ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. CAE2D
  4. 周辺機器
  5. プロッタ
  6. 評価実績あり
  7. CAE2D
ここから本文です。

周辺機器

評価実績のあるプロッタ

CAE2D

メーカ一覧

各社プロッタ詳細

株式会社セイコーアイ・インフォテック殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
LP1010/
LP1010L
A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2
プリントマネージャ
LP1020/
LP1020L
A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2
プリントマネージャ
LP1120 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
LP1130 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
LP2150 A1 LED方式普通紙 RS-232C
& Ethernet
HP-GL × モノクロ
Ethernet HP-GL/2(RTL)
D-SCAN
プリントマネージャ
LP2160 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL/2(RTL) モノクロ
LP2170 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
D-SCAN ×
LP2180 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
D-SCAN ×
LP2020 A0 LED方式普通紙 Ethernet D-SCAN モノクロ
LP2020Mk-II A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
LP2020Ex A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
LP2120 A1 LED方式普通紙 Ethernet D-SCAN モノクロ
LS1100 A3 レーザ方式普通紙 RS-232C
& Ethernet
HP-GL × モノクロ
Ethernet D-SCAN
LS1300 A3 レーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
D-SCAN
プリントマネージャ
LS3300 A3 カラーレーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL × カラー
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
LS3310 A3 カラーレーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL 注1 × カラー
HP-GL/2(RTL) 注1
プリントマネージャ 注2
EP2050 A0 モノクロ静電 Ethernet D-SCAN モノクロ
EP2150 A1 モノクロ静電 Ethernet D-SCAN モノクロ
EP4020 A0 カラー静電 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL) カラー
GP3400 A0 ペン RS-232C D-SCAN × モノクロ
GP3410 A1 ペン RS-232C D-SCAN × モノクロ
PictureJet
IP1010
A1 インクジェット Ethernet HP-GL × モノクロ
D-SCAN
PictureJet
IP3000
A0 カラーインクジェット Ethernet HP-GL/2(RTL) モノクロ
IP4000 A0 カラーインクジェット Ethernet HP-GL/2(RTL) モノクロ

(注1)
オプションとして、マルチエミュレーションキット(LS-124) もしくはHP-GLエミュレーションキット(LS-122)および増設メモリ(LS-552)が必要です。また、FTP転送用にプリントサーバが必要です。評価時は、サイレックス・テクノロジー製PRICOM3100を使用しました。
(注2)
オプションとして、マルチエミュレーションキット(LS-124) もしくはHP-GLエミュレーションキット(LS-122)および増設メモリ(LS-552)が必要です。また、ドライバはHP-GLドライバをご利用ください。

日本オセ株式会社(旧NsCalComp)殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
TechJet 720C A1 インクジェット RS-232C
& Ethernet 注1
CALCOMP907 × モノクロ
TechJet 5424R A1 インクジェット RS-232C
& Ethernet 注1
HP-GL × モノクロ
Ethernet 注1 HP-GL/2(RTL) カラー
TechJet 5324GT A1 インクジェット Ethernet 注1 HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL) カラー
TechJet 5524 A1 カラーインクジェット Ethernet 注1 HP-GL × モノクロ
54424XP A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
55424II A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
55424III A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL/2(RTL) モノクロ
プリントマネージャ
56424 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
TDS400 A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
TDS600 A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
TDS800 A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
9300 注2 A0 LED方式普通紙 Ethernet プリントマネージャ モノクロ
9600-PW A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL/2(RTL) モノクロ
プリントマネージャ
モデル3310 A3 レーザ方式普通紙 RS-232C
& Ethernet
CALCOMP907 × モノクロ
モデル3350 A3 レーザ方式普通紙 RS-232C
& Ethernet
CALCOMP907 × モノクロ
モデル7010 A0 LED方式普通紙 RS-232C CALCOMP907 × モノクロ

