ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 医療・ヘルスケアソリューション
  4. HE染色画像解析ソフトウェア
ここから本文です。

病理画像解析システム e-Pathologist シリーズ

HE染色画像解析ソフトウェア

概要

バーチャルスライドスキャナによりデジタル化された病理スライド画像の組織や細胞核の形態学的な特徴を認識します。低倍率画像での構造解析と高倍率画像での細胞の特徴解析の結果を総合的に分析し、がんと疑われる領域を抽出します。

HE染色画像解析ソフトウェアの処理フロー

① 高度な画像認識技術を用いて、スライド全域のデジタル画像から解析すべき領域を自動的に
  抽出します。
② Infomaxアルゴリズムなどを用いて、低倍率(対物レンズ10倍相当)デジタル画像の組織構造
  解析を行い、がん候補部位を自動的に抽出します。
③ 高倍率(対物レンズ40倍相当)デジタル画像から、SVMをより複雑な問題に対応できるように
  NECが独自に拡張したSVM+というアルゴリズムを用いて細胞核の特徴量評価を行います。
④ 解析結果をスライド全域のデジタル画像に表示します。

 ※ Infomax:NECが独自に開発した機械学習アルゴリズム
 ※ SVM:最も性能が良い機械学習アルゴリズムのひとつ

解析結果例

① 胃生検組織のHE染色画像解析結果例
  赤枠 : がんと疑われる領域が抽出された組織
  青枠 : がんと疑われる領域が抽出されなかった組織

② 大腸生検組織のHE染色画像解析結果例
  赤枠 : がんと疑われる領域が抽出された組織
  黄枠 : アデノーマと疑われる領域が抽出された組織

③ 高倍率画像で細胞核を抽出、核の大きさや形状を解析した例(胃生検組織)

④ 自動抽出した「がんと疑われる領域」の例(大腸生検)

ソフトウェアの特長・機能

・ 独自の画像処理技術で病理画像を定量化
・ 機械学習技術により、がんと疑われる領域を高精度に推定
・ 画像入力から解析・結果出力までを完全自動化

その他のソフトウェア

・ 免疫染色画像計測ソフトウェア

Top of this page