ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 株式会社セブン&アイ・ホールディングス様
ここから本文です。

株式会社セブン&アイ・ホールディングス様

株式会社セブン&アイ・ホールディングス様

約3400台のEV・PHV用充電器を全国に設置
お客様の利便性向上と低炭素社会の実現に貢献

業種 卸売・小売業・飲食店
業務 その他業務
製品 エネルギーコンポーネント
ソリューション・サービス エネルギー,共通基盤技術(組込み)

事例の概要

課題背景

  • 電気自動車の本格的な普及に寄与できる方法を模索していた
  • 店舗ごとに異なる駐車場環境に適合する充電器が必要だった
  • 自社の電子マネーを活用できる決済システムが不可欠だった

成果

新たなライフスタイルの提案

毎日の生活で、買い物をしながら充電するという、EV・PHVの普及を見越した新たな付加価値を提供できる

既存店舗への設置を実現

狭小スペース型の充電器を活用することで、駐車場の大規模な改修工事をせずに充電器設置に成功

電子マネーでの決済が可能に

クレジットカード、自動車会社系のカードのほか、自社の電子マネー「nanaco」での決済ができるシステムを構築

導入ソリューション

図ガソリン車と共存可能な、EV社会をリードする駐車場

普通充電器は省スペースで設置が可能です。
複数台を設置することで、EV専用区画を用意する必要がありません。

お問い合わせ

本事例に関するお問い合わせはこちらから

関連資料ダウンロード

関連資料をダウンロードいただけます

事例の詳細

導入前の背景や課題

電気自動車の普及を見据えた流通事業のあり方を模索

株式会社 イトーヨーカ堂 施設管理部 施設管理マネジャー 柴崎 善勝 氏株式会社 イトーヨーカ堂
施設管理部 施設管理マネジャー
柴崎 善勝 氏

総合スーパー「イトーヨーカドー」、ショッピングセンター「Ario」、百貨店「西武」「そごう」、コンビニエンスストア「セブン‐イレブン」など、多様な業態の店舗を全国展開するセブン&アイ・ホールディングス様。顧客サービスの一環として、新規出店の際には、電気自動車(EV・PHV)で来店されるお客様のために、駐車場への充電器設置を進めてきました。さらに2012年には、既存店舗も含めた大規模な充電器設置プロジェクトの検討が始まったといいます。今回のプロジェクトを中心的に進めてきた、イトーヨーカ堂の柴崎 善勝氏は「電気自動車を本格的に普及させ、低炭素社会を実現しようという機運が高まっていますが、それには身近で便利に充電できるインフラ整備が欠かせません。全国に店舗網をもつ私たちならば、そのために貢献できることがあると考え、グループとして充電器の大規模導入を検討したのです」と語ります。

特に、マンションなどの共同住宅に住むEV・PHVユーザーは、自宅で充電することが困難なケースが少なくありません。普段の生活で、買い物をしている間に充電できる環境を提供することは、地域のお客様へのサービス向上という面からも、大きな意義を持つものでした。

選択のポイント

既存店に無理なく設置できる充電器、独自の決済システムへの対応を評価

プロジェクトを進める上で、検討すべきハードルとして「既存店舗への設置方法」「決済システムの構築」「設置後の運営体制」がありました。

既存店舗の駐車場は、充電器設置を前提に設計されていませんが、大幅な改修工事を施すことなく、限られたスペースを有効活用して、設置する方法を考える必要がありました。

また、低炭素社会の実現を支えるインフラとして長期的に運営していくには、無料サービスではなく、充電量に応じて最低限の料金をお支払いいただく有料サービスとすることが重要だと考えました。

「そのためには決済システムの構築が必要ですが、通常の充電サービスは、クレジットカードか自動車会社系のカードで決済するケースがほとんどです。しかし、お客様の利便性を高めるためには、グループ店舗で利用できる電子マネー「nanaco」での決済にも対応することが必須。さらに充電器設置は、あくまでも社会貢献、顧客サービス向上のためのものなので、運営負担を極力抑えることも重要でした」と柴崎氏は振り返ります。

そこで採用したのが、狭小スペース型の充電器を活用するNECの提案でした。

NECでは、限られたスペースにも無理なく設置できる独自形状の充電器を、約1年かけて開発。駐車場の鉄骨の梁や壁面にも設置可能な充電器を採用することで、コンクリート床に設置用ポールをアンカー打設できない場合の設置スペースの問題や、設置工事の問題を解決しました。

「決済方法についても、NECの充電器はクレジットカード、自動車会社系のカードのほかに、電子マネーでの課金や会員認証にも対応しています。これにより、nanacoでの決済のほか、充電器利用者様へのnanacoポイント付与など、独自のサービスを実現できる点を評価しました」(柴崎氏)

