Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

プライベートクラウド/パブリッククラウドの分類

クラウドは、その形態によって2種類に分類されます。「プライベートクラウド」は、特定の企業向けに専用の環境を用意するクラウドです。一方、「パブリッククラウド」は、さまざまなお客様で環境を共有するクラウドです。

プライベートクラウドはさらに、企業が社外の専有環境からクラウドサービスを利用するタイプと、自社内にクラウド環境を構築するタイプの2つに分類されます。

NECは、お客様のニーズに合わせて、これらさまざまなクラウドの中から、最適なクラウドの活用をご支援いたします。また、異なるタイプのクラウド間や、クラウドと既存システムとの連携を含むトータルインテグレーションもご提供します。

プライベートクラウドの特長

プライベートクラウドとは、自社もしくはグループ企業など特定の企業において、標準化されたコンピュータリソースやアプリケーションであるクラウドシステムを専有する形態のクラウドです。その実現方法には、自社または外部のデータセンター内に自社の資産としてクラウド環境を構築するパターン(所有型)と、外部に用意されたクラウド環境をサービスとして利用するパターン(利用型)があります。
予めセキュリティポリシーやサービスレベルが決められているパブリッククラウドと比べて、プライベートクラウドは、独自のセキュリティポリシーやサービスレベルを持ちたい、専有の環境を持ちたい場合などに適しています。

パブリッククラウドの特長

パブリッククラウドとは、さまざまな企業や組織、個人といった不特定多数の利用者間で共有する形態のクラウドです。特定の利用者を対象に提供される「プライベートクラウド」との対比で用いられます。
セキュリティポリシーやサービスレベルが予め決められているためプライベートクラウドと比べ自由度は低いですが、一般的に短期間で使用を開始できたり、安価に利用できることが特長です。

アプリケーションサービス(SaaS)を探す

開発から運用まで。ICTサービスのスペシャリスト

~次の一手にお悩みなら~ 発足!クラウド活用見直し研究所