ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. NetBackup
  5. 特長/機能
  6. 仮想マシンの保護
ここから本文です。

仮想マシンの保護

VMware ESX/ESXi Server環境でのバックアップ

VMware 仮想化環境のバックアップ方法は、主に以下の2パターンが考えられます。
なお下図はいずれも、必要なNetBackupライセンスを示しているものではありません。

仮想マシン上のファイルバックアップ

仮想マシン上の少量のファイルをバックアップする場合は、仮想マシン上にNetBackupクライアントを入れてバックアップすることができます。

仮想マシン上のファイルをバックアップします。データが少量であれば、転送も短期間で完了します。

仮想マシン上で見えるファイル単位のバックアップリストアが可能で、バックアップ時の仮想マシンの停止は不要です(バックアップ対象データの整合性については考慮が必要になります)。また、仮想マシン上に動作しているデータベースのオンラインバックアップ(※)も可能です。

  • 対応製品については別途お問合せ下さい。

VADP(vStorage APIs for Data Protection)連携バックアップ

NetBackupのVADP(vStorage APIs for Data Protection)連携バックアップ機能を使用すると、個々のVMware仮想マシンのシステムやデータを保護できます。
VADP連携バックアップでは、ユーザが複雑なスクリプトを作成することなく、NetBackupのGUIからVMware ESXi環境の仮想マシンの保護を簡単に行うことができ、複数のVMware ESXiを含むシステム全体の保護を、1台の管理コンソールから集中管理することが可能です。

VADP連携バックアップ機能を使用する場合のイメージ図です。仮想マシンのスナップショットから、ディスクイメージを直接転送します。

VADP連携バックアップでは、仮想マシンのスナップショット取得と連携動作し、静止点における仮想マシンをバックアップします。VADP連携バックアップでゲストOS上で稼働するアプリケーション「Exchange」「SharePoint」「SQLServer」をバックアップした場合、仮想マシン単位だけではなく、ファイル単位、データベース単位、アイテム単位(例:ExchangeのMailbox folders単位など。詳細はお問い合わせください)でも、リカバリが可能です。バックアップ時に仮想マシンに作成したスナップショットは、バックアップジョブ終了時に自動的に削除します。
他の必要なファイルは最新の状態のままとし、一部のファイルのみを復旧したい場合、非常に有効です。

VADP連携の重複排除バックアップ(アクセラレータ有効)

仮想マシンのVADP連携バックアップにおいて、仮想マシンの変更ブロックのみを永続的に繰り返しバックアップする、“永久増分”によるバックアップ運用が実現可能です(Accelerator for VMware:VADP連携の重複排除バックアップ(アクセラレータ有効))。
VADP連携バックアップにおいて、仮想マシン全体をバックアップする定期的なフルバックアップを不要とし、フルバックアップ時間を大幅に短縮します。また、変更ブロックのみの毎回のバックアップも、NetBackupは“フルバックアップ”として管理するため、バックアップサーバ側のマージ処理(フルと増分の合成処理)も不要です。

アクセラレータを有効にしたVADP連携の重複排除バックアップでは、永久増分のバックアップ運用を実現します。

この“永久増分”によるVADP連携バックアップ(変更ブロックのみバックアップ)では、仮想マシン上にSQL Server、Exchange、SharePoint Potal Serverが含まれている場合、復旧時にこれらアプリケーションのアイテム単位の復旧が可能です。(*1)

  • *1:このような方法でアプリケーションやデータベースのリカバリ処理を行う場合は、Database and Applicationライセンスが必要です。
  • Accelerator for VMware(VADP連携の重複排除バックアップ(アクセラレータ有効))では、アクセラレータと重複排除機能が Data Protection Optimization Option によって提供され、VADP連携バックアップ機能が Enterprise Client ライセンスによって提供されます。
  • 重複排除バックアップでは、保存先として SAN(FC/iSCSI)、ローカルディスク等のDASのみがサポートされます。
    NetBackup重複排除ストレージユニットのHW要件として、前述以外のCIFS/NFS共有やテープ等の保存先は未サポートのため、NetBackupの重複排除バックアップは使用できませんので、ご注意ください。

仮想マシンの復旧で最新の業務データを失わないために

企業システムでは、万一の業務データ損失による業務への影響を回避するため、業務データのバックアップ運用が非常に重要です。また、仮想マシンや業務データが適切に復旧できることも重要です。
業務データの一部が破損した、あるいは、誤って削除・更新した場合、仮想マシンを丸ごと復旧すると、直前に処理していた最新の業務データがバックアップ時点の状態に戻ってしまいます。これでは、新しくやり取りしたメールや業務処理で作成・更新されたデータが損失し業務への大きな影響が懸念されます。このような問題が生じないよう予め考慮してバックアップシステムを設計します。

