ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. NetBackup
  5. 製品体系/価格
ここから本文です。

NetBackup - 製品体系/価格

価格表とライセンス詳細
Tierの選択
フロントエンドテラバイト

価格表とライセンス詳細

NetBackup は NetBackup Enterprise Server と NetBackup Server の2種類の製品群で構成されており、お客様のシステム規模に応じてご選択いただけます。

NetBackup Enterprise Server

NetBackup Enterprise Server はマスタサーバ/メディアサーバ/クライアントの3層構成に対応しており、複数のバックアップサーバを集中管理できる大規模システム向けソリューションです。バックアップサーバ(マスタサーバ、メディアサーバ)に使用するOSに応じて、Windows, Linux, Solaris, HP-UX の4製品に分かれております。バックアップサーバのOSに対応した型番でご購入ください。

NetBackup Server

NetBackup Server はバックアップサーバを1台だけに限定した小中規模システム向けバックアップソリューションです。NetBackup Server では、NetBackup Enterprise Server より安価にシステムを構築できます。

Tierの選択

NetBackupでは複数のTierに分かれているライセンスがあります。これらは、インストールするサーバ・ストレージに応じて選択する必要があります。各マシンがどのTierに属するか判定する方法は次の通りです。

Windows またはLinuxサーバ, iStorage NSシリーズ

インストール先のサーバマシンの搭載CPUの数によりTier1~4に分類されています。ここでのCPU数はコア数をカウントせず、物理CPUカウントします。

  • Tier 1 : 搭載CPUの数が1個のマシン用のライセンス
  • Tier 2 : 搭載CPUの数が2または3個のマシン用のライセンス
  • Tier 3 : 搭載CPUの数が4~7個のマシン用のライセンス
  • Tier 4 : 搭載CPUの数が8個以上のマシン用のライセンス
  • *Tierの考え方は、旧バージョンNetBackup 6.5から次ように変更されています。
  • 搭載可能な最大CPU数 → 現時点で搭載しているCPU数
  • 購入後のTier変更はできません。CPU増設が予想される場合は、予め高いTierのライセンスを選択するようにしてください
  • 後述のSolaris(SPARC), HP-UX(PA-RISC,IPF)サーバにおけるTierに対し、Tierを判定するためのCPU数が違う点に注意してください

Solaris(SPARC), HP-UX(PA-RISC,IPF) サーバ

インストール先のサーバマシンの搭載CPUの数によりTier1~4に分類されています。ここでのCPU数はコア数をカウントせず、物理CPUでカウントします。

  • Tier 1 : 搭載CPUの数が1または2個のマシン用のライセンス
  • Tier 2 : 搭載CPUの数が3または4個のマシン用のライセンス
  • Tier 3 : 搭載CPUの数が5~12個のマシン用のライセンス
  • Tier 4 : 搭載CPUの数が13個以上のマシン用のライセンス
  • *Tierの考え方は、旧バージョンNetBackup 6.5から次ように変更されています。
  • マシンの機種ごとに割り当てられたTier → 現時点で搭載しているCPU数
  • 購入後のTier変更はできません。CPU増設が予想される場合は、予め高いTierのライセンスを選択するようにしてください
  • 前述のWindows、Linux、iStorage NSシリーズにおけるTierに対し、Tierを判定するためのCPU数が違う点に注意してください

NDMPオプションを使用するNASのTier

iStorage NVシリーズ、EMC Celerraシリーズ等のNASをNDMPオプションでバックアップする場合、バックアップ対象のNASに応じたTierのライセンスをご購入ください。TierとNASの機種名との対応は次の通りです。

EMC Celerra NSシリーズは、搭載するデータムーバの数と Active数で Tierを判断します。
EMC Celerra NSシリーズは以下のようなルールで表記しています。

