に導くうえで肝心なことは常に模倣が難しいものへと磨きを掛けること。それは「ビジネスのデジタル化」、すなわちデジタル変革においても変わらない。ICTに精通したパートナーへの期待もかつてないほど大きくなっており、借りるべきはサーバではなく、彼らの「技術力」や「知見」だ。(IT Media エグゼクティブ 2016年11月掲載)

開発から運用まで。ICTサービスのスペシャリスト

「所有」から「利用」へ。ICTシステムのあり方を革新したクラウドサービスの利用目的やニーズが、いま大きく変わりつつあります。ICTサービスのスペシャリストである畔田(あぜた)秀信が、NECの強み、「現在」や「先」を見据えたクラウド事業の戦略づくり、さらにクラウド活用を成功させるポイントなどを熱く語ります。
(2014年6月27日)

顧客目線で取り組むクラウド事業を軸に、新たな価値を生む社会ソリューションの提供を目指す

日経BP社「第6回 クラウドランキング」(日経コンピュータ2013年3月7日号掲載)において、NECグループは「ベストサービス」と「ベストブランド」に選出された。今後も、ニーズに応じクラウドで効率的に社会ソリューションを提供し、新たな価値の創出に貢献していく考えだ。(2013年5月14日)

顧客ニーズの変化や市場動向を見据え“先回りして”広範な選択肢を用意する

一口にクラウド活用といっても、企業の規模や業種、用途によって求められる要件は異なる。NECでは、顧客ニーズの変化や市場動向を見据え、常に先回りするかたちで広範な選択肢を用意している。(2012年12月27日)

優れた農家の匠の技を見える化 ~ICTとの融合で「農法」と「ライフスタイル」を変革~

ICTで日本の農業を革新する──。こうした想いからNECとネポンが共同開発したのが「農業ICTクラウドサービス」である。これは、NECの持つ各種ICT技術、そして、農用機器の提供を通じて培ったネポンの知見を融合したサービス。 (2012年8月22日)

安価なクラウド型PLMシステムの提供により中堅・中小製造業のグローバル対応をサポート

国内約700社以上の導入実績を誇るPLMシステム「Obbligato」をベースとするクラウド型の「Obbligato for SaaS」の提供を開始しました。PLMシステム導入に関する障壁を下げ、中堅・中小製造業のグローバル対応を強力にご支援します。 (2012年6月8日)

新たな認証システムの時流に向けて、 NXPとNECの強力タッグで実現するNFCクラウド認証プラットフォーム

世界25カ国以上で事業を展開する、グローバルな半導体企業として知られるNXPセミコンダクターズは、「クラウド認証プラットフォーム」の開発と実現のためにパートナーとして、NECを選びました。(2012年3月5日)

クラウド実証リポート「ザ・プロに聞く」

TCO削減やスピーディな連結経営管理を目指し、NECが自ら実践する経営システム改革と、そこで培ったノウハウ、SIやアウトソーシングでの様々な経験をもとにして展開する、クラウド指向サービスプラットフォームソリューションについて、三人のプロがご紹介します。

第4弾:新たな事業価値創造編

「イノベーションパートナーとしてクラウド活用による新たな事業価値をお客さまとともに、創造していきます。」(富山)

第3弾:次世代IT基盤テクノロジー編

「クラウドを支えるIT基盤は、リソースの効率化・運用管理の省力化など、徹底したコスト削減が必要です。これによって、柔軟で機敏性のあるサービスが実現できるのです。」 (山元)

ページの先頭へ戻る