設置後の運営に関しても、NECのクラウド技術や組み込み技術と連携することで、24時間365日の遠隔監視による点検・保守を実現。「既存の駐車場に設置可能な充電器、そして電子マネーが使えるシステムの構築と運営の一括委託。この3点で、NECのソリューションを高く評価しました」と柴崎氏は語ります。

導入後の成果

約3400台の充電器を設置予定。サービス開始後のサポートにも期待

充電器設置プロジェクトの対象店舗は、全国のイトーヨーカドー、Ario、そごう、西武の計45店舗。普通充電器、急速充電器を合わせて約3400台の設置が予定されており、一事業者の導入数としては国内最大規模となります。設置工事は2015年中に完了し、2016年2月からは全店舗でのサービス開始を目指しています。

「充電器設置にあたっては、最適と思われる設置台数の算出、普通自動車、EV・PHVでご来店されるお客様のいずれにもストレスにならない設置方法の検討も、NECと相談しながら進めることができ、力強く感じました」と柴崎氏は説明します。

「個店主義」という方針のもと、それぞれの店舗が、地域のお客様のニーズに応じたきめ細かなサービス提供を目指しており、充電器の設置までは本部主導となるプロジェクトですが、運用開始後は、各店舗がお客様への対応などを行っていく予定です。

「充電器の設置はゴールではなくスタート。サービス開始後は充電サービスを安定的に運用し、長期的に電気自動車の普及に寄与していくことが目標です。来店してくださる電気自動車ユーザーのお客様の満足度が向上することも重要ですが、将来的に、『あの大規模導入が電気自動車普及の推進力となった』と評価していただければ、それが最大の成果だと考えています」(柴崎氏)

低炭素社会への貢献を目指すセブン&アイ・ホールディングス様の先進的な取り組みは、これからも続いていきます。

NEC担当者の声

EV・PHV時代のライフスタイルを先取りするプロジェクトを支援

NEC グローバルプロダクト・サービス本部 ESS事業センター シニアエキスパート 森園 潤NEC
グローバルプロダクト・サービス本部
ESS事業センター
シニアエキスパート
森園 潤

充電スタンドに出向かなくとも、日頃よく行くお店で買い物や食事をしながら充電できる──。今回のプロジェクトは、そんな新しいライフスタイルを実現する、世界でも画期的な取り組みだと考えています。将来、EV・PHVが本格的に普及した暁には、今回の取り組みが大きなトリガーになったと言われるのではないでしょうか。

一方で、この大規模導入には、乗り越えるべきハードルがたくさんありました。とりわけ苦労したのは、一般車のお客様と、EV・PHVユーザーのお客様、双方にとって使いやすい駐車場とする設置場所の決定です。

そこで、セブン&アイ・ホールディングス様、実際に設置されるイトーヨーカ堂様、そごう・西武様、各充電器メーカー、NECグループと多岐にわたるチームで、何度も現地調査やアイデア検討を実施。立体駐車場や、地下・屋上の駐車場など、壁の形状や天井の高さも異なる様々な場所に、安全に設置できる方法について議論を重ねました。最終的には、新たな形の充電器を開発し、設置場所についても混雑時にも認知・利用しやすい位置を割り出して、レイアウトを決定しています。

将来的には、ネットワーク技術とコンピュータ技術を併せ持つNECの強みを生かして、例えば、お買い物の間にカーナビの地図が更新されるといったサービスのご提供も検討中。セブン&アイ・ホールディングス様のサービスレベルの向上に寄与していきたいと考えています。

お客様プロフィール

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

所在地 東京都千代田区二番町8番地8

株式会社セブン&アイ・ホールディングス様

設立 2005年9月1日
事業内容 コンビニエンスストア、総合スーパー、百貨店、食品スーパー、フードサービス、金融サービス、通信販売、IT/サービスなど、各事業を中心とした企業グループの企画・管理・運営
資本金 500億円(2015年2月現在)
グループ売上高 10兆2356億円
従業員数 5万4665人
事業概要 国内約1万8500店舗、世界では16カ国・地域でおよそ5万5000店舗を展開する流通サービスグループ。傘下の事業会社は148社に上る。この秋から、リアル店舗とインターネットを一体化した「オムニチャネル」への本格的な取り組みを開始する予定。それにともなって、東京・西日暮里にイトーヨーカドーのネットスーパー専門店を作るなど、業界をリードする取り組みを続けている。
URL http://www.7andi.com/

この事例の製品・ソリューション

お問い合わせ

本事例に関するお問い合わせはこちらから

関連資料ダウンロード

関連資料をダウンロードいただけます

(2015年10月26日)

関連事例

Now Loading

導入事例

ページの先頭へ戻る