ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 株式会社テンダ様
ここから本文です。

株式会社テンダ様

株式会社テンダ様

「便利」「安心」と顧客からも高い評価
高信頼・高性能なクラウド基盤でサービス事業を拡大

業種 その他業種
業務 共通業務,その他業務
製品
ソリューション・サービス クラウド,サービス(アウトソーシング)

事例の概要

課題背景

  • ユーザのライセンス管理をより効率的に行える仕組みを求めていた
  • 新サービスを提供するに当たり、最も性能と信頼性の高いクラウド基盤を選びたかった
  • クラウド基盤を提供する事業者から、新サービスのシステム構成に関するアドバイスなどのサポートを得たかった

成果

ユーザの利便性が向上

ライセンス管理の仕組みを「NEC Cloud IaaS」上に構築。ライセンスをいつでも、どこからでも管理でき、ユーザが手間なくサービスを利用できる環境が整った

高信頼・高性能なサービスを実現

設備や立地などの面で高い安全性を持つNEC神奈川データセンターから提供され、性能面でも他のクラウドに比べ高い性能を示した「NEC Cloud IaaS」を採用。顧客にもアピールできる高信頼・高性能なサービスを実現できた

将来を見据えた拡張性の高い基盤を構築

NECのアドバイスを受けながらサービスに最適な基盤を構築。「NEC Cloud IaaS」のスタンダード(STD)とハイアベイラビリティ(HA)という2つのサービスを適材適所で使い分け、将来、柔軟に拡張しやすいサービス基盤を実現できた

導入ソリューション

拡大する図:テンダ様が提供する2つのサービスの概要

「TEんDo(テンドウ)」:マニュアル自動作成機能を提供するサービス。「NEC Cloud IaaS」を活用し、ライセンス管理機能含めサービスを提供

「GAKTEん(ガクテン)」:eラーニングサービス。TEんDoで作成/編集したコンテンツを配信可能。「NEC Cloud IaaS」を活用しサービス提供

お問い合わせ

本事例に関するお問い合わせはこちらから

関連資料ダウンロード

関連資料をダウンロードいただけます

事例の詳細

導入前の背景や課題

ライセンス管理の仕組みを改善し、ユーザの利便性を向上したい

株式会社テンダ
ビジネスプロダクト事業部
副事業部長
川橋 浩二氏

スマートデバイスを意識したWebデザインやスマホアプリの開発を行う「スマートモバイルソリューション」、自社開発のソフトウェアを提供する「パッケージソリューション」などの事業を展開するテンダ様。中でも、企業内の業務マニュアルやeラーニングコンテンツを自動作成できるパッケージソリューション「Dojo(ドージョー)」は、多くの企業や公共機関で利用されています。「利用者がアプリケーションの操作を行うと、画面をキャプチャしながら自動的にテンプレートに配置する機能が評価され、国内の2200社にのぼる企業に採用されています」と同社の川橋 浩二氏は話します。

株式会社テンダ
ビジネスプロダクト事業部
プロダクト営業部
セールスエキスパート
磯辺 光彦氏

Dojoは、同時利用ユーザ数に基づくライセンス形態を採用しています。例えば、10ライセンスを購入した企業では、誰でもソフトをPCにインストールすることはできますが、同時に利用できるのは10人までとなります。

しかし、このライセンス管理に課題が浮上していました。「ライセンスと同じ数だけUSBメモリ状の認証キーを用意したり、イントラネット内の認証サーバでライセンスを管理する仕組みを用意していましたが、キーの貸出管理が煩雑になったり、イントラネット外では利用できないという問題があったのです」と同社の磯辺 光彦氏は話します。

選択のポイント

クラウド基盤の性能と信頼性、将来を見据えた真摯な提案を評価

株式会社テンダ
ビジネスプロダクト事業部
プロダクト開発グループ(PDG)
遠田 望氏

ライセンス管理を効率化するために同社が考えたのがクラウド基盤の活用です。管理機能をクラウド上から提供することで、いつでも、どこからでもユーザが手間なく利用できる環境を実現しようと考えたのです。

そのための基盤として、同社が選択したのが「NEC Cloud IaaS」です。

まず評価したのがパフォーマンスです。「数社のクラウドで検証を行いましたが、NEC Cloud IaaSは、コスト当たりのネットワークパフォーマンスが最も優れていました。追加コストを払えば性能を上げられるクラウドもあったのですが、NEC Cloud IaaSは標準仕様のままで十分高い性能が期待できたのです」と同社の遠田 望氏は語ります。

