ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. 光伝送機器
  6. NOIF3000
ここから本文です。

NOIF3000 CWDM光波長多重伝送ユニット

CWDM技術を用い、1本の光ファイバで最大16chまでの映像を伝送できます。
MF700シリーズフレームに搭載しますので、各種映像音声変換ユニットとの混在実装が可能です。

MF730
光・変換器共通フレーム
(3RU、14SLOT)

MF712
光・変換器共通フレーム
(1RU、3SLOT)

4ch CWDM E/O CARD
(1470/1490/1510/1530nm)

4ch CWDM O/E CARD
(1470/1490/1510/1530nm)

特長

マルチフォーマット対応
非圧縮HD/SD-SDI、DVB-ASIに対応しており、フォーマットは自動検出

最大16波長のCWDMに対応
1.5μm帯、1.3μm帯のCWDMに対応し、4波長から最大16波長の多重伝送が可能

高密度実装

3RUフレームは4波長多重カードを14枚(56ch)、1RUフレームでは3枚(12ch)実装可能

高出力光インターフェースを搭載
60kmまでの長距離伝送や光信号による分配システムの構築が可能

CWDM Mux/Demuxまでも基板上に搭載した完全なCWDMパッケージ

A/D、D/AなどのMF700シリーズの変換カードとの混在実装が可能

仕様

項目 仕様
伝送信号フォーマット
(自動検出)
HD-SDI(1.485,1.485/1.001Gbps)
SD-SDI(270,177,143Mbps)
DVB-ASI(270Mbps)
最大伝送数
(フレーム当り)
  • 3RUフレーム 56ch(4波長多重、14枚実装時)
  • 1RUフレーム 12ch(4波長多重、3枚実装時)
カード実装条件 活線挿抜可能
E/O,O/E混在実装可能
MF700変換カードの実装可能
波長多重数
  • 1.5μm帯 4~8波長
  • 1.3μm帯 4~8波長
(波長間隔20nm,最大16波長)
CWDM Nux/Demux 多重損失:5.0dB(Mux-Demux間、4波長多重時)
有効パスバンド:±6.5nm
隣接アイソレーション:30dB以上
光送信素子(LD) 1.5/1.3μm帯DFB型レーザダイオード
(シングルアイソレータ内蔵)
光受信素子(PD) Pinフォトダイオード
光出力レベル -1.0~-2.0dBm/波長
(E/Oカード入力端にて、4波長多重時)
光受信レベル -1.0~-20.0dBm/波長
(O/Eカード入力端にて、4波長多重時)
伝送路許容損失 18.0dB(4波長多重時)
最大伝送可能距離 60km(1.5μm帯、4波長多重時)
  • 伝送路損失0.3dB/kmで計算
光ファイバ シングルモード
光入出力コネクタ SC/PC
アラーム出力
  • E/Oカード
    SDI入力断、レーザー出力異常
  • O/Eカード
    光受信レベル低下、SDI受信断

構成図

ページの先頭へ戻る