(注1)
評価時は、Ethernetの接続に市販のプリントサーバを使用しています。純正のEthernetボードではCAE2Dからの出図が行えませんので、ご注意ください。なお、使用可能なプリントサーバは石垣コンピュータ製EM-7、EM-8、日本オセ製Model985、サイレックス・テクノロジー製M-1200、JetLAN3100です。その他の製品をご使用の場合は動作確認が必要です。
(注2)
9300で扱える用紙サイズは、A0~A3です。A4図面を出図した場合は、A3用紙で片側半分に要素が描画されます。また、用紙サイズにかかわらず出図用紙の後端(プロッタ排紙口から後に出てくる部分)17mmが出図不可領域となりますので、ご注意ください。

富士ゼロックス株式会社殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
DocuWide
2050/2050MF
2051/2051MF(MF-RT)
A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide
2055/2055MF
A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide
4080/4080MF
A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide
5070/5070MF
A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide
6050/6050MF/6030MF
A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide
6055/6055MF
A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide9090α A0 レーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ 注1
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide9095α A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ 注1
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
DocuWide9098α A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ 注1
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
FX4018 A2 LED方式普通紙 Ethernet FX-VRF × モノクロ
FX4024 A1 LED方式普通紙 Ethernet FX-VRF × モノクロ
FX4036 A0 LED方式普通紙 Ethernet FX-VRF × モノクロ
BrainTech8180α A1 レーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
BrainTech8181α
(+8090コントローラ)
A1 レーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ 注1
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
BrainTech8050 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
BrainTech8030 A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ
BrainTech8090α
(+8090コントローラ)
A0 レーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ 注1
HP-GL/2(RTL)
プリントマネージャ

(注1) CAE2Dおよびプロッタの設定により、赤黒印刷が可能です。

日本ヒューレット・パッカード株式会社殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
DesignJet600
C2847A
A1 インクジェット RS-232C HP-GL × モノクロ
DesignJet600
C2848A
A0 インクジェット RS-232C HP-GL × モノクロ
DesignJet750C
C3195A
A1 インクジェット Ethernet* HP-GL × モノクロ
DesignJet750C A1 カラーインクジェット Ethernet* HP-GL/2&RTL カラー
  • *評価時は、Ethernetの接続に市販のプリントサーバを使用しています。純正のEthernetボードではCAE2Dからの出図が行えませんので、ご注意ください。 なお、使用可能なプリントサーバは石垣コンピュータ製EM-7、EM-8、日本オセ製Model985です。その他の製品をご使用の場合は動作確認が必要です。

グラフテック株式会社殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
LM1100 A1 LED方式普通紙 RS-232C & Ethernet HP-GL × モノクロ
Ethernet HP-GL/2(RTL)
GP-GL ×
GP-GL binary
LM2100 A1 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL)
GP-GL binary
プリントマネージャ
LM6300RAS A3 レーザ方式普通紙 Ethernet HP-GL × モノクロ
TM1130 A1 感熱紙 RS-232C & Ethernet HP-GL × モノクロ
Ethernet GP-GL ×
GP-GL binary
GX1107 A1 ペン RS-232C
HP-GL × モノクロ
GP-GL ×
GP3100 A1 ペン RS-232C HP-GL × モノクロ
GP-GL ×
JC1105 A1 インクジェット Ethernet HP-GL × モノクロ
JC8000 A0 カラーインクジェット RS-232C HP-GL × モノクロ
HP-GL/2(RTL) 注1
セントロ プリントマネージャ
JW1000 A0 カラーインクジェット Ethernet HP-GL 注2 × モノクロ
HP-GL/2 注2 ×
プリントマネージャ 注3
JW1100 A1 カラーインクジェット Ethernet HP-GL 注2 × モノクロ
HP-GL/2 注2 ×
プリントマネージャ 注3

