ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. 多重化機器
  6. MX-3600
ここから本文です。

MX-3600 MPEG2-TS多重化装置

エンコーダ、データ放送送出装置、SI/EPG送出装置、文字字幕送出装置等から入力されるMPEG2-TS形式の信号を多重して出力する装置です。

MX-3600MX-3600

特長

入力ビットレートリミッタ機能
各TS入力ポート毎にビットレートリミッタ機能を有しています。
設定したビットレート以上のデータが入力された場合、多重制限を行うことにより、他のポートの多重処理に対して影響を与えません。

小型ながら多機能
1Uサイズながら最大10ポートまで多重することができます。
PIDフィルタリング/付替え機能、外部同期機能や、時刻同期・TOT・PCRの生成多重機能も搭載しています。
PSI/SI情報はTSでの入力に加え、外部制御装置から設定したものを多重出力することが可能です。

最大200Mbpsの高速レート出力
400Kbps~200Mbpsのレート出力まで対応可能です。

MX-3600 機能ブロック図MX-3600 機能ブロック図

MX-3600 前面MX-3600 前面

MX-3600 背面MX-3600 背面

仕様

入力信号 (1) 多重データTS (Transport Stream) 信号
MPEG2-TS,DVB-ASI MX-3600: 最大10系統 (※1)
出力信号 (1) 多重データTS (Transport Stream) 信号
MPEG2-TS DVB-ASI 3系統 (※2)
同期信号 (1) STC/GOP同期信号
MPEG2-TS,DVB-ASI 1系統 (※3)
(2) 外部10MHzクロック信号
0.8Vp-p/75Ω,周波数±0.1ppm 1系統
(3) 時計情報
RS-485,BCD, 通信速度:2400bps,非同期(調歩同期) 1系統
制御信号 (1) LAN制御 (XCONTボード経由)
Ethernet 100Base-TX 1系統
(2) アラーム信号 (XCONTボード経由)
無電圧接点, オープンコレクタ 1系統
(3) VBRデータ多重情報 (オプション)
RS-422 4系統
動作温度 5 ~ 40ºC
電源 AC 85 ~ 264V 50/60Hz 単相
消費電力 100VA以下
外形寸法 XF-712筐体 (1U) に実装: 480(W) × 44(H) × 525(D) mm
重さ XF-712筐体 (1U) に実装: 9kg以下
  • 1
    (1) バーストモード(バイトモード)およびパケットモードに対応。
    (2) 188byte形式および204byte形式に対応。(RS誤り訂正機能なし)
    (3) 1ポートで最大4プログラム,PID16種類まで対応。(個別指定、範囲指定)
    (4) 入力数は標準4ポート、オプション(MUXIFボード)にて最大10ポートまで拡張可能。
  • 2
    (1) 188byte形式パケットモードに対応。
    (2) 出力TSビットレートは約400kbps~200Mbpsまでに対応。
  • 3
    (1) 188byte形式、パケットモードに対応。

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る