ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. サポート情報
  5. 4KBセクタHDD対応
ここから本文です。

4KBセクタHDD対応状況

各バックアップソフトウェア製品の、4KBセクタHDD(1つのブロック容量が、4096バイトのHDD製品)対応状況一覧です。○ は対応済みを、× は未対応を指しています。
Windows環境、Linux環境どちらかを選択してください。
Windows環境
Linux環境

Arcserve Backup

対応状況 対応バージョン r16.5、r17
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • RAWバックアップおよびImageOption機能を使用する場合、バックアップ元とリストア先のパーティションは同セクタ長である必要があります
  • セクタサイズが4KBとして定義されているコンピュータの惨事復旧は、r17からサポートしています。(惨事復旧(Disaster Recovery)によらないシステムフルバックアップ・フルリストアは、r16.5、r17ともにサポートしています)

Arcserve Replication/High Availability

対応状況 対応バージョン r16.5

Arcserve D2D

対応状況 対応バージョン r16.5
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • リストア先がバックアップ元と異なるタイプのHDDへは、BMRができません
  • 復旧ポイントマウント/Exchange詳細リストアカタログ即時生成の際、キャッシュファイルは4KB以外のディスクに置かなければなりません
  • 4KB HDDからHyper-V上への仮想スタンバイはできません。失敗となります

Arcserve Unified Data Protection

対応状況 対応バージョン v5
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • リストア先がバックアップ元と異なるタイプのHDDへは、BMRができません
  • 復旧ポイントマウント/Exchange詳細リストアカタログ即時生成の際、キャッシュファイルは4KB以外のディスクに置かなければなりません
  • 4KB HDDからHyper-V上への仮想スタンバイはできません。失敗となります

NetBackup

対応状況 対応バージョン 7.6.0.3
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • 4KBネイティブHDD環境では、BMR、FlashBackup、NetBackup for Hyper-V、アプリケーション/データベースのオンラインバックアップは未サポートです。VMware製品が未対応のため NetBackup for VMware も未サポートです。
  • RAWバックアップ機能([MS-Windows]ポリシーのRAWバックアップ)を使用する場合、バックアップ元とリストア先のパーティションは同セクタ長である必要があります。
未対応の場合の
対応時期/対応バージョン等
  • 正式対応となるHWコンパチリストへの記載は後日になります。(現状、明確な日程は出ておりませんが、導入は可能であり、サポートも受け付けております。)
  • 注意制限事項における未サポート分に関しては、NetBackup 7.8(2016年予定)で対応予定です。

Backup Exec

対応状況 対応バージョン 16
15
2014
2012 SP2(クライアントのみ)
2010 R3 SP3(クライアントのみ)
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • 4KB HDDのボリュームに対してスナップショットを作成すると、VSSが予期せずに停止し、異常終了することがあります

Veritas System Recovery

対応状況 対応バージョン 2013 R2
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • システムバックアップ/リストアを行う場合、バックアップ元とリストア先は同じ種類で同じ大きさのセクタサイズのディスクである必要があります
  • VMware ESXi への P2V 移行はサポートしておりません。
  • 4KBネイティブ HDD 環境では、以下の運用はサポートしません - VHDX ファイルへの仮想変換機能の使用
    - ドライブ単位で取得したバックアップデータ
      (リカバリポイント)からのファイル単位でのリストア

NetWorker

対応状況 対応バージョン 8.0.1以降
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • rawバックアップ/リストアを行う場合、バックアップ元とリストア先は同じタイプのHDDを使用する必要があります
  • 4KBセクタHDDでは、ブロックベースバックアップ機能は使用できません

NetVault Backup

対応状況 対応バージョン 10、11、11.1
問題発生時の現象や
注意制限事項など
4KBセクタを使用しているディスクについては、RAWバックアップ、BMRは未サポートです。

Storage Foundation

対応状況 × 対応バージョン
問題発生時の現象や
注意制限事項など
VxVMで対応していないディスクセクタサイズである旨が出力されます。
未対応の場合の
対応時期/対応バージョン等
対応予定はありません。

Symantec Enterprise Vault

対応状況 対応バージョン
問題発生時の現象や
注意制限事項など
4KBセクタのHDDの利用は可能ですが、4KBセクタHDDで使用するファイルシステムが、Enterprise Vaultのサポート対象であることが条件です。

Linux環境

Arcserve Backup
NetBackup
NetWorker
NetVault Backup
Storage Foundation

Arcserve Backup

対応状況 対応バージョン r16.5
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • RAWバックアップは未サポートです

NetBackup

対応状況 対応バージョン 7.6.0.3
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • 4KBネイティブHDD環境では、BMR、FlashBackup、NetBackup for Hyper-V、アプリケーション/データベースのオンラインバックアップは未サポートです。VMware製品が未対応のため NetBackup for VMware も未サポートです。
  • RAWバックアップ機能([Standard]ポリシーのRAWバックアップ)を使用する場合、バックアップ元とリストア先のパーティションは同セクタ長である必要があります。
未対応の場合の
対応時期/対応バージョン等
注意制限事項における未サポート分に関しては、NetBackup 7.8(2016年予定)で対応予定です。

NetWorker

対応状況 対応バージョン 8.0.1
問題発生時の現象や
注意制限事項など
rawバックアップ/リストアを行う場合、バックアップ元とリストア先は同じタイプのHDDを使用する必要があります。

NetVault Backup

対応状況 対応バージョン 10、11、11.1
問題発生時の現象や
注意制限事項など
4KBセクタを使用しているディスクについては、RAWバックアップ、BMRは未サポートです。

Storage Foundation

対応状況 × 対応バージョン
問題発生時の現象や
注意制限事項など
  • ラベル付け後に再読み込みを行うと、設定デーモンが特殊ディスクにアクセスできない旨のエラーが出力されます
  • OSの再起動を行うと、設定デーモンが起動に失敗します
未対応の場合の
対応時期/対応バージョン等
対応予定は未定です。

ページの先頭へ戻る