ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 用途でさがす
  5. ファイルベース
  6. トータルニュースシステム
ここから本文です。

トータルニュースシステム

ニュース番組を制作・送出、更には保管する中で、更なる「正確さ」と「早さ」が求められています。
NECはファイルベースシステムを有機的に実現するために、編集・送出・OTC・アーカイブの各システムを提案します。

特長

編集/送出システム

高信頼性のNEC製ビデオサーバArmadia™を採用

編集機とのメタ連携、MXFファイルでの高速転送が可能。
ストレージは用途に合わせてフラッシュメモリまたはHDDを選択可能。

あらゆるシステム構成に柔軟に対応

編集機、素材サーバ、送出サーバ、アーカイブを運用に応じて最適なシステムをご提案。

キューシート作成/OTCシステム

  1. OAでの操作性を重視
    操作卓でのNEXTポイント変更・項目移動がタッチパネル操作で容易に可能。

  2. 緊急割り込みも容易
    16分割端末をタッチすれば、映像・音声連動で簡単に割り込みが可能。

  3. OA中のキューシート変更が可能
    OA中でも、キューシート作成側から追加・変更・削除が可能。変更結果は、即座にOTCに反映。

  4. 多彩な制御
    SW'er、Mixerはもとより、VTR、サーバ、テロップ、カメラ雲台など、周辺機器の制御も充実。
    先読みスタンバイや、プリスタート、リアル時刻指定でのスタート制御も可能。

構築例

構築例

全体ワークフロー

全体ワークフロー

ニュースOTCシステム

ニュースOTCシステムは、項目表作成からON AIRまでの情報管理を一元化し、ニュースOAにかかわる情報データ、ニュース素材をトータルに管理することで省力化を実現します。

特長

項目表作成からON AIRまで報道業務をサポート

全体構成

項目表・キューシート

  • キューシート作成画面は、手書きで見慣れた横進行画面を採用。また、縦進行画面も選択することが可能。
  • Windowsベースの使い慣れた画面構成を持ち、簡単な操作でデータの作成が可能。
  • 過去のデータを有効に使用して、定型作業の省力化を実現。
  • 番組の制作状況は、項目表でいつでもオンラインで確認可能。
  • 編集に必要なサーバ素材や、テロップ発注を自動生成。
  • 支社端末からも、ISDN、DSL、FTTH回線を使用しすべてのデータを扱うことが可能。
  • すべてのデータは、10年以上保管可能。
  • ハードウエアは、クライアント/サーバをそれぞれに定評と実績のあるPC98-NX/Express5800を使用。
  • 取材管理、原稿管理、素材/送出サーバシステム、ノンリニア編集システム、ライブラリーシステムと連携して、データを共有することが可能。

OTC

  • 項目表、キューシート作成で構成されたキューシートに基づき、自動運行を行う。
  • アナウンサーの読みに合わせたアンタイムTAKE操作でオンエアが可能。
  • キューシート運行端末上でのデータ変更により、番組項目の送出順をワンタッチで変更可能。
  • 本番のキューシートを使用して、リハーサルを行う。
  • ノンリニア編集と送出サーバの巧みな連携により、OA時のVTR入れ替えが作業が不要。(オプション)
  • キューシート運行時の割り込みやマニュアル運行は、16分割端末でのタッチパネル操作で簡単に送出可能。
  • OA時は、送出サーバや周辺機器(VTR,CG,AF など)をすべて連動制御。
  • 映像/音声のマニュアル操作卓も用意し、OTC運行とマニュアル運行の併用が簡単に行うことが可能。
  • OTC本体PCには、産業用として実績のあるFC98-NXを使用し、フレーム制御が可能なリアルタイムOSを採用。
  • 弊社製デジタルスイッチャ(HDTS-3000)とは高速LANで接続され、ほとんどすべてのスイッチャ操作がタイムラグなしにOTCから制御可能。

OTC

ページの先頭へ戻る