Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

広州三池汽車配件有限公司様

広州三池汽車配件有限公司様

部材・仕掛品の所在と個数をリアルタイムに把握
柔軟な拡張性を生かし、他工場にも容易に展開

広州三池汽車配件有限公司様
業種製造業業務生産管理
製品開発環境ソリューション・サービスその他ソリューション

自動車部品メーカー三池工業株式会社の中国における生産拠点である広州三池汽車配件有限公司様(以下、広州三池様)。同社は部材・仕掛品のリアルタイム管理を目指しNECの業務システム基盤「GdFrame」をベースとした「アジャイル生産現場ソリューション」を導入しました。具体的には、各工程の開始時、終了時にロットごとに添付されたバーコードラベルをハンディターミナルで読み取り、どの工程に、どれだけの部材や仕掛品があるかを把握しています。これにより、四半期ごとに行っていた部材・仕掛品の棚卸作業の工数が激減。約半分の時間で終えられるようになったほか、日々の進捗管理、的確な生産指示も実現しています。

事例のポイント

課題

  • 四半期に1度、「どの工程」に「どの部材や仕掛品」が「どれくらいあるのか」を把握するための棚卸作業を実施。しかし、作業が終わるのは午前1時すぎ。16時間もの時間がかかっていました。
  • 日々の生産業務では、手書きの用紙で作業の進捗を管理。記載ミスや集計ミスが発生した場合は、仕掛品の在庫数にズレが発生し、リアルタイムで在庫数、進捗を把握することが困難でした。
  • 新工場の設立、ラインの変更・追加が発生した場合に柔軟にシステムを展開、改修できるシステムを求めていました。

成果

  • ロットのバーコードラベルをハンディターミナルで読み取り、部材・仕掛品の所在、数量を把握するシステムを構築しました。以前は16時間かかっていた棚卸作業が半分の8時間で完了。定時間内で終わるようになりました。
  • 日々の業務でも、工程ごとの作業開始時、終了時にバーコードを読み取り。作業の進捗をリアルタイムに把握し、正確な進捗状況の把握、的確な生産指示が可能になりました。
  • 今回、構築したシステムは、容易に他工場にも展開可能です。また、GUIによる開発環境は技術習得が容易。改修作業などを内製化でき、コストを削減できます。

導入前の背景や課題

人海戦術で部材・仕掛品を棚卸。16時間におよぶことも

広州三池汽車配件有限公司 董事長総経理 麥澤 隆藏 氏広州三池汽車配件有限公司
董事長総経理
麥澤 隆藏 氏

中国の広州市に本拠を構え、自動車車体や自動車部品の製造・販売を手がける広州三池様。最近も欧州の主要メーカーと新たな取引を開始するなど、グローバル市場での存在感を高めています。

 

「私たちの考える品質は製品だけでなく、ものづくりプロセス全体を指します。新たなお客様とのビジネスを成功させるためにも、さらなる改善が必要だと考えていました」と同社の麥澤 隆藏氏は話します。

 

その一環として取り組んだのが、部材・仕掛品のリアルタイム管理です。同社の生産現場には、部材の入出庫、組み立て加工、プレス加工など、複数の工程があります。どの工程に、どれだけの部材や仕掛品があるかを把握するため、同社は四半期ごとに実地棚卸作業を行っています。

広州三池汽車配件有限公司 副総経理 小林 亨仁 氏広州三池汽車配件有限公司
副総経理
小林 亨仁 氏

「しかし、管理対象となる部材や仕掛品は約2000点にもおよびます。そのため、システム上の理論在庫と実際の在庫数が合わないこともありました。理論在庫と現物在庫の整合を取りながら作業を進めるため、棚卸作業に16時間もの時間がかかっていたケースもありました」と同社の小林 亨仁氏は述べます。

選択のポイント

他工場に柔軟に展開できる拡張性、運用の内製化が可能な点を評価

部材在庫・仕掛品の棚卸作業を効率化するために同社が採用したのがNECの「アジャイル生産現場ソリューション」です。具体的には、業務システム基盤「GdFrame」をベースにハンディターミナルとバーコードラベルを組み合わせたシステムを構築しました。

 

選択の決め手になったのがシステムの拡張性、そして運用の容易さです。

現在、同社は事業の拡大に伴い広州市、武漢市をはじめとする中国各地に工場を展開しています。また、新たな取引や新部品の受注があれば、それらの工場に生産ラインを追加したり、組み替えることもあります。

 

「それに対しGdFrameは、工場が増えた場合でも、容易に展開が可能。またGUIによる開発環境を活用すれば、生産工程の変更に伴うシステム改修が発生しても、自分たちで対応することができる。内製化によりシステムの運用コスト削減も期待できると考えました」と小林氏は語ります。

 

また、容易さという点では、操作性も評価しています。実は以前、同社には、部材在庫・生産管理を行うための別のシステムがありました。しかし、操作が煩雑で、ベテラン工員の少ない同社では利用することが難しく、その結果、棚卸作業を人海戦術で行っていたのです。