また、提供拠点であるNEC神奈川データセンターの安全性も高く評価しました。
NEC神奈川データセンターは、冗長化された電気設備や自家発電装置、NEC独自の認証技術によるセキュリティ対策などによって、安全性を徹底的に高めています。「充実した設備はもちろん、安全な場所にありながら、都心からのアクセスも良い。まさに理想的でした」と磯辺氏は言います。

加えて、選択の決め手になったのが、NECの手厚い対応でした。単にクラウド基盤を提供するのではなく、同社が目指すサービスの内容や、将来的なビジネス展開などまでを理解し、新たなサービスを開発するパートナーとして提案に臨んだのです。

「例えば、将来的な拡張性を考慮したシステム構成を提案してくれるなど、パートナーとして大きな信頼を感じました」と同社の遠田 望氏は振り返ります。

導入後の成果

NECのクラウド基盤を利用したことが、ユーザ企業の安心感につながる

Dojoに新たなライセンス管理の仕組みを加えたサービスは「TEんDo(テンドウ)」という名称ですでに提供を開始しており、ユーザからは煩雑なライセンス管理を気にすることなく、効率的にマニュアル作成機能を利用できると好評です。さらに同社は、TEんDoだけでなく、eラーニングの受講管理、成績・進捗管理などを行えるSaaS「GAKTEん(ガクテン)」もNEC Cloud IaaSを活用して提供しています。

「実はGAKTEんについては、もともと同様のサービスを自社のオンプレミス環境に置いたサーバから提供していました。しかし、サーバ運用の負荷が年々高まっていたのです。そこで、このサービスも同時にNEC Cloud IaaSに移行。機能の拡張も施し、新しいLMS(Learning Management System)として生まれ変わらせたのです」(川橋氏)

さらにテンダ様は、サービスの開発・テスト環境もNEC Cloud IaaS上に展開。NEC Cloud IaaS上で開発を行い、本番に近い環境で検証を行ったのち、即座にソフトウェアをデプロイできる体制を整えました。

これらの環境を構築する上で、同社は2種類のNEC Cloud IaaSを使い分けています。具体的には、APサーバにはコストパフォーマンスの高いスタンダード(STD)、DBサーバにはより高い信頼性を誇るハイアベイラビリティ(HA)を活用し、コストを最適化しつつ、今後、ユーザ数が増えた場合などにも柔軟に拡張していける構成を実現しました。

この2つを適材適所に使い分けつつも、NEC Cloud IaaSの管理ポータルを使えば一元管理ができるようになっています。「管理ポータルは非常に使い勝手が良く、リソース増減や日々の運用管理をスムーズに行えます」と遠田氏は語ります。

このように、同社はサービス提供の基盤としてNEC Cloud IaaSを活用することにより、様々なメリットを得ていますが、NEC Cloud IaaSを採用したこと自体が同社のサービスの信頼性にもつながっていると言います。「多くのお客様から安心感があるという評価をいただいています」(磯辺氏)。

現在、同社のパッケージやサービスは、国内での提供が主流ですが、今後は海外での販売促進にも力を入れていきたいと考えています。そのための最適なクラウド基盤の提供などを通じて、NECは同社のビジネスをパートナーとして支えていきます。

拡大するTEんDoの仕組み

拡大するTEんDoとGAKTEんの連携イメージ

お客様プロフィール

株式会社テンダ

所在地 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル15F
設立 1995年6月1日
資本金 2000万円
従業員数 164名(2015年6月1日現在)
概要 BtoB向けパッケージ製品の企画開発にはじまり、独自のモバイルソリューションやiPhone、Androidアプリの開発にも注力するなど多彩な事業を展開。「tenderness」の精神で、その提供する製品・サービスを軸に、常に変化し続ける顧客のビジネスニーズに応え続けている。
URL http://www.tenda.co.jp/

集合写真

この事例の製品・ソリューション

お問い合わせ

本事例に関するお問い合わせはこちらから

関連資料ダウンロード

関連資料をダウンロードいただけます

(2016年3月23日)

関連事例

Now Loading

導入事例

ページの先頭へ戻る