ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. クラウド:NEC Cloud Solutions
  4. 特集記事
  5. 優れた農家の匠の技を見える化
ここから本文です。

優れた農家の匠の技を見える化

~ICTとの融合で「農法」と「ライフスタイル」を変革~

写真

ICTで日本の農業を革新する──。こうした想いからNECとネポンが共同開発したのが「農業ICTクラウドサービス」である。これは、NECの持つ各種ICT技術、そして、農用機器の提供を通じて培ったネポンの知見を融合したサービス。「監視」「制御」「コミュニケーション」という3つの機能で、農業の生産性向上や農作物の品質改善に貢献する。ここでは、両社のキーパーソンに、サービスにかける想いを聞いた。

ICTを活用し農家の「収量増加」「単価アップ」「経費削減」に貢献

─ 両社の協業の背景についてお聞かせください。

福田 晴久 氏ネポン株式会社代表取締役社長福田晴久氏

福田
ネポンは施設園芸向けの熱源機器の提供を主力事業としています。事業を通じ、長年にわたって多くの農家様を支援してきました。その経験から感じるのは、日本の農業技術レベルの高さ。安全でおいしい野菜や果物を栽培する力は世界に誇れるものです。
しかし、課題もあります。自然を相手にしなければならないため、農家様は片時も圃場を離れられず、休みも十分に取れないなど、非常に厳しい環境で働いています。その一方、得られる収入は不安定な上、苦労に見合ったものではありません。こうした状況は、担い手不足、農業従事者の高齢化といった問題にもつながっています。
そこで、「収量増加」「単価アップ」「経費削減」を実現する手段として、目を付けたのが「ICT」です。ICTを活用し、農務の効率化や農作物の品質改善を推進できると考えたのです。

奥屋
ICTの力で農業に貢献する。これがNECの想いです。そして、当社には、それを形にする技術力もあります。その1つがモノとモノをつなぎ、様々な情報を集約。それを分析することで新しい知見を得たり、機器などの自律的な制御を可能にする「M2M(Machine-to-Machine)」です。
NECはこの分野に以前から積極的に取り組んでおり、現在M2Mソリューション「CONNEXIVE(コネクシブ)」を提供。この技術とネポンのノウハウを組み合わせることで、農業分野に新しい価値を提案できると考え、パートナーシップを締結したのです。

圃場の状況を遠隔から「見える化」する仕組みをクラウド型で提供

─ 協業によって実現した「農業ICTクラウドサービス」とは、どのようなものでしょうか。

奥屋 滋 氏NEC キャリアサービス事業本部 副事業本部長 兼 新事業推進本部 奥屋 滋 氏

福田
天候変化への対応や生育環境の把握は重要な農務の1つです。一つやり方を間違えると作物を台無しにしてしまうリスクも高く、先に述べたとおり片時も圃場を離れられません。
そこで考えたのが、ICTによって遠隔から圃場を「見える化」することです。具体的には、ハウス(温室)内に温度、湿度、炭酸ガス量、日照時間などを計測できるセンサーを設置。そのデータをクラウドに集約し、スマートフォンなどからアクセスすれば、リアルタイムに圃場の状況を把握できます。

奥屋
異常があった場合は警報を出すこともできます。例えば、ハウス内の温度に上限・下限のしきい値を設定しておけば、温度がしきい値を超えた際に自動でスマートフォンを鳴動させて伝えます。

─ サービスを開発する上で工夫した点をお聞かせください。

福田
どんなに立派なサービスも、導入に手間がかかってしまうと、一気にハードルが高くなります。その点、NECはクラウドサービスの基盤から、ネットワークまでワンストップで提供してくれ、農家様が導入しやすいサービスを実現してくれました。また、自前でシステムを持つ必要がないクラウドサービスなので、小規模な農家様でも利用しやすくなっています。

奥屋
圃場の状況は農家様によって様々。露地もあればハウスもあるし、地形や広さ、栽培する作物も異なります。圃場を正確にモニタリングするには、このような様々な状況に対応しなければなりません。センサーを地中に設置するのか、地表からどの程度の高さに設置するのかなど、試行錯誤の連続でした。
そこで助けられたのがネポンの経験です。ネポンからアドバイスをいただきながら、NECの担当者も、文字通り泥にまみれ汗をかいて、圃場でのセンサー設置作業を一緒に進めていきました。NECにとっても大きな挑戦でしたね。

収集、蓄積したデータをもとに生産工程の改善や新しい農業手法に挑戦

─ 現在、「農業ICTクラウドサービス」は、どのような成果をあげていますか。

環境センサーとスマートフォン右)ハウス内に設置された環境センサー。左)センサーが取得した情報は、手元のスマートフォンから確認できる。

福田
まず挙げられるのが農務の効率化です。農家様のライフスタイルにも変化が起こり、日々の生活に精神的なゆとりが生まれたようです。千葉県の農家様からは「夜間の見回りに行く必要がなくなり、一家団欒の時間を持てるようになった」「遠方にいても圃場の様子がわかり、安心して出かけられる」などの声が寄せられています。
加えて、クラウドに蓄積したデータを積極的に活用していこうという意識も芽生え始めています。例えば、これまで勘や経験に頼っていた独自の栽培方法を客観的な数値データで確認することで、ノウハウにさらに磨きをかけることができるといいます。また、圃場の状況をモニタリングした結果、ある作物に関して、土壌水分と土壌温度が生育に大きな影響を持つことがわかってきたそうです。これまでは測定が難しかったデータが「見える化」され、新しい発見が可能になったのです。

