ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. NECの生体認証ソリューション
  4. 顔認証
  5. 製品ラインナップ
  6. 顔認証PCセキュリティ「NeoFace Monitor」
ここから本文です。

顔認証PCセキュリティソフトウェア 「NeoFace Monitor」

NeoFace Monitor カメラに顔を向けるとログオン。起動時からログオフまで、顔認証でPCの大切な情報を守ります。

特長

NECの顔認証エンジンを採用した顔認証PCセキュリティソフトウェアにより、PCのセキュリティを強化します。

  • *1待機状態から認証可能状態に切り替えるためにはキーボードまたはマウスの操作が必要です。
  • *2あらゆる不正ログオン防止を保証するものではありません。
  • *3監視間隔は設定により変更可能です。

NECが開発した世界最高レベルの顔認証技術を採用

米国政府機関主催の顔認証技術ベンチマーク(NIST-FIVE)でNo.1評価を獲得したNECの顔認証エンジンNeoFaceを本製品に搭載しました。

  • 米国国立標準技術研究所 Face In Video Evaluation (2017年報告)

ユーザ機能

OSログオン・ロック解除

パスワードを入力しなくても、カメラに顔を向ける動作で端末へログオン、ロック解除が可能です。
長いパスワードを入力したり複雑なパスワードを考える必要はありません。

顔認証でロック解除をします

  • 待機状態から認証可能状態に切り替えるためにはキーボードまたはマウスの操作が必要です。

二要素認証

顔認証に加え、ID/パスワードを組み合わせた二要素認証でセキュリティレベルを強化できます。

ID/パスワードプラス顔認証で、セキュリティ強化ができます

常時監視

ログオン後、利用者の顔を一定間隔で顔認証します。利用者の離席時や、未登録ユーザ使用時に常時監視機能で認証NGとなった場合に、画面をロックします。顔認証がNGとなった場合、未登録ユーザの顔画像をログとして保存することも可能です。これによりロック忘れ等による離席中の他人の不正利用を防止します。

離席時は自動的にロックし、他者の不正使用を防止します

経年変化対応

一定期間ごとにログオン時の顔画像をデータベースに自動登録する機能です。これにより、最新の顔画像が登録され、経年変化による認証失敗を軽減します。

写真や動画によるなりすまし対策

顔写真などをカメラに向けてログオンしたり、PCの不正使用を防止するために顔の動きをチェックする機能を搭載。写真や動画によるなりすましや不正使用を防止します。

  • 顔動き検知機能
    ログオン・ロック解除時に顔の動きをランダムに指示。
    指示された動きが正確に行われたかを検知して、なりすましによる不正使用を防止します。

専用カメラが不要

PC内蔵カメラまたは市販のWebカメラを使って、顔認証による端末のセキュリティの強化を図ることが可能です。

オフライン利用(ドメインログオン構成時のみ)

クライアントPC内のキャッシュ情報を使ってログオンする機能です。外出時やネットワーク障害時などサーバに接続できない場合でも、オフラインでの利用が可能です。

システムと連携することでセキュリティ強化と利便性を向上

  • 業務アプリケーションとの連携
    ID/パスワードが必要な業務アプリケーション(人事給与、勤怠システム等)へ顔認証ログオンすることで、セキュリティ強化と利便性が向上します。
    • NeoFace Monitorの機能をAPIで提供いたします。APIの取り込みには業務アプリケーション側での開発作業が必要です。詳細は、お買い上げの販売店またはお近くの弊社営業拠点にご相談ください。
    • 業務アプリケーション側での開発作業を行うためには、別途「ソリューション開発プログラム」にご加入いただく必要がございます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 「働き方見える化サービス」連携
    「働き方見える化サービス」と連携することで顔認証を利用した在席状況を常時確認。
    「働き方見える化サービス」に在席状況を記録し、勤務一覧に表示ができます。
  • 「InfoCage PCセキュリティ」連携
    NEC の統合型PCセキュリティソフトウェア「InfoCage PCセキュリティ」と顔認証を組み合わせることで、より強固なセキュリティと利便性が向上します。

NeoFace Monitor スタートアップ版との違い

本製品は、PCに標準添付(Webからダウンロード)のスタートアップ版に比べ、より高機能となっております。主な特長は以下の通りです。

大規模なサーバ運用まで対応可能

Active Directoryと連携させることで、運用設定から認証ログの一括管理まで、エンタープライズレベルの統合運用を行えます。

認証ログ保存が可能

複数の担当者が1つのPC端末やアカウントを共有する場合においても、顔認証により各人を正確に認証し、誰がいつPCを利用したかの利用履歴を適正に管理できます。認証NG時は顔画像ログも記録するため、不正抑止の心理効果も期待できます。

常時監視が可能

ログオン中の利用者を常時、顔認証で確認し、離席時は自動的に画面をロックすることで、未登録ユーザによる不正利用を防止します。

主な機能差

  NeoFace Monitor V3 NeoFace Monitor
スタートアップ版
OSログオン(ローカル)
OSログオン(サーバ) ×
二要素認証 ×
登録人数制限 なし あり(5名まで)
常時監視 ×
一括登録 ×
認証ログ保存 ×
管理者権限委譲 ×
API連携 ×
働き方見える化サービス連携 ×
InfoCage PC セキュリティ連携 ×

ページの先頭に戻る