ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. 光伝送機器
  6. GPI800-OTX12
ここから本文です。

GPI800-OTX12 接点信号用 光送信ユニット

GPI800-OTX12 接点信号用光送信ユニットは、MF820フレームに実装可能な電気-光変換ユニットです。
接点信号を最大12ch多重して光信号に変換します。

GPI800-OTX12GPI800-OTX12

特長

12本の接点信号を光伝送
オープンコレクタ入力(GND共通)の場合、最大12chの接点情報を多重して1本の光ファイバで伝送することができます。また、設定によりリレー接点入力(GND独立)にも対応しており、最大6chの伝送が可能です。

フロントアクセス構造によるメンテナンス性の向上
実装基板のアクティブデバイスは棚前面側の基板に搭載しているために挿抜が容易で、故障時のユニット交換など保守性に優れた構造です。

VDA、光伝送カードとの混在実装
3G/HD/D1-SDI、RS-232C/422、ギガイーサネットなどの多彩な光伝送ユニットやVDA,DDAなどと混在実装が可能です。MF800シリーズを使用することにより、多様な信号に対応した伝送/分配システムの構築が容易です。

GPI800-OTX12 機能ブロック図/カードパネル

仕様

型名 GPI800-OTX12-1310 GPI800-OTX12-1550
入力信号

オープンコレクタ入力(GND共通)x12ch 又はリレー接点入力(GND独立)x6ch

(基板SWによる切替式)

出力信号

光出力 SCコネクタ x 1
入力信号特性
(接点入力信号)
オープンコレクタ入力時 : 共通COM端子に対し短絡またはオープン
(Loレベル電圧 +0.7V以下)
リレー接点入力時 : 個別COM端子間に電圧を印加
(最大印加電圧+12V, Hiレベル+3.3V以上)
最大伝送距離 20km 60km
送信光波長 1310±40nm 1550±40nm
スペクトル半値幅 10nm 1nm
光出力レベル -3.0~-9.5dBm  (Typ.  -6.0dBm) 0~+5dBm
伝送路許容損失 10.5dB (GPI800-ORX12対向時) 19dB(GPI800-ORX12対向時)

光コネクタタイプ

SC/PC
適応光ファイバ シングルモードファイバ
リファレンス入力 なし
アラーム出力項目 光出力異常、リアカード組み合わせ不一致
オプション なし
占有スロット幅 1
消費電力 2.3W(+12V/0.19A)
動作温度/動作湿度 0~40℃/40~90% (結露しないこと)
外形寸法 フロントカード 72mm(H) x 377mm(D)
リアカード 81.2mm(H)  x   28mm(D)
質量 フロントカード 250g / リアカード 100g
実装フレーム MF820フレーム : 汎用10スロット、 高さ2RU、 480mm(W) x 88mm(H) x 470mm(D)
フレームオプション ①電源ユニット
MF712PS : MF712/820 フレーム共用電源 二重化対応
②フレームコントローラ
MF820CPU : PCコントロール、SNMPによるアラーム監視時にフレームに実装
対応コントローラ
(対応 FWバージョン)
MF820フレームコントローラ
  • 既存のフレームに追加実装する場合、ファームの更新が必要となる場合があります。

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る