ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. Veritas System Recovery
  5. 特長/機能
ここから本文です。

特長/機能

Veritas System Recovery 16 新機能

  • サポートプラットフォームの強化
    • Windows Server 2016、VMware ESXi 6.5をサポート

Symantec System Recovery 2013 R2 新機能

  • サポートプラットフォームの強化
    • Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、VMware ESXi 5.5、Hyper-V 3.0 をサポート
    • Windows 8/8.1、Windows Server 2012/2012R2の4KネイティブHDDのバックアップ及びリストアに対応

主な特長

  • わかりやすいユーザインタフェース、手間なくシステム復旧
    バックアップ/リカバリはウィザードに従うだけ。分かりやすいユーザインタフェースで利用者の負担を軽減します。また、システムの復旧は、復元するリカバリデータの世代を選択するだけ。従来の復旧作業より工程が少ないため、ダウンタイムを大幅に短縮できます。
  • 暗号化でセキュリティ向上
    バックアップしたイメージを暗号化。バックアップイメージからの情報漏えいを防止し、セキュアなストレージ環境を保持します。
  • イベント連動型スケジュール
    日単位、週単位、月単位のスケジュールだけでなく、ログオフ時のバックアップも可能であり、業務終了後のデータ保護を支援します。
  • 短時間/省スペースでバックアップ
    リカバリポイントセットを使えば、ベースリカバリポイント以降は増分のみをバックアップ。短時間でバックアップが可能です。また、圧縮、古い世代の自動削除、複数の増分リカバリポイントの統合などの機能により、ディスク容量の節約が可能です。
  • 業務を継続
    お客様データのリカバリポイントをリモートサーバやリムーバブルメディアに格納していれば、PCが起動不可能になっても、Veritas System Recovery をインストールしている他のPCでお客様データの取り出しが可能なため、システムの復旧中でも、他のPCで業務を継続することができます。
  • コールドバックアップ
    リカバリディスク起動によるコールドバックアップ機能を使用することで、Veritas System Recovery をインストールすることなく、バックアップが可能です。また、OS が起動しなくなったシステムでも、お客様の大切なデータのバックアップが可能です。

ページの先頭へ戻る