Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

株式会社ユー・エス・ジェイ様

Japanese English

株式会社ユー・エス・ジェイ様

電子マネーでパーク内の決済をスマート化
来場者満足度の向上を目指す

業種運輸・サービス業業務営業・販売
製品スマートデバイス,流通端末ソリューション・サービスCRMソリューション

ワールドクラスのエンターテインメントを提供するテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」。その運営会社である株式会社ユー・エス・ジェイは、NECのソリューションを活用し、スマートフォンを使ったパーク内専用の電子マネー「ワンダー・マネー」の提供を2013年3月31日より、開始しました。この仕組みにより、パーク内での決済を効率化し、来場者の利便性や快適さを向上。パーク内での快適なショッピング環境を整えるなど、ゲストの皆様の体験価値を上げることを期待しています。

事例のポイント

課題

  • パーク内での買い物の待ち時間を削減しお客様満足度を高めることで、繰り返し来場してもらえる快適なパークづくりを目指しました。
  • サービス品質のさらなる向上のため、将来的には、お客様の購買履歴データなどを収集・活用できる仕組みを整備したいと考えていました。
  • 先進のテクノロジーでパーク内の利便性を高め、お客様がエンターテインメント体験に集中できる環境づくりを目指していました。

成果

  • 電子マネーサービスにより、買い物にかかる時間を短縮。レジの混雑を緩和し、来場者のストレスを軽減できると見ています。また回転率向上により購買機会も増大。パーク内の消費金額が増加すると予測しています。
  • 購買履歴などのデータを取得できる下地が整い、お客様の嗜好にあったクーポンや各種コンテンツの配信サービスなどを実施する予定です。
  • 今回の電子マネーサービスを足がかりに、将来的には、スマートフォン一台でパーク内のあらゆることが楽しめる環境を整備。新しい楽しみ方を来場者に提案する予定です。

導入前の背景や課題

お客様満足度をさらに向上するため、パーク内専用電子マネーの導入へ

株式会社 ユー・エス・ジェイ マーケティング本部 マーケティング部 デジタル マーケティング 主任 住岡 洋光 氏株式会社 ユー・エス・ジェイ
マーケティング本部
マーケティング部
デジタル マーケティング
主任 住岡 洋光 氏

2001年のオープン以来、多くの来場者が訪れる「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」。2012年の来場者数は前年比で約100万人増加するなど、国内屈指の巨大テーマパークとして不動の人気を誇っています。「大勢のお客様にお越しいただくため、誰もが心から楽しめる空間づくりを徹底。そのためには、パーク内の設備の利便性もできるだけ高めることが重要だと考えています」と、パークを運営する株式会社ユー・エス・ジェイの住岡 洋光氏は話します。

その具体例として同社が着目したのが、レストラン利用時や買い物時の支払い手続きをより簡単・便利にするということでした。「わずらわしい手続きを省き、パーク内でのエンターテインメント体験にお客様が集中できる環境をご用意できれば、より多くのお客様の満足度向上につながり、繰り返しご来場いただけると考えたのです」と住岡氏は言います。

そこで同社が注目したのが、スマートフォンから利用する「パーク内専用電子マネー」の導入でした。

「レストランやショップの利用は、お客様の帰り際である夕方以降に集中します。その時間帯はレジカウンターがどうしても混み合いますが、電子マネーで決済にかかる時間を短縮すれば、混雑緩和、さらにはお客様のストレス軽減が図れると考えました」と住岡氏は説明します。

加えて、電子マネーの導入は、同社自身にもメリットがあると言います。「将来的に、購買履歴などの情報を把握できる仕組みが構築できれば、個々のお客様に向けて一歩進んだ提案が行えるようになります。電子マネーサービスは、こうしたデータ活用を実現する下地になると考えました」と住岡氏は述べます。

選択のポイント

サービス構想への理解力、企画力と総合的な提案力を評価

こうして、電子マネー導入を決定した同社が選んだのが、NECの「統合型電子マネーソリューション」をベースにしたプリペイド型パーク内専用の電子マネーでした。その理由を住岡氏は次のように説明します。「当社は電子マネーを単なる決済手段ではなく、お客様に楽しんでいただく手段の1つと位置づけています。この考え方に対する理解力と、実現に向けた企画・提案力をNECが兼ね備えていた点を評価しました」。

また、こうした方針のもとでは、2012年から提供しているパークの公式スマートフォンアプリとの連携も重要な要件でした。その点、公式アプリはNECビッグローブが開発を担当。NEC自身も企画に参画していたため、スムーズに連携が取れると判断したのです。

「加えて、サービスの実現には、スマートフォンアプリの開発から、対応する電子マネー端末の用意、バックエンドのサーバシステムなど幅広い技術が必要です。NECにはこれらを網羅したフルラインアップのソリューションと提案力があった点もポイントでした」と住岡氏は話します。

導入ソリューション

電子マネーサービス実現に必要なソリューションを網羅的に導入

今回導入された電子マネーサービスは、大きく3つの要素で構成されています。電子マネーの決済データや取引情報を管理する「電子マネーサーバ」、利用者がスマートフォンアプリ上で電子マネーをチャージ・利用する「モバイルウォレット(スマートフォン公式アプリの新メニュー)」、そして販売員が決済時に利用する「電子マネー端末」です。

