ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. NetBackup
  5. 特長/機能
  6. 一元管理と拡張性
ここから本文です。

一元管理と拡張性

異種OS混在環境でのバックアップ統合

複数のプラットフォーム環境

Windows、HP-UX、Solaris、Linux など複数プラットフォーム環境において、バックアップの集中制御、一元管理を実現します。プラットフォーム毎に別のバックアップソフトウェア製品を用意して運用コストを肥大化させるのではなく、どのプラットフォームを導入し混在した構成となっても、統合化された一元管理方法によってバックアップ運用が可能であり、システム管理者のバックアップ運用の負担を軽減します。

異種OSが混在するシステムでも NetBackup サーバ/クライアントがそれぞれサポートするOSの組み合わせで、バックアップシステムを構成することができます。

マスターサーバ・メディアサーバ・クライアントの構成図

  • 上図は、NetBackupマスタサーバ/メディアサーバ/クライアントが、それぞれ別のマシンで構成した例ですが、NetBackupマスタサーバ/メディアサーバ/クライアントは同じマシンで構成できます。(マスタサーバはメディアサーバとクライアントの機能も持っています。メディアサーバはクライアントの機能も持っています。)

たとえば、以下のような構成例が考えられます。

マスタサーバ・クライアントの構成例

NetBackup製品は、日本語版/英語版のどちらもご使用いただくことが出来ます。(Linux版は英語版のみ)

NetBackup マスタサーバ/メディアサーバ/クライアントがサポートするOSは、下記よりご確認ください。
NetBackup 動作環境

全てのプラットフォームで共通したGUI

NetBackup管理コンソール(GUI)

使用するNetBackup管理コンソールは全てのOSで共通しており、どのOSでご利用いただいても同一の操作性を提供しています。

3層構成によるバックアップ・システムの拡張性

バックアップの集中管理を行うNetBackupマスタサーバ(最上位層)、ストレージ装置を接続しバックアップ処理を行うNetBackupメディアサーバ(中間層)、バックアップ対象マシン(最下位層)の3つのレイヤーで構成されるバックアップシステムを実現します。この構成では、企業システム(最下位層)規模の拡大に対しては、テープドライブ等のストレージ資源を拡張し、それらを制御するNetBackupメディアサーバ(中間層)を追加するだけで対応でき、バックアップの一元管理(最上位層)を維持します。

3層構成の説明図

3層構成は、NetBackup Enterprise Server版で提供されます。

  • NetBackup Enterprise Server版 … 1~3層構成まで可能
  • NetBackup Server … 1~2層構成まで可能
以下の機能を使用する場合は、Enterprise Client が必要になります。Enterprise Client を使用するためには、NetBackup Enterprise Server版である必要があります。
  • Snapshot Client(Advanced Client)を使用したスナップショット
  • FlashBackup機能
  • SAN経由のバックアップ
  • VMware/Hyper-V と連携した仮想マシンのバックアップ


ページの先頭へ戻る