Celerra NSmmn
... mm=2 NS20シリーズ、mm=4 NS40シリーズ、mm=12 NS120シリーズ、など
... n=データムーバの数

Tier H/W詳細
Tier 1
  • FAS250、FAS2020(1 active controller)
Tier 2
  • iStorage NV3400、NV3400S、NV5200、NV5300S、NV5400S、NV7200S、NV3500、NV3500S、NV5500S
  • Celerra NS21、NS22(1 active blade)、NS41、NS41G、NS42(1 active blade)、NS42G(1 active blade)、NS121 or NS122(1 active blade)、NS351、NS352、NS482(1 active blade)、NS501、NS501G、NS601、NS601G
  • VNX5300(1 active blade)、VNX5500(1 active blade)
  • FAS270(1 active controller)、FAS920(1 or 2 active controllers)、FAS940(1 active controller)、FAS2020(2 active controllers)、FAS2040(1 active controller)、FAS2050(1 active controller)、FAS2240a-4(1 active controller)、FAS3020(1 active controller)、FAS3210(1 active controller)、FAS6210(1 active controller)
Tier 3
  • iStorage NV5300、NV5400、NV5500、NV7200、NV7200G、NV7200GS、NV7300S、NV7300GS、NV7400S、NV7400GS、NV7500S、NV8210
  • Celerra NS22(2 active blades)、NS42(2 active blades)、NS42G(2 active blades)、NS81、NS81G、NS82(1 active blade)、NS82G(1 active blade)、NS122(2 active blades)、NS482(2 active blades)、NS502、NS502G、NS504G、NS602、NS602G、NS604G、NS701、NS701G
  • VNX5300(2 active blades)、VNX5500(2 or 3 active blades)、VNX5700(1 or 2 active blades)
  • FAS270(2 active controllers)、FAS940(2 active controllers)、FAS960(1 active controller)、FAS2040(2 active controllers)、FAS2050(2 active controllers)、FAS2240a-4(2 active controllers)、FAS3020(2 active controllers)、FAS3040(1 active controller)、FAS3050(1 active controller)、FAS3140(1 active controller)、FAS3210(2 active controllers)、FAS3240(1 active controller)、FAS6210(1 active controller)
  • iStorage Mシリーズ NASオプション Nh4a(1 active node)
Tier 4
  • iStorage NV7300、NV7300G、NV7400、NV7400G、NV7500、NV7500G、NV8220
  • Celerra NS82(2 active blades)、NS82G(2 active blades)、NS84(2 active blades)、NS84G(2 active blades)、NS484(3 active)、NS702、NS702G、NS704、NS704G、NS-962、NS-964
  • VNX5700(3 or 4 active blades)、VNX7500(1 or 2 active blades)
  • FAS960(2 active controllers)、FAS980(1 or 2 active controllers)、FAS3040(2 active controllers)、FAS3050(2 active controllers)、FAS3070(1 active controller)、FAS3140(2 active controllers)、FAS3160(1 active controller)、FAS3170(1 active controller)、FAS3240(2 active controllers)、FAS3270(1 active controller)、FAS6030(1 active controller)、FAS6040(1 active controller)、FAS6070(1 active controller)、FAS6070(1 active controller)、FAS6080(1 active controller)、FAS6210(2 active controllers)、FAS6240(1 active controller)、FAS6280(1 active controller)
  • iStorage Mシリーズ NASオプション Nh4a(2 active nodes)、Nh8a(1 active node)

以下の16機種はTier4×2 のライセンスが必要です。
  • Celerra NS84(3 or 4 active blades)、NS84G(3 or 4 active blades)、NS484(4 active blades)、NS-966、NS-968、VNX7500(3 or 4 active blades)
  • FAS3070(2 active controllers)、FAS3160(2 active controllers)、FAS3170(2 active controllers)、FAS3270(2 active controllers)、FAS6030(2 active controllers)、 FAS6040(2 active controllers)、FAS6070(2 active controllers)、FAS6080(2 active controllers)、FAS6240(2 active controllers)、FAS6280(2 active controllers)
  • iStorage Mシリーズ NASオプション Nh8a(2 active nodes)

以下の1機種は Tier4×3 のライセンスが必要です。
  • VNX7500(5 - 8 active blades)

フロントエンドテラバイト

NetBackupの幾つかのライセンスは、フロントエンドテラバイトの容量を元に購入する必要があります。フロントエンドテラバイトの定義は次の通りです。

  • バックアップ対象のクライアントにあるデータで、かつ重複排除前、圧縮前のサイズ

重複排除なし・非圧縮のフルバックアップ1回分のサイズに相当します。FlashBackup、RAWバックアップを行う場合、バックアップするパーティションの領域が使用されているか・否かに関わらず、パーティション全体のサイズがフロントエンドテラバイトです。


ページの先頭へ戻る