電子マネーを利用する際は、まず利用者がスマートフォン上で同公式アプリに組み込まれた「モバイルウォレット」を利用して電子マネーをチャージ。その後、スマートフォンの画面に表示されたバーコードを、レジ係員が「電子マネー端末」に接続したバーコードリーダーでスキャンし、商品金額を入力すれば支払い処理が完了します。今後は、決済端末に非接触ICリーダを接続することで、「FeliCa」や国際標準規格の非接触通信「NFC」への対応も計画されています。

システムの概要図システムの概要図

導入後の成果

待ち時間緩和による消費金額増大、リピート来場促進に期待

導入された電子マネーサービスは「ワンダー・マネー」と名付けられ、運用がスタートしました。住岡氏は「スマートフォンを利用したプリペイド型パーク専用電子マネーの導入は、世界中のテーマパークでも初の取り組みではないでしょうか」と語ります。

目的だったレジでの待ち時間緩和について、同社は効果を試算しています。「お客様のストレス軽減度は測るのが難しいですが、待ち時間が減少すれば、その分購買機会は増加するでしょう」と住岡氏。購買・飲食などによるパーク内での消費金額の増加を見込んでいます。さらに、パークでは年に複数回来場するお客様のために「年間スタジオ・パス」を用意していますが、快適な環境の実現は、この年間パスの利用者増および更新率向上にもつながると期待しています。

今後の展望

「スマートフォン1台でなんでもできる」パークを目指す

今後、同社はワンダー・マネーを活用した多くの施策を実施予定です。「例えば、チャージする際のプレミアムチャージボーナスや、レストランやショップで利用できる各種クーポンの配信サービスなどは、再来場を促進するきっかけにもなると考えています」(住岡氏)。

こうした施策を経て、同社が最終的に目指すのは、「スマートフォンが1台あれば、アトラクションから買い物まで、あらゆることが楽しめる」パークを作ること。具体的には、通常より待たずにアトラクションが利用できるケータイチケット「ユニバーサル・エクスプレス®・パス・モバイル」のスマートフォン対応なども、実施に向けて検討を進めているそうです。

「実は、このユニバーサル・エクスプレス®・パス・モバイルも、NECのソリューションを活用して導入したもの。ほかにも入場ゲートの顔認証システムなどの多くの実績から、NECのソリューションにはたいへん満足しています。ワンダー・マネーが真価を発揮するのはこれからですが、きっと大きなメリットをもたらしてくれるに違いありません」と住岡氏は期待を込めます。

スマートなエンターテインメント環境の実現で来場者の満足度を高め、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」ブランドの総合的な価値向上を目指す。同社の取り組みは、これからも続きます。

NEC担当者の声

電子マネーに必要なノウハウと企画力に強み

NEC 流通・サービス業ソリューション推進本部 本部長 井手 伸博NEC
流通・サービス業ソリューション推進本部
本部長 井手 伸博

日本の電子マネーの黎明期から、大手流通業などにソリューションを提供してきた実績とノウハウが、NECの最大の強みです。電子マネーサービスに必要なセンター側の基幹システムから、リーダーライターなどの決済端末、モバイルウォレットやカードなどの電子マネー媒体までフルラインアップでご用意しています。

今回は、企画段階から、サービスやコンテンツの企画担当者も参加し、お客様が目指す「ゲストの体験価値向上」実現に向けて、お互いにアイデアを出し合いながら必要なサービスの枠組みを練り上げていきました。さらにサービスインぎりぎりまで改良を重ねるなど柔軟な対応を行うことで、お客様のご要望に沿ったサービスが実現できたと考えています。

また、パーク専用に自社で構築した電子マネーサービスは、既存の電子マネーのような制約がなく、購買履歴の分析情報をマーケティング戦略に活かすなど、将来的には一歩進んだサービスの実現も可能。こうした、今後のロードマップを明示した点もお客様にご評価いただけたのだと思います。

NECの電子マネーソリューションをフルラインアップで導入いただいた本事例は、当社にとっても良い「ショーケース」となります。今後は、国内は元より海外に向けて、テーマパークやスタジアム、ショッピングモールなどより多くのお客様に高品質なソリューションをご提供していきたいと考えています。

お客様プロフィール

株式会社ユー・エス・ジェイ

所在地 大阪府大阪市此花区桜島2丁目1番33号
設立 1994年12月
資本金 371億円
従業員数 810名
事業内容 2001年に開業したテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の運営を行う。「安全と衛生」「クオリティの追求」「情報の提供」「エンターテイメント」の4つの行動規範をもとに、来場者が心から楽しめるパークの実現を追求。期待を上回る「感動とサービス」を提供し続けることで、エンターテインメント&レジャー業界におけるアジアのリーディングカンパニーを目指している。
URL http://www.usj.co.jp/

NECは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®のオフィシャル・マーケティング・パートナーです。
© & ® Universal Studios Japan. All rights reserved.
CR13-0863

(2013年3月29日)

共有する: