ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 放送映像機器・サービス
  4. 製品種別でさがす
  5. 映像音声変換器等
  6. AUDAD700
ここから本文です。

AUDAD700 音声A/Dコンバータ

AUDAD700は、MF730/712フレームに実装可能な音声用A/Dコンバータです。
4chのアナログオーディオ信号を2系統のAES/EBU規格のデジタルオーディオ信号に変換します。

AUDAD700AUDAD700

特長

高品質なデジタル化処理
分解能24ビット/48kHzサンプリングに対応するエンハンストデュアルビットΔΣ変換方式を採用し、4chのアナログオーディーオ信号を高精度・低歪率でデジタルオーディオ信号に変換することができます。

音声遅延調整機能/無音検知機能
0~30ms/2msステップの遅延調整機能を搭載しており、音声チャンネル間の位相差補正や映像信号と音声の遅延を合わせることが可能です。
また、無音検知機能を搭載しており、無音アラームの出力が可能です。

変換器ユニットとの混在実装
MF730 / 712フレームに実装可能で、MF700,VSP,NOIFシリーズのユニットと混在実装が可能です。

仕様

型名 AUDAD700
入力信号 アナログオーディオ信号 4系統、600Ω平衡 又は 50kΩ Dsub-15pin x 1
出力信号 AES-3ID 2系統(4ch) 75Ω BNC x 2
外部制御 I/F なし
リファレンス入力 ブラックバースト 75Ω BNC x 1 ループスルー付き
音声信号形式/入出力特性 ①音声入力特性 (アナログオーディオ特性 )
許容入力レベル : +20dBm
基準入力レベル : +4dBm/0dBm (600Ω平衡)
周波数特性 : 20Hz~20kHz ±0.1dB
歪率 : 0.03%以下(1kHz、基準0dBm入力時)
S/N : 90dB以上
L/R間位相差 : 0.5゜以内(1kHz A/D、D/A接続)
L/R間クロストーク : 90dB以上(8kHz時)
②音声出力特性 (AES-3ID)
量子化ビット数 : 20/24ビット
サンプリング周波数 : 48kHz
機能 音声調整機能
遅延調整 0~30ms /2ms ステップ
位相反転機能 無音検知アラーム機能
無音検知アラーム出力機能
無音検知レベル設定 -40dBFS ~ -55dBFS / 1dBFS ステップ
無音検知時間設定 1秒 ~ 180秒
占有スロット幅 1
消費電力 12W(+12V/1.0A)
動作温度/動作湿度 0~40℃/40~90% (結露しないこと)
外形寸法 フロントユニット 114mm(W) x 15mm(H) x 340mm(D)
リアユニット 130mm(W) x 19mm(H) x 80mm(D)
質量 フロントユニット 400g / リアユニット 150g
実装フレーム MF730フレーム : 汎用14スロット、高さ3RU、480mm(W) x 132mm(H) x 500mm(D)
MF712フレーム : 汎用 3スロット、高さ1RU、480mm(W) x 44mm(H) x 500mm(D)
フレームオプション ①電源ユニット
730PS : MF730/opt フレーム用電源 二重化対応
712PS : MF712 フレーム用電源 二重化対応
②フレームコントローラ(下記いずれかをCPU/ALARM専用スロットに実装)
CPU700CF : PCコントロール、SNMPによるアラーム監視時にフレームに実装
ALARM700 : 接点によるアラーム監視時にフレームに実装
対応コントローラ
(対応 FWバージョン)
フレームコントローラVer.3.03 以降 (2005年12月)
RC500/700 リモコンVer.3.03 以降 (2005年12月)
RCS700 PCコントロールソフトウエア(Windows XP, 7 対応) Ver.0.2.3.9d 以降(2005年11月)
  • 既存のフレームに追加実装する場合、ファームの更新が必要となる場合があります。

カタログダウンロード

ページの先頭へ戻る