Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

ENEL Distribuzione様

Japanese English

ENEL Distribuzione様

再生可能エネルギーの効率的な活用に向け、蓄電システムで、
電力の品質を補正し、的確に需給バランスを調整することを実現。

ENEL Distribuzione様
業種その他業種業務その他業務
製品蓄電池ソリューション・サービススマートエネルギー

ローマに本社を置くENEL Distribuzione 様(以下ENEL様)は、イタリア国内電力網の85%を運営するイタリア最大の電力・エネルギー会社です。スマートグリッド技術の開発・拡大を国際的に推進し、全世界で3,200万人のスマートメーターユーザを擁しています。ENEL様では、スマートグリッドの仕組みを実現するために出力2MW、容量2MWhを実現した、NECのリチウムイオン大型蓄電システムを導入しました。これにより、電力基盤の信頼性や安定性を高め、より効率的な電力網制御や電力品質調整サービスを目指す実証実験を推進しています。

事例のポイント

課題

  • 再生可能エネルギーによる発電は天候によって不安定になりがちで、電力網を安定させ、電力品質を維持することが困難でした。
  • 分散型の発電である膨大な数の再生可能エネルギーが電力網へ接続され、系統送電網への予想外の逆潮流を発生させ、電力を不安定にさせる問題の原因の一つとなっていました。
  • 電力の需給バランスは常時保ってないといけないが、ピーク時の電力供給などに課題がありました。

成果

  • 大型蓄電システムの導入で、電圧・周波数調整などの課題を解決し、電力品質を維持しました。
  • 大型蓄電システムの活用で、瞬時にかわる需給に対応することで電力の逆潮流を解消し、最適な需給バランス調整を実現できました。
  • 電力網の安定化と同時に、非常時や緊急時の予備電源としての活用も可能になりました。

導入前の背景や課題

欧州連合が推進する「再生可能エネルギー革命」とは?

写真

欧州連合(以下EU)は2014年、新たに2030年へ向けた大きな達成目標を打ち出しました。地球温暖化防止のために、CO₂などの温室効果ガス排出量を最低でも40%削減(1990年比)し、再生可能エネルギーの創出量を27%に、エネルギー効率を同じく27%に高めるというものです。きわめて具体的な数値目標を設定することで、EUはいまや「再生可能エネルギー革命」の先頭に立とうとしています。
低炭素社会へ向けた取り組みでは、電力網モデルに対しても階層型・集中型の構造から、分散型構造へのシフトが求められています。地域や企業、家庭など従来エネルギーの消費者が、太陽光や風力などによる発電を行うことで、エネルギー供給者へと立場が逆転することになります。しかし、このような状況の中で、ENEL様はいくつかの課題に直面しました。

再生可能エネルギーによる不安定な送電や、電力の品質低下に直面

Natale A. Caridi  Head of Financing Operational Support,Network Development,Enel DistribuzioneNatale A. Caridi
Head of Financing
Operational Support,
Network Development,
Enel Distribuzione

まず、文字どおり“風まかせ”の風力はもちろん、曇り空や雨天では太陽光での発電量が少なくなり供給することが不安定になりがちです。そのような状況では、周波数を調整したり電圧を適正な範囲に保つことが難しく、高品質の電力をいかに安定供給するかが大きな課題でした。
また、このような分散型発電が増えるにつれ、変電所では電力の需要よりも供給が上回る現象、すなわち中圧線から高圧線への逆潮流が見られ、電力網に大きな変動性と不安定さが生じてしまいます。「原則として電力網内では、需給のバランスが常時保たれていなければなりません。つまり、電力供給では瞬時に変化する電力需要へ、即座に供給を一致させる制御が不可欠なんです」と、ENEL様のネットワーク開発部門ファイナンスオペレーションの責任者、ナターレ・カリディ氏は語ります。
今回、NECの大型蓄電システムを導入したキアラヴァッレ変電所(イタリア、カラブリア地区)には、膨大な数の太陽光発電と風力発電の設備が電力網に接続されています。これらの再生可能エネルギーによる発電は、すべての送電網へ予想外の逆潮流を発生させ、送電の不安定化や電力品質の低下をもたらす原因となっているのです。

地図:キアラヴァッレ

選択のポイント

高度なICTと手厚いサポート力を備えた、NECの蓄電システムに決定

こうした課題を解決するために、ENEL様は様々なソリューションを提供する世界中のメーカを対象に、最適なパートナ選びをスタートしました。そして、2012年10月にNECを最終的なパートナとして選定し、2014年4月にはキアラヴァッレ変電所へ系統用の大型の蓄電システムの導入を完了しました。
ENEL様が、パートナ選びを慎重に検討し進めていく上で、とりわけ重要な要因の1つとなったのが、ICT分野においてグローバルに展開するNECのリーダーシップでした。
電力会社が、電力網の送配電に不可欠な柔軟性を実現し、逆潮流を調整してエネルギーの需供バランスを維持するためには、エネルギークラウドを中核とするICTの役割が、今後ますます重要になります。「NECの高度なICTとプロジェクトマネジメント能力は、たいへん重要なファクターでした。私たちのニーズに対して、NECは驚くべき対応力で、実に的確かつ最適なソリューションを提供してくれました。そして、高い品質のソリューションを遅延することなく、すべて計画どおりに実現してくれました。まさに、申し分のないパートナシップだと思っています」と、カリディ氏は振り返ります。

