ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. コーデック・TS/IP変換
  6. VC-5360
ここから本文です。

VC-5360 MPEG-2 ENCODER

フレーム/フィールド構造適応方式を採用し、高画質を実現するマルチフォーマット対応のエンコーダです。デジタル放送の送出用途をはじめ、幅広いアプリケーションに最適です。

VC-5360VC-5360

特長

映像/音声符号化

  • 映像符号化
    フレーム/フィールド構造適応方式を採用し、地上デジタル放送用エンコーダで培った2パスアルゴリズム、特定色適応符号化アルゴリズム等を実装することで、低ビットレートでも高画質を実現します。
  • 音声符号化
    デジタル放送において広く採用されているMPEG-2 AAC LC Profile準拠方式に対応しています。最大2ESの符号化が可能です。

デジタル放送対応

  • 字幕データの送出
    デジタル字幕データ(ARIB STD-B37準拠)を映像信号から抽出し、放送字幕パケットとしてストリームに多重することが可能です。
  • 映像アスペクト/音声モード制御
    映像信号に重畳された放送局間制御信号(ARIB STD-B39準拠)に従い、映像アスペクト/音声モード制御をタイミングを合わせて行うことが可能です。

電源二重化

  • ホットスワップ可能なユニットタイプの電源を2式搭載しており、動作中の電源交換が可能です。

VC-5360 機能ブロック図/カードパネル

仕様

入力信号
  • 1080i serial digital component video
    Standard: SMPTE-274M、I/F: SMPTE-292M、Frame freq.: 29.97Hz、Interlace ratio: 2:1
  • 480i serial digital component video
    Standard: ITU-R BT.601、I/F: SMPTE-259M、Frame freq.: 29.97Hz、Interlace ratio: 2:1
  • 音声
    HD-embedded:BTA S-006B、SMPTE-299M (8ch)
    SD-embedded:SMPTE-272M (8ch)
  • 放送字幕
    ARIB STD-B37準拠
出力信号
  • MPEG-2 TS (Transport Stream)
    I/F:DVB-ASI
    Format:(204,188) or (188)、Mode:byte or packet mode
映像符号化
  • 符号化方式  MPEG-2 VIDEO(ISO/IEC13818-2準拠) MP@HL、MP@H14L、MP@ML
  • 映像サイズ(水平画素数 x 垂直画素数)
    1920 x 1080、1440 x 1080 (1080i)
    720 x 480、544 x 480 (480i)
  • Video ES bit rate 設定範囲 8 - 20Mbps (1080i )、1 - 15Mbps (480i)
音声符号化
  • 符号化方式 MPEG-2 AAC LC-profile準拠
  • 音声符号化モード 1/0、1/0+1/0、2/0、5.1ch etc.
  • 符号化形式 ADTS
制御信号
  • 符号化方式 MPEG-2 AAC LC-profile準拠
同期信号
  • STC/GOP 同期信号 ISO/IEC13818-1、DVB-ASI
  • リファレンス信号 RS-170A-compliant analog black burst signal
動作温度
  • 0 ~ 40℃
電源定格 / 消費電力
  • 85 ~ 264VAC 50/60Hz / 225VA以下
外形寸法 / 重量
  • 88(H) x 430(W) x 590(D) / 15kg以下

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る