─ すでにサービスの機能強化も視野に入れていると聞きました。具体的には、どのような拡張が予定されているのでしょうか。

奥屋
そもそも「農業ICTクラウドサービス」は「監視」「制御」「コミュニケーション」という3つの機能を実現しようと思って開発したものです。現在は、センサーによる監視が可能になった段階ですが、残る「制御」と「コミュニケーション」についても開発を進めています。
例えば「制御」に関しては、監視データをもとにハウスの窓を開閉したり、炭酸ガス濃度を調整するといった遠隔制御の実現を視野に入れています。将来的には、「この環境ならこの対策を行う」というログを、いわゆるビッグデータの手法で大量に蓄積・分析し最適解を抽出。こうした取り組みにより、優れた農家の「匠の技」をデータとして残すこともできると考えています。

福田
優れたノウハウを正確に次世代に継承していくことも可能となりますね。

奥屋
データを取得して見える化。その上で最良な手法を検討し、PDCAサイクルを回し、リスク管理を行っていく──。いわば製造業の文化、企業経営の文化が、これからの農業には浸透していくのかもしれません。
また、「コミュニケーション」分野では、日々の営農日誌などをクラウド上に蓄積。それをもとに営農指導者からアドバイスを受けるといった活用方法を考えています。

福田
「コミュニケーション」では、これまでは集出荷場に出向かなければ把握できなかった農産物の市況情報や、農薬名・散布時期・散布濃度などの防除暦、天気情報などを、クラウドを通じて提供することもできます。また、利用が拡大すれば、農作物に何か問題が発生した場合に、日本中の農家の方に対応策をアドバイスしてもらうこともできるでしょう。
加えて、地中の養分状況など測定対象データの拡大、また昨今の重油・電気等の価格が高騰する中、エネルギー使用量の見える化を進めてエネルギーコストを把握できるようにしたり、燃料残量をもとに業者への給油依頼を自動で行う仕組みなども検討しています。

─ 最後に今後の抱負をお聞かせください。

福田
農業分野とICT分野では、技術進化のスピードも慣習も大きく異なります。そうした中、農家様の要望に耳を傾け、真摯に対応してくれたNECにはとても感謝しています。また、サービスの提供に当たっては、全農様との連携も不可欠。こうしたパートナーシップを通じて、農家様の「収量増加」「単価アップ」「経費削減」につながる提案をしていく考えです。

奥屋
ありがとうございます。農家様と深いつながりを持つネポンとの協業関係があるからこそ、私たちは農業現場の生の声を聞くことができる。これはNECにとって、非常に大きなことです。農業とICTの組み合わせには、まだまだ大きな可能性があります。その可能性を追求して農家様をご支援し、ネポンが目指す「みんなが豊かな生活に」の実現に貢献していきたいですね。

写真

全農様からのコメント

全国のJAや生産者にサービス導入を提案

今回、両社との協業により、クラウドを活用した警報・モニタリングサービスの提供が可能となりました。各種栽培環境の数値を手軽にモニタリング・記録する仕組みを導入することで、生産者はハウス環境制御状況を数値で確認でき、生産工程の改善や新技術導入の効果確認など、生産性向上の可能性が広がると考えています。
JA全農では、全国のJAや組合員生産者に対して本サービスを提案し、各産地での生産性向上のサポートに努めていきます。

概要図:農業ICTクラウドサービス農業ICTクラウドサービスの概要図

圃場に設置したセンサーのデータをクラウドに集約。圃場を遠隔から「監視」できる上、蓄積したデータを農務改善に役立てることもできる。また、関係者がクラウドという共通基盤を持つことで、様々な「コミュニケーション」が可能になる。

お客様プロフィール

ネポン株式会社

設立 1948年6月9日

ロゴマーク

資本金 6億142万4千円
従業員数 261名(2012年3月31日現在)
本社住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷一丁目4番2号
主な事業
  • 農用機器(施設園芸用の温風暖房機、ヒートポンプ、温水ボイラ等)
  • 汎用機器(ビル・工場用温風暖房機、乾燥用熱風発生機等)の製造と販売
  • 衛生機器(泡洗式簡易水洗便器、業務用泡洗式トイレ等)の製造と販売
  • 建築関連工事(管工事、電気工事等)の設計と施工
URL http://www.nepon.co.jp/

(2012年8月22日)

  • お問い合わせの本文には必ず「農業ICTクラウドサービス」という言葉を入れてください。

ページの先頭へ戻る