ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 関西テレビ放送株式会社様
ここから本文です。

関西テレビ放送株式会社様

関西テレビ放送株式会社様

SDNの安全性、柔軟性、運用性を高く評価
放送事業を担うシステムの統合を目指す

業種 メディア業
業務 共通業務
製品 SDN,LAN/WAN,ネットワーク機器(その他)
ソリューション・サービス SDN,ネットワーク(企業ネットワーク),ネットワーク(その他)

事例の概要

課題背景

  • 情報系、放送系というネットワーク領域があるが、放送業務のデジタル化、IP化、番組素材のファイル化などの進展に伴い、新たなネットワークの構築や情報系と放送系の相互アクセスニーズが生まれつつあり、統合を模索していた
  • 特番の放送時などには、ネットワークを追加したいという要望が発生するが、既存のネットワークでは、対応するのに時間と手間がかかる
  • 必要に応じて変更や追加を重ねてきたネットワークの構成は複雑化しており、一部の管理者しか把握できていない。属人化が潜在的なリスクとなっていた

成果

「統合」と「分離」を両立できるSDNに大きな手応え

SDNなら、ネットワークの物理的な「統合」と論理的な「分離」によって、相反する要件を両立できる。新たに別の放送系ネットワークを構築することなく、安全性を確保しつつ、全ネットワークをSDNに統合していける手応えを得た

日本語GUIを通じて設定変更をすぐに行える

従来はベンダー頼みだったネットワークの設定変更を、日本語のGUIを通じて、自分たちで柔軟、迅速に行える。特番チームなど、現場の要求にすぐに応えられる環境が整った

ネットワーク構成を直感的に可視化

SDNの可視化機能と運用監視ツールで、ネットワークの構成や運用状況がリアルタイムに可視化できるようになった。エッジに位置する端末まで把握できる構成を採用したこともあり、日々の運用が容易になる上、属人化が進んでいた運用業務を引き継ぐことも可能

導入ソリューション

拡大する関西テレビ放送様のネットワーク構成

情報系のネットワークをSDNで刷新。将来的には、種々の放送系システムもSDNに統合して、情報系、放送系のネットワークを仮想ネットワークで論理的に分割することを視野に入れている。そのために、フロアスイッチまでSDN化している。

本事例に関するお問い合わせはこちらから

事例の詳細

導入前の背景や課題

情報系、放送系ネットワークの「統合」を目指す

関西テレビ放送株式会社
経営管理局 専門局長(情報技術)
(兼)放送技術局
水川 毅氏

関西に拠点を持ち、「カンテレ」の愛称で親しまれている関西テレビ放送様。「超えろ。カンテレ」をスローガンに掲げ、コンテンツメーカーとして、もっと楽しく、もっと刺激的に、もっとワクワクするコンテンツの制作を目指しています。

放送事業者が行う、ラジオ、テレビなどの放送事業は、様々なインフラによって支えられています。公共性が高い事業であることから、老朽化による信頼性の低下などは許されず、インフラの整備、定期的な刷新は避けては通れない投資となります。

ネットワークもその1つです。同社には、システム部門が扱う「情報系」と、放送業務に携わる各部門が扱う「放送系」というネットワーク領域がありますが、このうちの情報系ネットワークが更改のタイミングを迎え、新しいネットワークを導入することになりました。

ただし、今回、同社が関西テレビソフトウェア様とともに取り組んだネットワークの刷新は、機器を新しいものに入れ替えるだけといった単純なものではありません。情報系、放送系という枠組みを超えて、将来のネットワーク全体のあるべき姿を見据え、その実現に向けたプロジェクトの第一歩と位置付けられています。

「目指したのは、将来的なネットワークの『統合』です。IPで規格が統一されている情報機器とは異なり、放送機器には様々な規格が存在すること、また、放送系ネットワークには高度な安全性、可用性が求められることから、情報系と放送系のネットワークは分離するのが一般的です。しかし近年、その境界がなくなりつつあります。番組制御のためのシステム、収録、編集、伝送するためのシステムなど、放送関連の機器の中にもIP化するものが増え、日々、やり取りする番組制作用の素材なども『ファイル』で受け渡しするケースが増えています。その結果、新たなネットワークの構築や、情報系ネットワークの端末から、放送系ネットワークの機器に直接アクセスしたいというニーズも生まれつつあり、もはや分離ではなく、基幹ネットワークによる統合を目指すべきだと考えたのです」と同社の水川 毅氏は話します。