NetBackupでは、VMware仮想マシンのVADP連携バックアップから、復旧したいメールやファイルなどの個別アイテムを復旧する機能を提供しています。

バックアップから個別データだけを復旧するまでの、データの流れを説明しています。

特定のファイルを誤って更新・削除!ファイルだけ復旧、最新の業務データは温存

仮想マシンのバックアップから個別ファイル/フォルダ単位の復旧が可能です。VMwareがサポートしているゲストOSで、かつ、NetBackup ClientがサポートしているWindows OSもしくはLinuxOS(ext2,ext3,ext4(v7.5以降))で個別ファイル/フォルダ単位の復旧が可能です。

  • VADP連携バックアップのフル/差分増分/累積増分のいずれの復旧ポイントからでもファイル単位のリストアが可能です。
メール/メールボックスやデータベースなど特定のアイテムの破損・誤削除!
アイテムだけ復旧、最新の業務データは温存

仮想マシン上で稼働するアプリケーションやデータベースが、SQL Server、Exchange、SharePointの場合は、仮想マシンのVADP連携バックアップから、以下のアイテム単位の復旧が可能です。
仮想マシンのアクセラレータVADP連携バックアップによって、SQL Server、MS-Exchange、SharePointが稼働する仮想マシンの増分ブロックだけを取得し、通常のVADP連携フルバックアップに比べ、高速なフルバックアップが可能です。

復旧ポイント 復旧ポイントにおけるSQL Server, Exchange,
Share Point のアイテム単位復旧の可否
通常のVADP連携バックアップ(フル) この復旧ポイントからアイテム単位の復旧が可能
通常のVADP連携バックアップ(差分増分/累積増分) この復旧ポイントからアイテム単位の復旧は不可
VADP連携の重複排除バックアップ(アクセラレータ有効)(フル) この復旧ポイントからアイテム単位の復旧が可能
VADP連携の重複排除バックアップ(アクセラレータ有効)(差分増分/累積増分) この復旧ポイントからアイテム単位の復旧は不可

注意事項

  • アプリケーション以外も、イメージ単位でバックアップしたものからファイル単位でリストアできます
  • 仮想化環境でも重複排除が可能です
    増分バックアップ時には、変更ブロックのみをバックアップします(Change Block Trackingを使用)。また、使用していないブロックを認識し、バックアップしないことで、バックアップ時間を短縮・ストレージを削減することが出来ます。
  • 物理環境と仮想環境は、まとめて管理することが出来ます

VMware仮想マシンの早急な利用再開

Hyper-V 環境でのバックアップ

Hyper-V上の仮想化環境のバックアップ方法は、主に以下の2パターンが考えられます。
なお下図はいずれも、必要なNetBackupライセンスを示しているものではありません。

仮想マシン上のファイルバックアップ

  • SQL Server : データベース
  • MS-Exchange : ストレージグループ、データベース、メールボックス、メールボックスフォルダ、メールボックスのオブジェクト、パブリックフォルダ、パブリックフォルダの項目(フォルダ、メッセージ、文書)
  • SharePoint : Web application、Site Collection、sub-site、list、library、Document、list item

仮想マシン上に NetBackup クライアントをインストールして、LAN経由で別立てのバックアップサーバへバックアップします。リストアも、仮想マシン上にあるNetBackup クライアントを経由します。

仮想マシンにクライアントをインストールし、LAN経由でバックアップ・リストアします。

仮想マシン上で見えるファイル単位のバックアップリストアが可能で、バックアップ時に仮想マシンを停止しません。また、仮想マシン上に動作しているデータベースのオンラインバックアップ(※)も可能です。

  • 対応製品については別途お問合せ下さい。

VSSを利用したオンラインバックアップ

ペアレントパーティション上の VSS を使って、仮想マシンのオンラインバックアップが可能です。
NetBackup が Hyper-V と連携し、仮想マシン単位のバックアップ・リストア、仮想マシン上のファイル単位のリストアを実現します。

VSSを使用し、仮想マシンのオンラインバックアップができます。

ペアレントパーティション上にインストールした NetBackup クライアントが、Hypervisor にバックアップしたい仮想マシンのスナップショットを要求します。要求を受けて、VSS Hyper-V ライターが仮想マシンを静止・スナップショットを作成します。作成された仮想マシンのスナップショットから、NetBackup クライアントがデータを読み込み、バックアップサーバに転送します。


ページの先頭へ戻る