ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. ビデオサーバ
  6. Armadia ff BS-2000 ビデオサーバ
ここから本文です。

Armadia ff BS-2000 ビデオサーバ

アルマディアff ロゴ

先進のfile based workflow/flexibilityを実現
~放送は更なるステージへ

BS-2000ビデオサーバBS-2000 ビデオサーバ

特長

4K/UHD対応モデル

BS-2000 ビデオサーバBS-2000 ビデオサーバユニット

  • マルチビデオコーデックは、XDCAM、XAVC、AVC-intra、AVC-LongG、MPEG2に対応し、一つのポートで収録、または再生が可能です。
    ソフトウェアアップグレードにより、4K/UHD対応の2chビデオサーバとして動作します。XAVC 4K、AVC Intra 4Kのファイルに対応します。
  • 音声はPCM信号で、16/24bitを2,4,8,16ch記録できます。
  • ARIB方式のVアンシラリ信号を記録できます。
  • 字幕後入れなどのアプリケーション機能用途のため、アンシラリデータを差し替えることが出来ます。
  • スタンドアロンではビデオサーバ本体に内蔵した小規模ストレージ(600GB SAS HDDまたは100GB Flash SSD)で2ポートまたは4ポートの収録、再生が可能です。(4K/UHDでは2ポート)
  • ビデオサーバ本体ストレージは、RAID6(HDD)またはRAID5(SSD)で冗長化されています。
  • GbEネットワークポートでMXFファイル転送が可能です。
  • GbEポートはチーミングで冗長化されています。
  • 外部の大容量・共有ストレージSS-2000にビデオサーバ装置を複数台接続しクラスタシステムを構築できます。
  • SS-2000には、600GB SAS HDD 24ドライブ、または、200/400GB Flash SSD 24ドライブを搭載できます。
  • 外部ストレージは、6ドライブずつ、RAID6(HDD)またはRAID5(SSD)で冗長化されています。
  • 外部ストレージは拡張ユニットで拡張可能です。6ドライブ~120ドライブまで増設可能です。
  • ビデオサーバは3台、12ポートまで拡張可能です。(4K/UHDでは6ポート)
  • 更にオプションのFSSユニット(2U)を追加することで、SANシステムを構築し、ビデオサーバ8台、HDD/SSDを192ドライブまで拡張可能です。
  • ビデオサーバとはFibre Channel 8Gbで接続します。二重化接続が可能です。

仕様

項目 BS-2000 ビデオサーバ
外形寸法 87(H)×446(W)×530(D)mm 2Uサイズ
電源電圧 AC 100V~127V、200V~240V、50/60Hz
消費電力 300W以下
HDDストレージ容量 75時間(XDCAM50相当)
SSDストレージ容量 16時間(XDCAM50相当)
I/O信号 CODEC系統 2 または 4
SDI×(3 CODEC系統当たり)
エンコーダ時: D1/HD SDI入力、LTC入力
デコーダ時:D1/HD SDI出力×(3 本線、モニタ)
Fibre Channel 4/8Gb×2
1000BaseT ネットワーク×4

対応コーデック
MPEG2 HD I-Only: 80/100Mbps, MPEG2 SD I-Only: 30/40/50Mbps, MPEG2 SD Long GOP: 8/10/15Mbps, XDCAM HD/422HD(35/50Mbps), AVC Intra Class 50/100(50/100Mbps), XAVC Intra Class 100(100Mbps), AVC LongG Class G6/G12/G25/G50(6/12/25/50Mbps), 4K, AVC Intra Class 4K4:2:2(800Mbps), XAVC Intra Class 300/480(600/960Mbps)

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る