ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. CAE2D
  4. 製品情報
  5. オプション
  6. 言語カスタマイズ機能
ここから本文です。

製品情報

オプション製品 - 言語カスタマイズ機能

CAE2D/AP+: 簡易言語開発機能
CAE2D/CD+: C言語開発機能

コマンドAP言語は、個々のお客様の各種ニーズに対応するために用意されたCAE2Dカスタマイズ用簡易言語です。
設計者は、コマンドAP言語を使用して、業務に適したコマンドを作成することができます。

既存のコマンドの組み合わせにより、お客様固有のコマンドを作成することができます。作成したコマンドは、メニューに登録して基本コマンドと同様に扱えます。

操作履歴をそのままコマンドAP言語のソースに変換する機能(コマンドAPプログラム生成機能)も備えており、簡単に短時間でコマンドを作成することができます。

コマンドAPから利用者公開ルーチンを呼ぶことにより、既存コマンドの組み合わせだけでは実現できない利用者独自の新規コマンドを作成することができます。

コマンドAP言語では、標準で以下の関数とサブルーチンが利用者公開ルーチンとして利用できます。(計230種以上)

  • 三角関数などの数学ライブラリ
  • 垂線の足の座標、交点座標算出などのジオメトリサービス
  • データベースアクセス、文字列編集、ファイル出力などのライブラリ

利用者がC言語で作成した関数をコマンドAPから呼び出して利用することができ、さらに柔軟な機能の実現ができます。

ページの先頭へ戻る