ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Veritas System Recovery
  5. Symantec System Recovery 2011 サポート情報(ご購入者向け)
ここから本文です。

Symantec System Recovery 2011 サポート情報(ご購入者向け)

Symantec System Recovery 2011 をご購入頂き、ありがとうございます。本製品をご利用になる際には熟読いただけますようお願いいたします。

運用に先立って

  • 暗号化ソフトウェアと併用する場合は、リストアして復号化できることを事前に検証してください。
  • 標準添付品のリカバリディスクは多くの装置に対応していますが、ストレージデバイスやネットワークデバイスによっては、ドライバが別途必要になる場合がございますので、クイックスタートガイドをご確認いただき、リカバリディスクの事前検証を必ず行ってください。
    また、以下に弊社にて検証済の装置やオプションボードの一覧を公開しております。検証が完了したものは適宜追加していきますが、一覧に記載がない場合は、お客様にて各デバイスベンダーのサイトから Windows Server 2008(32bit版) 用のドライバをダウンロードしていただくか、デバイスマネージャで表示されるアダプタ名称を添えて、PP・サポートサービスへお問い合わせください。

【補足】
iStorage NS100Tbについては、以下のNECサポートポータルに公開しております日本語版マルチリカバリディスクをご使用ください。
本サイトは、本製品のPP・サポートサービス(有償)に加入していただくことでアクセスすることができます。

カスタムリカバリディスク作成が必要となった場合の注意点

リカバリディスク検証の結果、カスタムリカバリディスクの作成が必要となった場合は、ご一読ください。

カスタムリカバリディスク作成時にロードするドライバによっては、ロードが成功した場合でも組み込まれていないことがあります。
以下の手順にて、ご確認ならびにご対応ください。

  1. ドライバを準備します。

  2. 標準添付品のリカバリディスク起動時に[ホーム]→[ドライバのロード]にてドライバをロードさせ、デバイスが認識できることを確認します。

  3. 2.で認識できた場合は、ユーザーズガイド第 3 章の「カスタム Symantec System Recovery Diskの作成」の手順にしたがって、カスタムリカバリディスクを作成します。

  4. 3.で作成したカスタムリカバリディスクで起動し、対象のデバイスが認識できることを確認します。

  5. 4.で認識できた場合は、作成したカスタムリカバリディスクをご使用ください。認識できなかった場合は、ドライバを別媒体に保管し、標準添付品のリカバリディスク起動時にドライバをロードしてください。

お問い合わせ

購入後のお問い合わせは、PP・サポートサービスをご利用ください。PP・サポートサービスの詳細につきましては、PP・サポートサービスをご覧ください。

FAQ

PP・サポートサービスのご契約者専用Webサイトにて随時公開しています。定期的にご確認ください。

障害・パッチ情報

障害・パッチ情報は、PP・サポートサービスのご契約者専用Webサイトにて公開しています。

クイックスタートガイド

インストール/設定方法/注意事項等を記載した "クイックスタートガイド" を公開しています。インストール前にお読みください。

      ※ Server Edition 用のクィックスタートガイドは Virtual Edition でもご利用いただけます

ページの先頭へ戻る