ヒトの動きを見える化

例えば施設周辺の監視カメラで人の動きをリアルタイム解析することで、イベント会場やスタジアムなどの混雑解消に役立てることができます。将来的にはカメラを設置していない場所もシミュレーションによりヒトの動きを予測し、その結果から最も混雑が起きにくいパターンを割り出し、デジタルサイネージなどで誘導を図るといったことが実現できるはずです。