Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

学校法人 東海大学様

学校法人 東海大学様

クラウドとハウジングの柔軟な選択と連携を実現
ハイブリッドな環境で多様なシステム要件に対応

学校法人 東海大学様
業種文教・科学業務共通業務
製品運用管理ソリューション・サービスプラットフォームサービス

BCP対応や運用負荷軽減の観点から、大学内(オンプレミス)でシステムを持つだけでなく外部のクラウドサービスやデータセンターを活用し、システムを集約していくことを決めた東海大学様。しかし、学内には多種多様なシステムが存在するため、全て同じ環境に集めるのは困難でした。そこで、採用したのがNECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」です。NEC Cloud IaaSのサービス提供基盤である「NEC神奈川データセンター」は、同じデータセンター内でIaaS環境とハウジング環境が共存しており、両環境をLAN接続することも可能。システム要件に応じて、柔軟に環境を選択したり、ハイブリッドな環境を構築したりでき、今後のシステム展開の可能性が大きく広がりました。

事例のポイント

課題

  • 東日本大震災以来、BCP対応の強化は重要なテーマ。キャンパス内よりも、より安心できる環境でシステムを運用したいと考えていました。
  • 全国のキャンパスに分散しているシステムのため、各キャンパスに運用担当者を配置しなければならず、人的コストが増大。できるだけシステムを集約して運用管理負荷を軽減し、学生サービスの向上にリソースを割くべきと感じていました。
  • キャンパス内のシステムは、仮想化環境への移行が困難なものもあるなど、全てを同じ環境に集約するのは困難。集約率を高めつつも、要件の異なるシステムに対応できる提案を求めていました。

成果

  • NEC Cloud IaaSの提供基盤となっているNEC神奈川データセンターは、高い堅牢性や安全性を備えており、より安心な環境でシステムを運用できます。
  • NEC神奈川データセンターは、NEC Cloud IaaSとハウジング環境の連携を前提に設計されており、ハイブリッドなシステム環境を容易に構築可能。異なる要件のシステムも、一カ所に集約できます。
  • NEC Cloud IaaSを中心に、多様な基盤選択が可能になるNECの提案のおかげで、今後のインフラ選定の幅が大きく広がりました。
  • NEC神奈川データセンターは、国立情報学研究所の学術情報ネットワークサービス「SINET4」に接続しています。ネットワークを自分たちで手配するためのコストや時間をかけることなく、すぐに利用を開始できます。

導入前の背景や課題

BCP、運用負荷軽減の観点からクラウドの積極活用に着手

東海大学 総合情報センター 情報システム課 課長 會澤 信 氏東海大学
総合情報センター 情報システム課
課長 會澤 信 氏

「文理融合」を教育理念に据える東海大学様。18学部77学科・専攻・課程を擁する総合大学として、地域やグローバルな社会で活躍できる人材の育成、国際レベルの研究拠点の構築、地域と連携した研究活動などを積極的に推進しています。
北海道から九州まで、日本中に展開する同大学のキャンパスには、教育・研究系、事務系の様々なITシステムが設置され、教育・研究や学校事務をサポートしています。IT環境を整備する上では、教育・研究機関として、最新の技術を用い多様なニーズに応えられる環境を目指し、例えば仮想化技術やVDI(Virtual Desktop Infrastructure)など、常に先進的なIT活用を進めてきました。
その一環として、同大学が新たに取り組みを開始したのが、外部のクラウドサービスやデータセンターの活用です。
「クラウドという新しい技術を取り入れることはもちろん、東日本大震災以来、重要なテーマとなっているBCP対応の強化も目的の一つです。キャンパス内にシステムを持つだけではなく、SaaSを活用したり、より堅牢な環境にシステムを置いたりすることで、信頼性、可用性、安全性を強化できると考えたのです」と同大学の會澤 信氏は話します。
加えて、日本中のキャンパスに分散しているシステムの運用管理にはコストがかかっており、クラウドやデータセンターを活用して、できるだけシステムを集約。運用管理を効率化することも狙いでした。「多くの担当者を運用管理から解放することで、学生サービスの向上という本来のミッションに専念してもらいたかったのです」と會澤氏は言います。
また、各研究室などが独自に利用しているサーバも集約対象に含めることで、セキュリティレベルの均質化など、ガバナンスの強化につながるという期待もありました。