(注1)
HP-GL/2フォーマットの場合、プロッタのペン番号は1~7の7種類が使用できます。
CAE2Dではペン番号として1~8が指定できますが、ペン番号8を指定した場合は、ペン番号1に置き換えられます。
(注2)
カラーは未評価です。SWRTからの出力はおこなえません。スプールに作成されたデータをユーティリティ(G-COM)でプロッタ出力する必要があります。なお、G-COM Ver1.20、1.10および1.01では長尺図面が出図できません。
グラフテック社のページ(上記のロゴにリンク)から、バージョンアップキットをダウンロード後、セットアップをお願いいたします。なお、バージョンアップキットは2003年10月末公開の予定です。なお2004年1月生産分からは標準で修正バージョンが同梱されます。
余白を少なくするため、G-COMの設定は、「オートレイアウト」のチェックON。「作図範囲拡張」のチェックOFFとし、用紙サイズにより「回転」を「なし」または「90°」に設定する必要があります。
(注3)
不定形は未評価です。また、ドライバのプロパティ設定により、用紙に余白ができることがあります。出図する図面に応じてドライバの用紙タブで「回転」を「なし」または「90°」に変更してください。

東洋産業株式会社殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
Drastem8651 A1 モノクロ静電 RS-232C Drastem-EP × モノクロ
Ethernet
Drastem8751 A0 モノクロ静電 RS-232C Drastem-EP × モノクロ
Ethernet
Drastem8430 A3 LED方式普通紙 RS-232C Drastem-EP × モノクロ
Ethernet
Drastem8640 A1 LED方式普通紙 RS-232C Drastem-EP × モノクロ
Ethernet
Drastem8740 A0 LED方式普通紙 RS-232C Drastem-EP × モノクロ
Ethernet
Drastem8640 A1 LED方式普通紙 Ethernet プリントマネージャ モノクロ

株式会社リコー殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
imagio8060W A0 LED方式普通紙 Ethernet プリントマネージャ モノクロ
imagio Wide 7040 A0 普通紙 Ethernet HP-GL/2 注1 モノクロ
プリントマネージャ 注2
imagio Wide 8100 A0 普通紙 Ethernet HP-GL/2 注1 モノクロ
プリントマネージャ 注2
imagio Wide 6020 A0 普通紙 Ethernet HP-GL 注3 × モノクロ
HP-GL/2 注4
プリントマネージャ 注5
imagio MP W3600
imagio MP W2400
A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL 注6 × モノクロ
HP-GL/2 注7
プリントマネージャ 注8
imagio Neo W7050 A0 LED方式普通紙 Ethernet HP-GL 注6 × モノクロ
HP-GL/2 注7
プリントマネージャ 注8
IPSiO SP 6330 A3 レーザー方式普通紙 Ethernet HP-GL 注9 × モノクロ
HP-GL/2 注10
プリントマネージャ 注8

(注1)
・RP-GL2エミュレーションのプログラム登録をおこなって、それを初期値に設定してください。
・プリンタ設定ユーティリティにより、マージコントロールを「ON」に設定してください。
(注2)
・RP-DLドライバをご利用ください。RP-GL2ドライバは使用しないでください。
・印字可能範囲の拡張は、ドライバのプロパティ設定でおこなってください。
→[印刷設定]-[その他]-[印刷領域を拡張する]をチェックする
・不定形は使用できません。
(注3)
・[プロッタID(エミュレーションタイプ)]は7550A (既定値)に設定してください。
・[原稿サイズ判定]を[作画]に設定。 図面の中央に小さな要素しか存在しないような図面を出図するときは、 ダミー要素の作画が必要です。
・長尺出図実行時は、[紙サイズ切り替え]を[全自動カット]に変更してください(既定値は[全自動])。
(注4)
・長尺出図実行時は、[紙サイズ切り替え]を[全自動カット]に変更する(既定値は[全自動])。
・線の太さが0.35mmを超える図面を出図する際は、[線接続設定]の変更が必要です。[線接続設定]を[丸タイプ] に変更してください(既定値は[指定なし])。
(注5)
・RPDLドライバ
不定形サイズの出図は、ドライバの[プロパティ]- [印刷設定]- [初期設定]- [不定形サイズ登録]で設定してください。
画像ズレが発生しますので、ドライバの[プロパティ]- [印刷設定]-[その他]- [EMFスプールする]にチェックしてください。
・RPGL/2ドライバ
不定形サイズの出図は、ドライバの[プロパティ]- [印刷設定]- [初期設定]- [不定形サイズ登録]で設定してください。
また、ドライバの[プロパティ]- [印刷設定]- [その他]で[EMFスプールする]にチェックしてください。
ドライバはVer1.21以上をご利用ください。
(注6)
プリンタ本体のRP-GL/2エミュレーション印刷条件設定項目を下記のように設定する必要があります。
・[6.プロッタID]は「7585B」 (中央原点)に設定してください。
・[47.原稿サイズ判定]を「Auto」に設定してください。
・定形、不定形混在データを連続で出力させたい場合は[43.紙サイズ切替]を「全自動カット」に変更してください。
・ペンの設定(ペン線幅・ペン濃度)は印刷条件設定項目ペン1~8設定の設定値が有効になります。
※詳細はRICOHプリンタ使用説明書<RP-GL/2編>を参照してください。
(注7)
プリンタ本体のRP-GL/2エミュレーションの印刷条件を下記のように設定する必要があります。
・[6.プロッタID]は「RP-GL/2 Type3」 (左下原点)に設定してください。
・[47.原稿サイズ判定]を「Auto」に設定してください。
・定形、不定形混在データを連続で出力させたい場合は[43.紙サイズ切替]を「全自動カット」に変更してください。
・ペンの設定(ペン線幅・ペン濃度)は[40.ペン設定選択]が「ソフトウェア」に設定されている時はCADアプリケーション側の設定、「印刷条件」に設定されている時は印刷条件設定項目ペン0~15設定の設定値が有効になります。
※詳細はRICOHプリンタ使用説明書<RP-GL/2編>を参照してください。
(注8)
・RPCSドライバ
出力データ周辺部がずれて全体が表示されない場合は、RPCSドライバアイコン印刷設定「初期設定」タブの[印字領域]を「最大」に設定してください。
不定形サイズを出図する場合は、予め不定形サイズの用紙をRPCSドライバに登録する必要があります。
(RPCSドライバアイコン印刷設定「初期設定」タブの「不定形サイズ登録」から登録してください。)
(注9)
プリンタ本体のRP-GL/2エミュレーション印刷条件設定項目を下記のように設定する必要があります。
・[6.プロッタID]は「7585B」 (中央原点)に設定してください。
・[23.ハードクリップ]を「用紙サイズ」に設定してください。
・[43.紙サイズ切替]を「全自動」に設定してください。
・[45.線属性設定]の[終端処理]と[接合処理]を「丸タイプ」に設定してください。
・[47.原稿サイズ判定]を「Auto」に設定してください。
・図面の中央に小さな要素しか存在しないような図面を出図するときは、 ダミー要素の作画が必要です。
・ペンの設定(ペン線幅・ペン濃度)は印刷条件設定項目ペン1~8設定の設定値が有効になります。
※詳細はRICOHプリンタ使用説明書<RP-GL/2編>を参照してください。
(注10)
・データ転送時にパネルにエラー「C3:パラメータ範囲エラー」が表示されますが、CAE2Dでペン8を利用しなければ問題ありません。
・コピーはBPコマンド方式を採用しています。pltoptの設定変更が必要です。
・線の太さが0.35mmを超える図面を出図する際は、[線属性設定]の変更が必要です。[線属性設定]の[終端処理]と[接合処理]を[丸タイプ] に変更してください(既定値は[指定なし])。

キヤノン販売株式会社殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
LBP-730PS A3 レーザ方式普通紙 RS-232C HP-GL × モノクロ
セントロ プリントマネージャ モノクロ

エプソン販売株式会社殿

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
LP-9000 A3 レーザ方式普通紙 RS-232C & Ethernet HP-GL × モノクロ

NEC

機種 サイズ 印字方式 インタフェース フォーマット ラスタ カラー/
モノクロ
MultiWriter2200NW A3 レーザ方式普通紙 セントロ プリントマネージャ モノクロ
MultiWriter2650 A3 レーザ方式普通紙 セントロ プリントマネージャ モノクロ
MultiWriter2800N A3 レーザ方式普通紙 Ethernet プリントマネージャ モノクロ
  • このホームページに記載されている会社名、略称名、商品名等は各社の商標または登録商標です。
  • 導入時には、各メーカーへ問い合わせて確認してください。

ページの先頭へ戻る