ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. 映像音声変換器等
  6. VSP-X1000 ADP
ここから本文です。

VSP-X1000 ADP アンシラリデータプロセッサ

補助データ領域で伝送される放送局間制御信号(ネットキュー)、字幕信号、CM確認信号パケットの重畳(インサータ機能)、または受信(デコーダ機能)が可能です。また、オプションでHD字幕から携帯字幕の生成/付加機能も搭載可能です。

VSP-X1000 ADPVSP-X1000 ADP

特長

放送局間制御信号、字幕、CM確認パケットの重畳、分離に対応
マスターシステムで使用される、放送局間制御信号(NET-Q)、HD/SD/携帯字幕信号、CM確認信号パケットの重畳、又は分離を1枚の基板で対応することができます。
また、局内時刻情報(BCD)を入力することにより、放送局間制御信号の発局時刻重畳も可能です。

携帯字幕変換オプション
携帯字幕データ変換オプション(ANC/ ANC変換)の搭載が可能です。
この機能により、入力されたHD字幕/SD字幕パケットのみの映像素材から自動的に携帯字幕データを生成/付加し、携帯字幕付き素材として出力することができます。

エマージェンシーバイパス機能
本線系統にはリレーバイパス回路を搭載し、電源断時には映像入出力を直結して出力することができます。

VSP-X1000 ADP 機能ブロック/カードパネル

仕様

型名 VSP-X1000 ADP VSP-X1000 ADP-CEL
映像フォーマット HD : 1080i/59.94, 1080i/50 (SMPTE292M準拠)
D1 : 525i/59.94, 625i/50 (SMPTE259M-C準拠)
入力信号
HD/SD-SDI入力 INPUT 1
75Ω BNC× 1系統
出力信号
HD/SD-SDI OUTPUT 1, 2
75Ω BNC× 2系統
リレーバイパス機能 電源断、外部制御により IN1→OUT1 にバイパス出力可能
リファレンス入力 なし
映像位相調整機能 最少遅延モード
1H遅延モード
局内時刻入力 BCD時刻信号(RS-422) Dsub-9pin x 1
ANC処理対象パケット
(動作モード設定)
放送局間制御信号パケット (スルー,多重、パケット消去)
HD/SD/携帯字幕パケット (スルー,組換多重、PC多重、パケット消去)
CM確認信号パケット (スルー,多重、パケット消去)
ANC信号規格 デジタルテレビネットキュー信号 NAB技術基準 T030-2003
放送局間の情報伝送に使用する補助データ運用規定 ARIB TR-B23
補助データパケット形式で伝送される放送局間制御信号の構造 ARIB STD-B39
補助データパケット形式で伝送されるデジタル字幕データの構造 ARIB STD-B37
機能/特性/オプション ①放送局間制御信号パケット制御項目
発局コード、発局時刻、映像モード、音声モード、Qトリガ(Q1-32)、スタータス(S1-32)
②字幕パケット制御項目(HD字幕、SD字幕、携帯字幕)
字幕パケット生成機能、字幕組指定変更機能、多重モード変更時のクリアスクリーン自動挿入機能、クリアスクリーン手動挿入機能、お詫び字幕送出機能、管理データ自動挿入機能
③CM確認信号パケット制御項目
系列指定、パケット重畳/受信出力
携帯字幕変換機能 なし HD/SD字幕データから携帯字幕データを生成
①自動モード
入力信号素材に携帯字幕パケットがない場合にHD/SD字幕から生成した携帯を重畳
②強制変換モード
HD/SD字幕から生成した携帯字幕で常時上書き
占有スロット幅 1
消費電力 24W(+12V/2.0A)
外形寸法 フロントカード : 114mm(W) x 15mm(H) x 340mm(D)
リアカード : 130mm(W) x 39mm(H) x 80mm(D)
質量 フロントカード 500g / リアカード 150g
動作温度/動作湿度 0~40℃/40~90% (結露しないこと)
実装フレーム MF730/optフレーム : 汎用14スロット、高さ3RU、480mm(W) x 132mm(H) x 500mm(D)
MF712フレーム : 汎用 3スロット、高さ1RU、480mm(W) x 44mm(H) x 500mm(D)
フレームオプション ①電源ユニット
730PS : MF730/opt フレーム用電源 二重化対応
712PS : MF712 フレーム用電源 二重化対応
②フレームコントローラ(下記いずれかをCPU/ALARM専用スロットに実装)
CPU700CF : PCコントロール、SNMPによるアラーム監視時にフレームに実装
ALARM700 : 接点によるアラーム監視時にフレームに実装
対応コントローラ
(対応 FWバージョン)
フレームコントローラ Ver.7.09 以降 (2011年6月)
RCS700 PCコントロールソフトウエア(Windows XP, 7 対応) Ver.1.0.8.7 以降 (2011年9月)
  • 既存のフレームに追加実装する場合、ファームの更新が必要となる場合があります。

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る