選択のポイント

要件の異なるシステムを一カ所に集約できる点を評価

東海大学 総合情報センター 情報システム課 東 永祥 氏東海大学
総合情報センター 情報システム課
東 永祥 氏

そこで、東海大学様が採用したのが、NECのクラウドサービス「NEC Cloud IaaS」です。
「NEC Cloud IaaS」の提供基盤となっている「NEC神奈川データセンター」の堅牢性、運用品質、先端技術を採用したセキュリティ対策などがBCP対応に有効と判断したことに加え、特に評価したのが、同一データセンター内で、IaaSとハウジングを柔軟に使い分けたり、組み合わせて利用したりできる点です。
というのも、同大学では、できるだけシステムを集約したいとは考えていますが、多種多様なシステムを、全て同じ環境に集めるのは現実的ではありません。中には、仮想化環境には適合しないシステムや、外部には持ち出すのが困難なシステムもあります。これらをいかに統合していくかが、運用効率やガバナンスを強化していく上で重要なポイントだったのです。
「その点、NEC Cloud IaaSは、同じデータセンター内にIaaS環境とハウジング環境が共存している上、両環境をLAN接続することも可能。今後のシステム展開の可能性が大きく広がると判断したのです」と同大学の東 永祥氏は話します。
また、NEC神奈川データセンターの立地も採用を後押ししました。
「平常時はデータセンターに足を運ぶ必要がありませんが、万一の際には、やはりすぐに駆けつける必要があります。首都圏にあるデータセンターのアクセス性の高さは、安心感につながります。また、我々の中核キャンパスである湘南キャンパスとの間でネットワークを敷設する上でもメリットが大きいと考えました」(東氏)
さらに、NEC神奈川データセンターが、国立情報学研究所の学術情報ネットワークサービス「SINET4」に接続している点も採用の決め手となりました。「私たち自身でSINET4への接続を行わなければならないとなると、当然、ネットワークを敷設するためのコストや時間がかかります。最初からSINET4への接続環境が整備されており、それらが不要になる点は非常に魅力的でした」と東氏は言います。

導入ソリューション

柔軟な選択を支えるハイブリッドデータセンター

東海大学様が採用したNEC Cloud IaaSのサービス提供基盤であるNEC神奈川データセンターは、NEC Cloud IaaSとハウジング環境の連携を前提に設計されており、仮想化環境と物理環境の組み合わせなど、ハイブリッドなシステム環境を容易に構築・運用できます。
これにより、クラウドサービスを活用しつつ、仮想化環境への移行が困難なシステムも同時に集約するなどして、効率的な運用を実現。また、NEC Cloud IaaS上でシステムを開発し、検証を行った後にスムーズにハウジング環境で本番稼働させたり、Webサーバはクラウド化しつつもDBサーバはハウジングで運用するなど、柔軟なシステム構成が可能になります。

導入後の成果

Office 365と組み合わせ、メール、グループウェアをクラウド化

東海大学 総合情報センター 情報システム課 柴田 由佳 氏東海大学
総合情報センター 情報システム課
柴田 由佳 氏

まず同大学が取り組んだのが、メールシステムと教職員グループウェアのクラウド化。そして、各部署・研究室で管理運用している各種サーバ、学生サークルなどのWebサーバのハウジング環境への設置です。
中でも、メールおよび教職員グループウェアについては、マイクロソフトのOffice 365とNEC Cloud IaaSを組み合わせ、オリジナルの仕組みを構築。具体的には、Office 365にアクセスする際の認証基盤とメーリングリストの機能をNEC Cloud IaaS上に構築し、2つのサービスを連携させています。
「安全な運用が求められる認証情報は、できるだけ“手の届くところ”で管理したいと考えたからです。また、メーリングリストについては、我々の求める機能がOffice 365になかったことから、独自に開発することにしました」(東氏)。

東海大学 総合情報センター 情報システム課 矢島 杏梨 氏東海大学
総合情報センター 情報システム課
矢島 杏梨 氏

現在、メールについては、在学中の学生約3万名、教職員約7千名、卒業生約1万名、合計約4万7千名分のアカウントを運用しており、今後も年々増加していく予定です。「この大規模なシステムの基盤を自分たちで保有せず、運用管理負荷を最小限に抑えながら、安定稼働させられるようになった上、利用者の増加に合わせて柔軟にリソースを拡張していけることは大きなメリットです」と同大学の柴田 由佳氏は言います。
柴田氏と共に運用をサポートしている矢島 杏梨氏は「システム管理上の問題や疑問が発生した際には、すぐにNECに問い合わせているのですが、常に迅速かつ的確な対応をしてもらえ、とても安心感があります」と運用をサポートするNECの対応力を評価します。

今後の展望

本格的なクラウド活用に向け、NECの持つノウハウに大きな期待

今回実行したメールや教職員グループウェア、Webサーバの移行は、同大学が目指すクラウドおよびデータセンターの活用に向けた第一歩にすぎません。成果を本格的に享受していくのはこれからです。「移行が加速すれば、信頼性、可用性、安全性をより強化していける上、運用管理負荷や消費電力などの削減にもつながるでしょう」と東氏は言います。
NEC Cloud IaaSとNEC神奈川データセンターによって、様々なシステムの集約に最適な「ハイブリッド」なシステム基盤を手に入れた東海大学様。学内の様々なシステムが更改時期を迎える段階で、その都度、最適な運用形態を検討し、積極的に移行を進めていく考えです。
移行と集約が進めば、運用管理負荷をさらに低減できる上、多様なシステムに対するガバナンスを強化でき、運用品質やセキュリティレベルの均質化も図れます。また、同一環境にサーバが集約されるため、システム間をつなぐネットワークの設計、構築も容易になります。
「大学が最適な情報基盤を獲得するためには、学内の環境、移行先、移行方法、他のシステムとの連携など、様々な検討を行わなければなりません。大学をはじめ教育機関のニーズに精通している強みを活かし、NECには、強力なサポートを期待しています」と會澤氏は最後に強調しました。

お客様プロフィール

学校法人 東海大学

所在地 〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
創立 1942年
学生数 院生1,022名、学生29,025名(2014年5月1日現在)
概要 静岡県清水で開校した航空科学専門学校を前身とする私立総合大学。18学部77学科・専攻・課程を、札幌、代々木、高輪、湘南、伊勢原、清水、熊本、阿蘇の計8キャンパスに展開しており、日本屈指の規模を誇る。
URL http://www.u-tokai.ac.jp/

(2015年05月11日)

共有する: