ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 香川県 高松市様
ここから本文です。

香川県 高松市様

先進的な観光情報発信用デジタルサイネージを設置し、
観光客の満足度向上と回遊・滞在型観光の推進を実現

業種 自治体・公共
業務 共通業務
製品
ソリューション・サービス 共通業務ソリューション(その他)

事例の概要

課題背景

  • 観光情報を効果的に発信し、観光客の満足度向上、観光振興を図りたい
  • 誰でも直感的に操作して容易に情報検索できるようにしたい
  • 交通系ICカードやスマートフォンとの連携など、先進的な機能を採り入れたい

成果

高松市観光Webサイトと連携し、有益な情報を提供。観光客の満足度向上、観光振興の推進を実現

誰もが容易に使えるユニバーサルデザインの採用、6言語対応など、利便性が大幅に向上

ICカード「高松観光IruCa」との連携による多言語切り替え、QRコードを活用したスマートフォンへの情報表示など、先進的な機能を提供

導入ソリューション

拡大する高松市観光Webと連携したデジタルサイネージ

本事例に関するお問い合わせはこちらから

事例の詳細

導入前の背景や課題

観光客の利便性・満足度向上のため観光情報発信用デジタルサイネージ設置を計画

高松市様は2013年「高松市観光振興計画」を策定し、(1)県のイメージPRや瀬戸内国際芸術祭と連携したブランドづくりとターゲット設定による誘客を推進する、(2)観光関係者が相互連携し、利用者視点・外国人視点で便利な媒体を活用して高松の魅力を発信する、(3)歴史文化資源を各地域で市民が再発見し、磨きをかけることで来訪者に満足感を与えられる受け入れ環境を形成する、という3つの方向性を打ち出しました。そして『高松ならではの魅力・交流・感動を創造することにより、「訪れたい、訪れてよかったまち」を目指します』という目標を掲げ、諸施策を展開しています。

特に(2)の魅力発信では、国内外からの観光客にストレスなくまちを楽しんでいただくため、ICT環境の整備を推進。その一環として高松市様は、観光情報発信用デジタルサイネージの設置を計画しました。2016年4月29日には、G7香川・高松情報通信大臣会合の開催が予定されており、このタイミングに間に合わせて3月末までに完成させたいという希望もありました。

そこで2015年11月、高松市様は、ハードウェアや表示コンテンツ、システム運用に関する様々な要件を仕様書にまとめ、公示しました。

選択のポイント

誰もが直感的に操作できるユニバーサルデザインを採用。
加えて、先進機能を盛り込んだ提案が決め手に

デジタルサイネージ

NECは、高松市様の求める基本的な要件を満たし、なおかつ先進的な機能を採り入れた提案を行いました。

ポイントとなったのは、誰でも快適に利用できるユニバーサルデザインの採用、観光Webサイト「高松旅ネット」との連携、6言語対応の情報表示など、利便性を考慮した利用者向けの提案でした。

また管理運営面では、電波状況に応じて2つのモバイル回線を自動的に切り替えるデュアルモバイル回線サービスや、クラウドサービスを利用したコンテンツ配信など、運用のしやすさをポイントに提案を行い、いずれも高く評価されました。

先進的な機能としては、ICカードに6言語の属性を持たせ、ICカードリーダにタッチすると指定された言語が表示される仕組みを提案。さらにQRコードを活用し、スマートフォンに目的地の地図を表示する機能も提供しました。これらの機能は、HTML5コンテンツを受信し表示するソフトの搭載などと合わせ、次世代デジタルサイネージシステムを先取りしたものです。

提案を受けた高松市様は採用を決断。NECは多様な実績を生かし、システム構築を進め、予定通り3月末完成の運びとなりました。

導入後の成果

観光客の利便性・満足度の向上へ。
先進機能が観光振興に寄与

高松市様は、観光客をはじめ大勢の人が集まる、玉藻地区フェリー乗り場、高松シンボルタワー、JR高松駅、ことでん瓦町駅、高松空港の5か所にデジタルサイネージを設置。2016年4月1日より本格運用を開始しました。

タッチパネルに触れれば誰でも容易に“いま、ここで、知りたい有益な情報”を検索できます。これにより観光客の満足度は大きく向上し、まちなか回遊や滞在型観光の促進にも直結します。

また6言語(日本語、英語、中国語(簡体、繁体)、韓国語、仏語)対応により、ここ数年急増している外国人観光客もストレスなく観光を楽しむことができます。さらにICカードの利用で、利便性が増し、一層のサービス向上につながります。

デジタルサイネージから離れた場所でも、スマートフォン連携により、情報や地図を検索、表示でき、観光客は移動中でも便利に情報を活用できます。

一方、システム管理者も、「高松旅ネット」のコンテンツ自動変換による最小の負荷、デュアルモバイル回線利用の安心感、クラウドサイネージサービスならではの容易な増設など、システム運用上のメリットを享受しています。

NECは「社会ソリューション事業」に注力しており、世界20か国以上、2,600団体以上にデジタルサイネージシステムの導入実績を有しています。今後、さらなる利便性向上を実現したデジタルサイネージを提供することで、自治体や企業の効果的な情報発信を支援していきます。

お客様プロフィール

香川県 高松市

所在地 〒760-8571
香川県高松市番町一丁目8番15号

香川県 高松市様

人口 420,679人(2016年6月1日現在)
概要 高松市は、多島美を誇る瀬戸内海や讃岐山脈の山々の自然に恵まれ、県都として、また四国の中心都市として発展を続けてきた。
先人たちによって創り上げられてきた歴史や地域に根ざした文化と、自然と調和して生活する知恵が財産として代々受け継がれ、現在では、さらに豊かな人間性と創造性をはぐくむ文化を発展させ、生きる喜びと潤いの感じられるまちとして、将来に引き継ぐことに注力している。
URL http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/

この事例の製品・ソリューション

本事例に関するお問い合わせはこちらから

(2017年7月7日)

関連事例

Now Loading

導入事例

ページの先頭へ戻る