ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. その他単体機器
  6. DV700HD-Mlt(TYPE-B)
ここから本文です。

DV700HD-Mlt (TYPE-B) マルチビューワ装置

DV700HD-Mlt(TYPE-B)は、D1-SDI/HD-SDI/3G-SDIの映像信号をレイアウトを自由に最大40chまでを縮小合成し、4Kモニタ等に表示する装置です。

DV700HD-Mlt (TYPE-B)DV700HD-Mlt (TYPE-B)

特長

ユニット組み合わせによる最適な装置構成
入力ユニットは拡張構造(最小4ch単位の拡張)を採用していますので、表示チャンネル数に応じて最適な入力ユニット数を選択できます。
また、出力ユニットは冗長構造(2台構成)を採用していますので、1台が故障した際にも、もう1台に画像を移動し監視を行うことができます。

レイアウト編集ソフトによる自在な画面レイアウト
付属のレイアウト編集ソフトを用いることで、映像フレーム、音声レベルバー、テキストボックス(1出力:最大80箇所)のレイアウトを任意の位置、サイズで配置し表示できます。
また、時計表示機能もありますので、モニタで時刻監視することも可能です。
なお、テキストボックスは、漢字、英数字、カナ等の文字に対応しています。

4K表示対応

  • HDTV時、マルチ表示が可能
出力ユニットは、4K表示(HDTVの4倍の解像度)に対応していますので、高精細な画像での監視ができます。
また、4系統の出力があり、HDTV表示時には出力間で映像フレームを自由に配置できるマルチ表示が可能です。
なお、装置出力は、4K表示時は最大2系統、HDTV表示時は最大4系統となります。

装置構造

表示画面例

仕様

仕様 INPUT4 INPUT8 OUTPUT GPI-IN
入力信号 SDI      3G-SDI/HD-SDI/D1-SDI(自動切替式) 75Ω不平衡 4系統 8系統
基準同期    ブラックバースト信号(CPUユニットより入力) 1系統 1系統 1系統
出力信号 SDI      3G-SDI(4K時、田の字方式)/HD-SDI  75Ω不平衡 2系統 4系統 4系統
映像フレーム 拡大、または縮小による合成 4箇所 8箇所
音声レベルバー エンベデット音声(8ch) ※1入力あたり最大2箇所 8箇所 16箇所
テキスト 20文字
JISX0208:1997準拠(JIS第一、第二水準漢字、非漢字)
JISX0201-1997準拠(半角カナ文字)
20箇所 20箇所 80箇所

50文字 ※スクロール可能
JISX0208:1997準拠(JIS第一、第二水準漢字、非漢字)
JISX0201-1997準拠(半角カナ文字)
5箇所
時計 アナログ時計 3種類の時計を内蔵 1箇所
デジタル時計 3箇所
背景画像 ビットマップ 1920×1080画素(4K時、3840×2160画素) 8種類
外部制御入力 リレー接点、またはTTLレベル 4系統 4系統 4系統 20制御

構成

INPUT4 HPH-7477A フロントカード、HPH-7478A リアカード 各1枚
INPUT8 HPH-7477A フロントカード、HPH-7484A サブカード、HPH-7478A リアカード、HPH-7478B リアカード 各1枚
OUTPUT HPH-7477B フロントカード、HPH-7484B サブカード、HPH-7479A リアカード 各1枚
GPI-IN HPH-6034B リアカード 1枚

DV700HD-Mlt TYPE-B フレーム

実装カード数 ①INPUT4/8(最大5枚)、OUTPUTユニット(最大2枚)、GPI-INユニット(最大2枚)
動作温度 0℃~40℃
構成 ①フレーム:1台、②電源ユニット:2台(二重化構造)、③CPUユニット:1台
外形寸法 高さ:132mm(3RU)、横幅:480mm、奥行き:500mm
電源 電源電圧範囲:AC85V~264V、周波数:47Hz~63Hz、消費電力:500VA(最大負荷時)※
  • 電源項に記載の消費電力は最大負荷時の値で、実装カード数により消費電力は変わります。
  • レイアウトを編集するためのソフトウェアは添付品ですが、インストールするPCは別途必要となります。

DV700HD-Mlt (TYPE-B) ユニット実装 / 背面コネクタ

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る