ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. 特集記事
  5. NECの『統合クラウド環境』戦略
ここから本文です。

NECの『統合クラウド環境』戦略

多様なシステム環境を全体統合。全体最適な企業システムをクラウドで提供

クラウドコンピューティングが多くの企業で活用されるようになった。特にプライベートクラウドへの取り組みが急激に増えているという。普及期に入ったことにより、メリットを実感する一方で課題も見えてきている。その1つが、部分最適で導入されたパブリッククラウドやプライベートクラウドの集約、統合、管理、そして既存システムとの連携である。そこでNECは、『統合クラウド環境』という新たな戦略を打ち出した。

クラウドにおける期待と懸念

写真:池田 治巳NEC ITソフトウェア事業本部長 池田 治巳

いまだ多くの企業が模索段階にあるものの、クラウドコンピューティングへの流れは確実になりつつある。

NEC ITソフトウェア事業本部長の池田は、「メインフレームからオープン化、インターネット活用によるウェブ環境の導入など、これまで、企業システムは時代とともに様々な変化を遂げてきた。これらと同様に、既に多くの企業がクラウドに取り組んでおり、最近は、特にプライベートクラウドの商談が伸びてきている」と語る。

プライベートクラウドに取り組む企業が増えている背景には、パブリッククラウドに対する安定性、セキュリティなどサービスレベルへの不安がある。プライベートクラウドは企業内にクラウド環境を構築することで、これらの不安を軽減することができる。最近ではコスト・サービスレベルのさらなる最適化を図るため、プライベートクラウドとパブリッククラウドを連携させたハイブリッドクラウドも注目されている。

一方、企業では個別開発された多種多様なシステムが稼働しており、その運用管理が大きなコスト負担となっている。「プライベートクラウドへの流れは、部門最適で導入されたこれらの既存システムを全体統合、最適化する取り組みの1つでもある」と池田。

また、コスト削減を目的に、既に部門ごとにプライベート、パブリックを問わず、複数のクラウドを利用しているという、いわゆるマルチクラウド環境となっている企業もある。そうした環境の多くは、クラウド環境自体がまちまちであり、管理をどう最適化・効率化するかなどが新たな課題となっている。

「どの企業においても、複数のITベンダーの様々なソリューションが導入されている。そのようなヘテロな環境では統合的な管理でシステム全体を俯瞰し、効率的に管理できる仕組みが求められている。また一方で、新たなサービスの創造には企業がこれまで蓄積してきた様々な情報の再活用が重要であり、これを低コストで迅速に実現するためには既存システムとクラウドとの連携が重要になる」と池田が語る。

そこで、このような状況に対応するため、NECが新たに打ち出したのが、ヘテロなクラウド環境を含めた企業システム全体のITリソース最適活用と運用コスト最適化を実現する『統合クラウド環境』という戦略である。

実績というNECの強み

NECでは、いち早く基幹システムのクラウド化に着手した。

具体的には、自社での研究成果である最新の独自技術、NECが中心となり標準化活動を推進した技術、NECが提唱するミッションクリティカルシステムを多くのユーザに導入することで得た構築ノウハウを結集し、基幹システムを再構築した。クラウドサービスとしてグループ企業に展開することで、クラウドへの最適化や技術的な検証を自らのシステムで実施した。このときの経験やノウハウ、そしてこれまでのSI実績や、他社との協業経験を体系化し、同社のソフトウェア製品群に組み込んでいる。池田は「実績のあるシステム基盤を提供できることがNECの強みと言える。今回は、こうしたソリューションをクラウドに最適化した」と話している。

全体最適化するための3つのポイント

企業システムを全体最適化する統合クラウド環境を実現するにあたっては、3つの重要なポイントがある。

まず、1つめが「既存システムやパブリッククラウドとの連携を含めたクラウドサービスの統合管理」。これを実現する製品が「WebSAM Cloud Manager」である。既存システムとプライベート/パブリッククラウド間のサービス連携や多種多様なクラウド環境全体のリソースを管理し、リソース融通などの機能を提供する

2つめが「システム環境の統合運用」。これを実現する製品が「WebSAM vDC Automation」であり、プライベートクラウドを運用するデータセンターの運用管理やリソースの切り出しなど、データセンターの自動化に必要な機能を搭載。オーケストレーションやプロビジョニングの機能を連携することで、柔軟かつ高精度のキャパシティプランニングなどを実現する。

そして、3つめが「データ量の爆発的な増大への対応とリアルタイムな情報活用」。これに対応するのが「InfoFrame クラウド指向データベース(仮称)」。急激な負荷変動やデータ量の増加に柔軟に対応できるメモリ型データベースである。

さらに、池田によると「運用管理者の工数を削減するために、多くのユーザ企業に導入した経験を基に、今まで個別に提供してきた製品をクラウドのサービス管理、運用の自動化に最適な機能を組み合わせスイート製品として提供する」とのことである。なお、クラウド化に対する初期投資の負担低減、投資コスト平準化といったユーザーニーズに応えるために、月額ライセンスという新たなライセンス形態も用意している。

そしてNECは、さらにコスト削減や全体最適といったユーザ視点に立ったクラウドを追求し、今後も順次、統合クラウド環境実現に向け、クラウド環境を支える製品を提供していく予定だ。

(2011年3月31日  CIO Magazine 2011年4月号掲載)

ページの先頭へ戻る