Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

連結ボリューム (シンプルボリューム・スパンボリューム)

構成

連結ボリュームは、以下の2つ構成に分けることができます。

1つのディスクから構成されているボリューム シンプルボリューム
2つ以上のディスクから構成されているボリューム スパンボリューム

特長

  • n個のディスクを連結した1つの大きな仮想ディスク上に構築されます。
  • 1番始めのディスクがデータで満たされたのち、2番目以降のディスクにデータが書き込まれます。
  • フォルトトレラントではありません。1つのディスクに障害が発生すると、ボリューム全体に影響があります。
  • データ領域が隣接している必要はありません。
  • データの損失を防ぐために、ボリュームをミラーリングできます。
  • I/Oパフォーマンスはそれほど向上しません。