選択のポイント

「統合」と「分離」を両立できること、運用性の高さを評価

関西テレビソフトウェア株式会社
ソリューションセンター
ソリューション第1グループ
部次長 コンプライアンス責任者
植田 和孝氏

ネットワークの統合を目指すために、同社は新ネットワークに厳しい要件を求めました。例えば、先に述べた通り、放送事業は公共性の高い事業。統合した結果、インターネットにつながっている情報系ネットワークのセキュリティリスクが、放送系のネットワークにも影響を及ぼすようなことは許されません。統合しつつも、安全性を確保するための分離も行うという、相反する要件を両立する必要があるのです。

また、新ネットワークでは、より柔軟に設定変更やネットワークの追加を行いたいという思いもありました。「選挙特番などに向けて、急遽、特番チームが編成され、そのチーム向けにオフィスが割り当てられたりすると、ネットワークを追加したいといった要求が発生する場合があります。従来のネットワーク技術では、VLANの設定変更が絡むため、ベンダーに依頼しなければならず、すぐに対応するのが難しい上、コストもかかっていました」と関西テレビソフトウェアの岩倉 孝昌氏は説明します。

加えて、必要に応じて変更や追加を行ってきたネットワークは、非常に複雑化しており、全体像の把握も困難な状態。こうした運用上の問題も同時に解決したいと考えました。

そこで、同社が導入したのがNECのSDNソリューションです。

「SDNなら、ネットワークを物理的に統合した上で、論理的に独立させた仮想ネットワーク『VTN(Virtual Tenant Network)』を構築でき、情報系ネットワークと放送系ネットワークの分離も実現できる。加えて、ネットワークの変更や追加、構成の可視化もGUIを通じて容易に行うことが可能。GUIを提供している製品は他にもありましたが、NECのソリューションは日本語化されており、操作の容易さなど、使いやすさが抜きん出ていました」と関西テレビソフトウェアの植田 和孝氏は話します。

導入後の成果

SDNに十分な手応え。将来に向けた道筋が見えた

関西テレビソフトウェア株式会社
ソリューションセンター
ソリューション第1グループ
エキスパート
岩倉 孝昌氏

予定通り、関西テレビ放送様の情報系ネットワークに導入されたSDNは安定稼働しており、稼働後のトラブルはまったくありません。期待した通りGUIの使い勝手もよく、設定変更や追加の要求が発生しても、従来のように時間やコストをかけることなく、自分たちですぐに対応できます。

従来、情報系ネットワークには、ルーティングしたくない独自のネットワークがいくつかあり、それらはVLANで分けて運用していました。SDNでは、このようなネットワークもVTNによって論理的に独立させつつ、他のネットワークと一緒に可視化して統合管理できます。より広範かつ精緻な可視化を目指して、同社はフロアスイッチ全てにSDN対応スイッチを採用したほか、運用監視ツールとして「WebSAM NetvisorPro V」を導入。「従来は、一部の管理者しかネットワーク構成を把握できていない上、情報を引き継ぐことも困難で、『属人化』が潜在的なリスクとなっていましたが、現在は、いつでも、誰でも、ネットワークの構成や通信状況を末端まで一目で把握できるようになりました」と植田氏は言います。

また、SDNの特長を活かしてファイアウォールも仮想化して集約。リソースを有効活用することで、機器台数の削減とネットワークのシンプル化を図っています。

新ネットワークの構築にかかった期間は約半年。「きめ細かな進捗管理で、驚くほどスムーズに移行を終えてくれました。プロジェクトの管理と構築を担当してくれた、NECネッツエスアイとNECソリューションイノベータには、とても感謝しています」(岩倉氏)。

SDN導入に、しっかりとした手応えを感じた同社は、今後、放送系ネットワークに関してもSDNへの統合を前向きに検討したいと考えています。

「クリアしなければならない課題はありますが、情報系、放送系を問わず、できるだけ多くのネットワークをSDNで全社統合する方がはるかにメリットは大きいと感じています。NECは放送関連機器の事業も行っていますから、放送事業者のビジネスにも精通している。このチャレンジの意義を組み、SDNのさらなる進化、手厚いサポート、先進的な提案を行ってくれると期待しています」と水川氏は強調しました。

お客様プロフィール

関西テレビ放送株式会社

所在地 大阪市北区扇町2丁目1番7号

関西テレビ放送株式会社様

設立 1958年2月1日
資本金 5億円
概要 関西に拠点を置く放送事業者。コンテンツ制作力に定評があり、数々のバラエティ作品、ドラマ作品でヒットを生んできた。関西エリア色を活かしたコンテンツにも力を入れ、ドラマ『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語』がシリーズ化されるなど、多くのファンに愛されている。
URL https://www.ktv.jp/

この事例の製品・ソリューション

本事例に関するお問い合わせはこちらから

(2017年11月13日)

関連事例

Now Loading

導入事例

ページの先頭へ戻る