Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

お知らせ

シマンテック社製アンチウイルスソフトをお使いの方への注意事項

「シマンテック社製アンチウイルスソフトをお使いの場合、CAE2Dに含まれる関連モジュールがセキュリティリスクとして誤検知される」という現象が確認されました。

対象製品をお使いの場合は、以下の影響範囲と回避方法をご確認いただきますよう、お願いいたします。

対象製品

  • CAE2D R10.1(CAE2D/DM+をご使用の場合を除く)
  • CAE2D R10.2(CAE2D/DM+をご使用の場合を除く)

現象

CAE2Dの一部のファイルがアンチウイルスソフトによりセキュリティリスクとして誤検知され、ファイルが移動または削除されてしまうことでCAE2D起動時に以下のエラーが発生し、起動できないことがあります。

「cae2dpm.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションをインストールし直すとこの問題は解決される場合があります。」

回避方法

以下の対処方法の1か2または両方を行ってください。

  1. アンチウイルスソフトの設定
    アンチウイルスソフトの設定で、cae2dpm.dllをスキャン対象外としてください。
    設定を行った後、cae2dpm.dllをCAE2Dインストールフォルダへ戻すか、CAE2Dを再インストールしてください。
    なお、検知されたファイルは安全なファイルです。

  2. CAE2Dのオーバーライト適用
    誤検知されない cae2dpm.dll をオーバーライトで公開済みです。
    保守契約をされているお客様は、担当SEまでお問合せください。