導入ソリューション

キアラヴァッレ変電所へ、容量2MWhの系統用大型蓄電システムを導入

キアラヴァッレ変電所へ設置されたのは、出力2MW、大容量2MWhの電力貯蔵を実現する、リチウムイオン蓄電池を用いた系統用の大型蓄電システムです。同システムは変電所と電力網に接続され、需要急増時におけるピークカット用の電力供給をはじめ、需給バランスの調整、電力・電圧を安定化させるための周波数調整など、再生可能エネルギーの導入で不安定になりがちな電力網の電力品質に保つことができます。
また、災害や事故などの非常時に備えた、予備電源となるバックアップ電力としても大きな役割を担っています。さらに、大型蓄電システムを導入することにより、スマートエネルギー技術が電力網に与える影響や、配電ビジネスに及ぼす将来的な影響を調査することも目的としています。

導入後の成果

高品質で安定した電力供給を実現し、電力網の管理効率を大幅に向上

大型蓄電システムを導入したENEL様では、再生可能エネルギー電力の最適な需給バランスを実現することができました。また、蓄電システムの導入と電力網の安定化は、災害や事故など非常時の予備電源として緊急時の備えにも大きく役立ちます。
「いくつかの独立機関のレポートによれば、分散型の蓄電システムは分散型発電の成長を促進することが報告されています。それは、蓄電システムが電力需要のピーク時における負荷の増大や、電力へのより厳しい品質要求といった課題に対し、配電システムのオペレータへ多様なアプリケーションやサービスを提供することが可能だからです」とカリディ氏は語ります。
大型蓄電システムの導入により、ENEL様はピークカット、需給バランス調整、電力品質補正、電圧・周波数調整などの課題を大きく改善でき、同時に再生可能エネルギーから高品質で安定した電力を供給できるようになりました。
さらに、ENEL様では電力需要を事前に予測し、国内の送電網を通じて必要な電力を購入するような場合には、より高いコストパフォーマンスを追求できる効率的で管理しやすいオペレーションが可能となりました。「キアラヴァッレ変電所の大型蓄電システムは、ホスティング容量を改善し逆潮流を調整することで、再生可能エネルギー資源をより的確かつ安全に電力網へ導入することができます」と、カリディ氏は蓄電システムのメリットを強調します。

今後の展望

再生可能エネルギーの有効活用と、電力網の高度化は世界の潮流に

EUの達成目標に限らず、再生可能エネルギーの有効活用と信頼性の向上、そして電力網における運用能力を高める取り組みは、今後、世界各地でますます重要性を増していきます。
キアラヴァッレ変電所におけるケーススタディは、再生可能エネルギーを電力網へ積極的に導入し、地球温暖化の主因といわれる二酸化炭素の増加やエネルギー資源の不足など、様々な環境問題の解決に貢献しつつ、地球にやさしい社会づくりをめざすモデルケースといえます。

担当スタッフの声

お客様の予想を上回る、能力の高さを発揮した大型蓄電システム

NECイタリア スマートエネルギーソリューション部門 田邉 泰祐NECイタリア
スマートエネルギーソリューション部門
田邉 泰祐

大型蓄電システムは、再生可能エネルギーを利用した電力事業において、高い効率性や費用対効果を備えたエネルギー市場を発展させていくための、重要なキーテクノロジーといえます。NECは、世界中で数多くのスマートエネルギーに関連するプロジェクトを展開しており、大型蓄電システム事業でもこれまでに世界で118MW、電力会社11社19サイトにシステムを導入した実績があります。ENEL様のキアラヴァッレ変電所の事例もその1つです。同変電所に構築した大型蓄電システムのパフォーマンスは、お客様の予想を大きく上回り、弊社が長年にわたり開発を続けてきた蓄電システムの能力の高さを実証することができました。NECは、ヨーロッパのエネルギービジネスにおいても、ハードウェアやソフトウェア、通信インフラ、プロジェクトマネジメントといったICTと、蓄電システムなどに代表されるスマートエネルギー技術を1つに組み合わせ、最先端のソリューションをお届けしていきます。

お客様プロフィール

ENEL Distribuzione様はENEL様の傘下企業です。ENEL様は、多国籍電力会社として、欧州・ラテンアメリカを中心として、世界中のガス・電力市場でその活動を広げています。

ENEL Distribuzione SpA

所在地 Viale Regina Margherita, 187, Rome, Italy
設立 1999年
資本金 2,600,000,000Euro
従業員数 17,366人
株主 Enel SpA
概要 イタリア大手電力会社ENEL SpAの関連会社でイタリア最大の配電事業者
URL http://eneldistribuzione.enel.it/it-IT

(2015年03月30日)

共有する: