ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 用途でさがす
  5. ファイルベース
  6. バンクシステム
ここから本文です。

バンクシステム

VTRテープをベースにしたファイリングに加え、ファイルメディアおよびIP等で搬入される素材のファイリングにも柔軟に対応することが可能な統合(CM/番組/VAF)型バンクシステムをご提供しております。システム内のハードウェア、ソフトウェアの各種コンポーネントをほぼ自社製品で構成し、長期安定運用を実現しております。また、ファイリングした素材を目視でプレビューし確認することなく、素材(ファイル)の品質を自動的にチェックするためのクオリティチェッカーを組み込み運用の大幅な効率化を実現しております。

特長

  • 素材サーバと送出サーバを分離し、容量の拡張性、送出の安定性、コストの最適化を全て網羅したHybrid Bank Systemを実現
  • 番組バンクを先行して整備した後にCM、VAFの機能をアドオンするなど、運用形態・各局様環境に応じて柔軟にシステム構築を行うことが可能です。
  • 収録、送出部分には自社製ビデオサーバ(Armadia ff)を使用しており、高い信頼性を確保しています。特に、OAに直結する送出用ストレージはビデオサーバ内蔵のSSDとしており、送出の安定性を実現しています。
  • 字幕、CM確認コードの重畳をベースバンドではなくファイルで行うことが可能であり、今まで実時間をかけて行っていた字幕の差替え作業なども大幅に効率化することが可能です。
  • トランスコーダ、クオリティチェッカー、ファイルベース用プレイヤーなどファイルベースシステムの主要コンポーネントソフトウェアも自社開発し、システムに組み込んでシステムアップすることが可能です。
  • 素材サーバはCMオンライン搬入や4K素材の搬入も視野に入れ、他システムとの連携を行うことを前提として柔軟な拡張性を実現しています。
入出力I/F ベースバンド HD-SDI 1080i
ファイル XDCAM HD422*1、P2HD*2
ファイリング方式 映像 : MPEG2 422P@HL、MP@HL LONG GOP18~50Mbps、I frame only 50~100Mbps
音声 : 非圧縮
記録媒体 素材サーバ : ハードディスク(分散型冗長)
送出サーバ : フラッシュメモリディスク(RAID5)またはハードディスク(RAID6)
記録容量 素材サーバ : 約1,400時間 (HD素材(50Mbps)換算)
送出サーバ : 約64時間 (HD素材(50Mbps)換算)    (注)何れも容量拡張可能
機能 ファイリング(テープ、LINE、ファイル)、プレビュー、オンエア、素材管理、検尺、字幕重畳、CM検証、一時保管、
低レゾ作成、クオリティチェック、システムサポート他
冗長系 システム二重化(三重化オプション)

*1  XDCAMはソニー株式会社の登録商標です。     *2  P2HDはパナソニック株式会社の登録商標です。

バンクシステム標準系統

ページの先頭へ戻る