 

「一方、バーコードを活用した今回のシステムは、最小限の手入力作業で簡単に利用できるため、四半期ごとの棚卸作業だけでなく、日々の業務の工数削減にもつながります」(小林氏)。

 

導入ソリューション

営業、調達、生産など、多様な業務に適用可能な業務システム基盤


GdFrameは、業務要件に依存しない普遍的構造を持つデータベースを中核に据えた業務システム基盤です。そのため多様な業務に柔軟に対応できます。具体的には、営業、調達、生産管理、設備保全など、多くのお客様が様々な用途で利用しています。この特性は、ビジネスモデルに変更があった際にも、最小限の工数でシステムを改修できるというメリットにつながります。

 

また、GUIによる開発生産性の高さ、短期開発が可能になる点もGdFrameの特長。さらに過去に開発したシステムと同様の業務であれば、NECが蓄積した構築ノウハウを生かすことで、より短期間かつ低コストでシステムを構築することも可能になります。

 

こうした特性を評価し、広州三池様は、部材在庫・仕掛品の管理にGdFrameを適用。バーコードラベルとハンディターミナルを組み合わせることで、より使いやすいシステムを構築しました。

 

部材・仕掛品の場所や進捗状況のリアルタイム確認イメージ
部材・仕掛品の場所や進捗状況のリアルタイム確認イメージ

導入後の成果

棚卸作業を8時間に短縮。正確な進捗管理や生産指示も可能に

広州三池汽車配件有限公司 生産管理部 部長 李 錦善 氏広州三池汽車配件有限公司
生産管理部
部長 李 錦善 氏

GdFrameを活用した棚卸管理システムにより、同社の四半期ごとの棚卸作業、日々の業務の工数は大幅に削減しました。

 

まず棚卸作業は、従来の半分の8時間程度で定時間内に終わるようになりました。「以前は、部材や仕掛品を数えて紙に記入し、それをいったんExcelで集計。そのExcelを参照しながら、生産管理システムの理論在庫と現物在庫を照合していました。しかし、今はハンディターミナルでバーコードを読み取るだけ。集計・確認の時間を大幅に短縮しています」と同社の李 錦善氏はその効果を述べます。

 

一方、日々の業務では、受注ロットごとにバーコードラベルを出力し、部材入庫の際や倉庫から部材を移す際、各生産工程での作業開始時、終了時など、工程の「入口」と「出口」でバーコードを読み取り。これにより部材・仕掛品の場所や進捗状況をリアルタイムに把握しています。

広州三池汽車配件有限公司 生産管理部 生産管理科 科長 孔 令臣 氏広州三池汽車配件有限公司
生産管理部 生産管理科
科長 孔 令臣 氏

「手書きの用紙で管理していた以前のように、記入ミスの心配などがありません。どのプロセスに、どれだけの部材や仕掛品があるかがリアルタイムでわかるため、遅れが出ているプロセスもすぐに把握でき、進捗管理に役立っています」と同社の孔 令臣氏は語ります。

日々の進捗に加え、的確な生産指示が可能になったことも大きなメリットです。「部材・仕掛品の状況を見ながら、1日に何をどれだけ作ればいいか、きめ細かく指示を出せるようになりました。納期までに、あとどれぐらいの完成品が必要かもすぐにわかります」と小林氏は強調します。納期を厳守しつつ、過剰在庫などのリスクを低減しているのです。

加えて、現品票や現物などを確認する三点照合も強化され、多品種を生産する複雑な製造工程でありながら、異品や異数のリスクを抑止できることも大きな効果です。

画像

今後の展望

新設工場へのシステム展開、別業務への適用を検討

今回、構築したシステムは、近く武漢工場にも展開予定です。また、将来的には、部材・仕掛品だけでなく、GdFrameを金型管理に活用するなど、 適用業務領域の拡大を視野に入れています。「現在、帳面で管理している金型の補修・メンテナンス履歴をシステム上で管理することで、効率的な計画保全や不 具合要因解析に活用できないかと考えています」と小林氏は話します。

 

こうした一連の取り組みは、同社の「品質至上」姿勢の表れ。「品質がしっかりしていれば、チャンスは自ずと広がるものと信じています。そのための仕組み作りという点で、今後もNECには大いに期待しています」と麥澤氏は最後に語りました。

 

お客様プロフィール

広州三池汽車配件有限公司

本社 広州市花都区汽車城東風大道東
設立 2004年10月28日
資本金 1650万米ドル
従業員数 380人(2012年12月末現在)
事業内容 三池工業の中国における自動車部品の生産法人。多くの自動車メーカーが工場を構える広州市に本拠を持つ。自動車車体や自動車部品の製造・販売を手がけ、日本、欧州をはじめとする多くの自動車メーカーに製品を提供している。
URL http://www.mitsuike.co.jp/
(現地法人としてのWEBSITEは現在構築中)

関連導入事例

(2013年3月22日)

共有する: