ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. サブ・スイッチャ
ここから本文です。

HDTS-2000 デジタルプロダクションスイッチャ

HDTS-2000シリーズは、デジタル放送時代を見据え各種信号フォーマットに対応した次世代のマルチフォーマットデジタルプロダクションスイッチャです。コントロールパネルは、シンプルかつ迅速な操作性で高い評価を得ており、スタジオサブ、ニュース送出などライブ用途に最適です。

HDTS-2000 メインフレーム8RU棚HDTS-2000 メインフレーム8RU棚

HDTS-2000メインフレーム12RU棚HDTS-2000メインフレーム12RU棚

特長

コントロールパネル、本体をシリーズ化
システム構成に合わせてコントロールパネルを2MK/3MK、クロスポイント40釦/32釦/30釦/24釦/16釦から、本体のサイズを8RUと12RUの2種類の筐体から選択可能になり、大規模から中規模まで柔軟に対応できるようになりました。

シンプルかつ迅速な操作性
迅速なオペレーションが必要な機能は、釦としてパネル面に配置し、ダイレクト選択が可能としました。
また、多彩な映像効果をEFCTモードとし、MIX、WIPEなどのトランジションと同様に釦ひとつで呼び出すことを可能にしました。
これにより編集でないと行えなかった複雑な効果を生放送で簡単に再現することができるようになりました。

多機能・高性能MKを装備、新機能・新効果の実現
各MKにワイプ発生器2ch、キーヤー2chを装備。
MK及びDVE合成機能の充実、新効果・新機能の追加により、多彩な番組制作に対応します。
USK機能により、MK列を専有することなく素材スーパーに対応可能です。

最大72のプライマリー入力 4MK・8DVEまで拡張可能(12RU棚使用時)
最大72のプライマリー入力まで対応可能です。
最大4MKまで拡張可能で、PGM列によりどのMKも最終段に設定ずことが可能です。
DVEは最大8chまで増設可能でフルフローティングで各MKに割付可能です。

マルチフォーマット対応
480i,1080iのSDTV/HDTV方式に対応します。

静止画メモリ/動画メモリ(オプション)を内蔵

静止画送出機能(オプション)
標準で装備している豊富な静止画メモリーを、多彩な機能を備えた静止画ファイルシステムとして使用できます。送出リストに従った静止画送出だけでなく、タッチパネルにより、カルタ取りの要領で静止画をランダムに送出することも可能です。

4:3素材対応
アップコンバートした入力素材(4:3素材)に対応し、番組制作の幅を広げます。(4:3WIPE波形、4:3制作モード、両袖スーパー、サイマル機能など)

システム位相に柔軟に対応
AVDL機能により、システム位相に柔軟に対応します。

複数のコントロールパネルを接続可能
標準の2MK/3MKコントロールパネルに加え、小型の1MKコントロールパネル(オプション)を制御LANに接続することにより、複数のコントロールパネルから本体を制御することが可能です。

ライブスイッチャとしての信頼性を向上
瞬停などの不慮の事態に備えて、立ち上げ時間を4秒に抑え、さらに、レジューム機能(最後の状態を保持したまま立ち上がる)を持たせることで、ライブ環境での信頼性を向上させています。

構成

入力数 16~72入力(8RU棚使用時は最大48入力)
MK構成 3MK/3MK+2DSK/4MK※/4MK+4DSK※
DVE 0~8ch(フローティング方式)
(8RU棚使用時は最大2ch(HD),4ch(SD))
  • 12RU棚使用時のみ可能

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る