ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. 映像音声変換器等
  6. VA PROBE
ここから本文です。

VA PROBE 映像音声監視装置

映像、音声、補助データの異常を検出して、外部に通知します。回線からの入力素材の異常検出、冗長したシステム構成の運用比較監視など様々なご用途でご使用頂けます。

VA PROBEVA PROBE

特長

様々なパラメータを使用した検出アルゴリズム
映像
Y/Cb/Cr毎に画面全体/ブロック単位で動き量/平均値変動/平坦度/エッジ傾斜のパラメータを算出して映像異常を検出します。
音声
音声波形を様々なウィンドウパターンで比較し、音声異常を検出します。

監視領域の設定
映像は監視対象外領域(マスク領域)を最大8個所、音声はチャンネル単位毎に監視ON/OFFの設定が可能であり、監視対象外の不要なアラーム発生を抑制することが可能です。

アラーム監視機能
映像音声監視装置と制御端末を接続することにより、各装置から発生したアラームの発生/回復ログの確認ができます。上位アラーム監視端末へのアラーム転送では各項目のアラームの重みづけを自由に設定することが可能です。

VA PROBE システム構成例/カードパネル

仕様

型名 VA PROBE TYPE-A(単独監視) VA PROBE TYPE-B(比較監視)
入力映像フォーマット HD : 1080i /59.94 1系統 (SMPTE292M準拠) HD : 1080i /59.94 2系統 (SMPTE292M準拠)
音声監視CH 16ch
音声サンプリング周波数 :48kHz
8ch
音声サンプリング周波数 :48kHz
遅延調整   0秒~30秒
監視項目 <映像>
SDIフォーマット
映像フリーズ/ショートフリーズ
映像ブラック
映像ぼやけ
光点滅
サブリミナル
カラーバー検出
シーンチェンジ異常
<音声>
音声パケットフォーマット
無音
1kHz混入
フルビットエラー
音声ノイズ
<補助データ>
NETQパケットフォーマット
字幕パケットフォーマット
<その他>
周波数偏差
<映像>
SDIフォーマット
PSNR
ぼやけ
フリッカ
映像ミスマッチ
<音声>
音声パケットフォーマット
無音
音声ミスマッチ
<補助データ>
NETQパケットフォーマット
NETQデータ比較
字幕パケットフォーマット
字幕重畳状態
<その他>
周波数偏差
リファレンス入力 ブラックバースト入力 75Ω BNC x 1(CPU/ALARM CARD)
占有スロット幅 1
消費電力 24W(+12V/2A) 24W(+12V/2A)
外形寸法 フロントカード
114mm(W) x 15mm(H) x 340mm(D)
リアカード
130mm(W) x 39mm(H) x 80mm(D)
フロントカード
114mm(W) x 15mm(H) x 340mm(D)
リアカード
130mm(W) x 19mm(H) x 80mm(D)
質量 フロントカード 500g / リアカード 150g
動作温度/動作湿度 0~40℃/40~90% (結露しないこと)
実装フレーム MF730/optフレーム : 汎用14スロット、 高さ3RU、 480mm(W) x 132mm(H) x 500mm(D)
MF712フレーム : 汎用 3スロット、 高さ1RU、 480mm(W) x 44mm(H) x 500mm(D)
フレームオプション ①電源ユニット
730PS : MF730/opt フレーム用電源 二重化対応
712PS : MF712 フレーム用電源 二重化対応
②接点出力(専用スロットに実装)
ALARM700 : 接点による電源/FANアラーム監視
対応ソフト QCmanager
コントロールソフトウエア(Windows 7 対応)

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る